さくらシンデレラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さくらシンデレラ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2014年10月1日 -
レーベル Fantastic Music(2014年~2018年)、ユニバーサルミュージック(2018年~)
事務所 SJ Entertainment
共同作業者 アン・ヒョンソク
公式サイト sakura-cinderella.com
メンバー メンバーを参照

さくらシンデレラSakura Cinderella)は、2014年(平成26年)10月1日にデビューした日本の女性アイドルグループ

秋葉原アイドルステージ、新宿アイドルステージの専用劇場を2つ持つ。

2016年は1,500回LIVE公演を実施。専用劇場外では六本木のニコファーレで定期公演・単独ライブを行う[1]。現役アイドルとしては、最多の14回開催。

2016年4月5日にリリースしたセカンドシングル「未来プロローグ」は、同年4月10日までの売り上げでオリコン週間CDシングルランキング9位[2]タワーレコード全店の総合シングル週間チャートでは3位、また4月の月間売上ランキングでは5位を記録した[3][4]

2016年8月30日リリースのサードシングル「夏恋クレシェンド」は、同年8月29日 - 9月4日までの全国推定売上32,024枚で、Billboardの週間セールスランキングで3位を記録している[5]

1stシングル「さくらシンデレラ」から6thシングル「ほしがりガール」までの平均売上枚数は2万枚以上。

2018年12月26日、ユニバーサルミュージックより「White Magic Love」でメジャーデビュー。

メンバー[編集]

さくらシンデレラ 正規メンバー[編集]

名前 よみ 誕生日 出身地 血液型 身長 愛称 担当カラー サイリウム 備考
桜瀬もえ おうせ もえ 1999年3月26日 神奈川県 B 154cm もえきゅん
夏生のん なつき のん 7月22日 愛知県 B 154cm のんたん ピンク 薄ピンク×∞
美和花樺 みわ はるか 6月20日 京都府 A 155cm はるりぃ 白×水色×(白)
小鳥遊七星 たかなし ななせ 1995年8月26日 愛知県 A 165cm ななせ
星野雫 ほしの しずく 3月24日 静岡県 A 150cm おしず 青×青
双葉みきな ふたば みきな 1998年11月18日 神奈川県 AB 148cm みっきー 黄×白
渡辺栞 わたなべ しおり 1995年3月4日 埼玉県 B 153cm しおちゃん ピンク ピンク×緑
高島萌子 たかしま もえこ 2001年1月28日 大阪府 A 157.5cm もえこ、もえこーちょー
藤咲はな ふじさき はな 3月21日 長崎県 B 152cm はな、おはな 白×青
大嶋ひかり おおしま ひかり 1月24日 高知県 AB 150cm ぴかりん、ぴかみん 緑×白
紫乃崎星那 しのさき せな 1997年6月10日 神奈川県 O 161.1cm せな 紫×黄
南ララ みなみ らら 2003年11月21日 東京都 B 150cm らら ピンク ピンク×赤

さくらシンデレラ研究生[編集]

名前 よみ 誕生日 出身地 血液型 身長 愛称 担当カラー サイリウム 備考
英まいあ はなぶさ まいあ 2002年3月6日 まいあ
加藤伶奈 かとう れいな 1月25日 れいな 水色 水色×紫
雪咲みうな ゆきざき みうな 1997年9月17日 みうな 青色 青色×黄色

姉妹グループ[編集]

2018年4月に、姉妹グループ4U、150、24o'clockを結成。

  • 150(イチゴゼロ)は「奇跡体験!アンビリーバボー(フジテレビ)」のエンディング主題歌に「Dream a star」が選ばれた。
  • 24o'clockはAbemaTV×カラオケの鉄人×週刊少年サンデーによる合同オーディション「極アツ★アイドル2018」において優勝を飾る。2018年12月26日に「Crazy Game」でユニバーサルミュージックよりデビュー。
  • 2018年11月25日、4つめの姉妹グループONE+ONE+ONEデビュー。

略歴[編集]

2014年[編集]

  • 3月、1期生8人で結成される[6]。結成当初の仮称は「チームA」[7]
  • 4月17日、本拠地、「名古屋アイドルステージ」がオープン。グループ名には名古屋のメインストリート「桜通り」にちなんで「さくら」という名前が取り入れられている[8]
  • 6月4日、「名古屋アイドルステージ」にて初ステージ[9]
  • 6月21日、正式グループ名を「さくらシンデレラ」と発表[10]
  • 9月27日、名古屋駅の待ち合わせ場所として知られるナナちゃん人形前の特設ステージにて、初の「ナナちゃん人形前オフィシャル野外LIVE」を開催。
  • 10月1日、正式デビュー。公式Twitter開設。
  • 12月7日、さくらシンデレラの略称が、公式に「さデラ」に決定[11]

2015年[編集]

  • 2月14日、名古屋モード学園にて、「チョコレートパフェ」新衣装お披露目ライブを開催。衣装デザインは名古屋モード学園内の第1回さくらシンデレラ衣装コンペにより、約500作品の中から選ばれた、名古屋モード学園の学生・天野桃子[8]さんの衣装に決定。衣装作成は、名古屋モード学園の学生が行う。
  • 5月13日、YouTubeチャンネル「さくらシンデレラCh.」の開設。
  • 5月27日、1stシングル「さくらシンデレラ」リリース。
  • 7月16日、名古屋モード学園にて、「夏恋クレシェンド」新衣装お披露目ライブを開催。衣装デザインは名古屋モード学園内の第2回さくらシンデレラ衣装コンペにより、約500作品の中から選ばれた、名古屋モード学園の学生・岡部真奈[8]さんの衣装に決定。衣装作成は、名古屋モード学園の学生が行う。
  • 9月26日、Electric Lady Landにて、1周年記念ライブ「Cinderella Story 1 未来へのプロローグ 〜1st Anniversary〜」を開催。結成から1年足らずで、1012人を動員した[12][13]
  • 12月30日、2ndワンマンライブを開催。2016年8月16日にZepp NAGOYAにてワンマンライブを開催することを発表する。

2016年[編集]

  • 2月3日、通算1500回公演達成。
  • 4月1日、名古屋城にて、アイドルとしては異例のライブを開催。
  • 4月5日、2ndシングル「未来プロローグ」リリース。オリコンデイリー2位、週間9位。
  • 4月30日、東京新宿東口のドン・キホーテ5階に拠点となる「新宿アイドルステージ」をオープン。[14][15][16][17]
  • 5月28日、東京・六本木・全面LEDのホールニコファーレにて第1回ワンマンライブを開催。ニコファーレでの定期ライブがスタートする。
  • 8月5日、TOKYO IDOL FESTIVAL2016に出演。初出場で、Dream Stageのトリを飾る。
  • 8月16日、Zepp NAGOYAにて3rdワンマンライブを開催。1523人を動員。2017年3月25日にZepp NAGOYAにてワンマンライブの開催を発表[18]
  • 8月30日、3rdシングル「夏恋クレシェンド」リリース。ビルボード週間ランキング3位。
  • 11月19日、3つめの劇場を東京・秋葉原に『秋葉原アイドルステージ』としてオープン。新宿にある『東京アイドルステージ』を『新宿アイドルステージ』に改名。

2017年[編集]

  • 1月10日、4thシングル「ぐるぐるワンワン」リリース。ビルボード週間ランキング7位
  • 2月14日、結成836日目に、東京・中野サンプラザにてバレンタイン♡ワンマンライブを開催。
  • 3月25日、東京・中野サンプラザのライブからわずか約40日で、Zepp NAGOYAにてワンマンライブ開催。
  • 5月30日、5thシングル「さくらの木の下で」リリース。ビルボード週間ランキング9位。
  • 8月26日、8月27日に横浜アリーナで開催された@JAM EXPO 2017に初出演[19]
  • 10月10日、冠番組「さくらふぁみりあ」(TOKYO MX)放送開始。
  • 10月20日、Music B.B.(TOKYO MXなど)にてレギュラーコーナーを持つ。
  • 12月24日、ニコファーレにてワンマンライブ。

2018年[編集]

  • 3月13日、6thシングル「ほしがりガール/再会は突然に」リリース。ビルボード週間ランキング7位。
  • 3月25日、4U、150、24o'clockの3つの姉妹グループの同時結成を発表。
  • 5月27日、ニコファーレにてワンマンライブ。12回目のニコファーレでのワンマンライブとなり、現役アイドルとしては最多開催となる。
  • 8月12日、ニコファーレにてワンマンライブ。
  • 9月30日、ニコファーレにてワンマンライブ。
  • 10月1日、1stアルバム「Ring」リリース。
  • 12月26日、ユニバーサルミュージックジャパンから「White Magic Love」でメジャーデビュー。ビルボード週間ランキング10位。同日姉妹グループ24o'clockも「Crazy Game」でメジャーデビュー。

2019年[編集]

  • 1月4日・5日、韓国のソウル「HONGDAE, ROLLING HALL」にて初の海外公演。最終日は立ち見がでるほどの集客をし、成功を収める。
  • 3月27日、メジャー2ndシングル「さくらヒラヒラ」をリリース予定。

作品[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル カップリング 販売形態 レーベル 商品コード Billbord週間順位 オリコン週間順位[20] 備考
1st 2015年5月27日 さくらシンデレラ 戦国桜絵巻 CD Fantastic Music FMSC-0001 - -
2nd 2016年4月5日 未来プロローグ デラスキ! CD Fantastic Music FMSC-0002~0004 8位 9位
3rd 2016年8月30日 夏恋クレシェンド Marvelous Rain CD フォースミュージック FMSC-0005~0013 3位 19位(通常盤)
35位(会場限定盤)
4th 2017年1月10日 ぐるぐるワンワン きらめきダイアリー CD Fantastic Music FMSC-0014~0020 7位 - 作詞作曲:mitsuyuki miyakemihimaru GT
5th 2017年5月30日 さくらの木の下で 千年桜
名前のない花
CD Fantastic Music FMSC-0021~30 9位 - 2017年7月、TBS『オー!!マイ神様!!』エンディングテーマ、ジャケット写真は、世界的写真家ハセオ氏による撮影。
6th 2018年3月13日 ほしがりガール/再会は突然に - CD/配信 Fantastic Music FMSC-0031~40 7位 - 「ほしがりガール」:2018年2月、フジテレビ『全力!脱力タイムズ』のエンディングテーマ、ジャケット写真は、世界的写真家ハセオ氏による撮影。
メジャー
1st 7th 2018年12月26日 White Magic Love チョコレートパフェ CD/配信 ユニバーサルミュージック UICZ-5107 10位 - 2019年1月、テレビ朝日系列「musicるTV」エンディングテーマ
2nd 8th 2019年3月27日 さくらヒラヒラ さくらシルエット CD/配信 ユニバーサルミュージック - - - -

アルバム[編集]

発売日 タイトル 収録曲 販売形態 レーベル 商品コード Billbord週間順位 オリコン週間順位[20] 備考
1st 2018年10月1日 Ring 01. さくらシンデレラ

02. 未来プロローグ

03. 夏恋クレシェンド

04. ほしがりガール

05. 再会は突然に

06. PROTOSTAR

07. ねこカブリーナ

08. 最後の恋人

09. さくらの木の下で

10. Ring ~Holy land~

CD Fantastic Music FMSC-0044

未CD曲[編集]

  • ハロウィンモンスター
  • 大好きよ 〜ハマコイ〜
  • キス距離
  • 粉雪ノスタルジア
  • 片耳ラブソング
  • 僕らのユートピア
  • 君がいる場所
  • すれ違い。片思い。

タイアップ[編集]

  • さくらの木の下で(2017年7月、TBS『オー!!マイ神様!!』エンディングテーマ)[21]
  • ほしがりガール(2018年2月、フジテレビ『全力!脱力タイムズ』のエンディングテーマ)
  • White Magic Love(2019年1月、テレビ朝日系列「musicるTV」エンディングテーマ)

出演[編集]

テレビ[編集]

ウェブテレビ[編集]

ラジオ[編集]

雑誌[編集]

  • MARQUEE(2017年10月10日発売号(VOL.123) - )
  • MARQUEE(2017年12月10日発売号(VOL.124) - )
  • MARQUEE(2018年2月10日発売号(VOL.125) - )
  • MARQUEE(2018年4月10日発売号(VOL.126) - )
  • MARQUEE(2018年6月10日発売号(VOL.127) - )
  • MARQUEE(2018年8月10日発売号(VOL.128) - )
  • MARQUEE(2018年10月10日発売号(VOL.129) - )
  • MARQUEE(2018年12月10日発売号(VOL.130) - )

CM[編集]

  • ルーセント (2017年6月28日 - )- 軟式テニスブランドの 公式キャラクターとして1年間活動
  • 福建ホーム(2017年11月 - )

脚注[編集]

  1. ^ さくらシンデレラ、明日への階段に弾み! 名古屋から東京、そして全国へ向けてデビュー”. GirlsNews. 株式会社レゾリューション (2016年7月12日). 2016年7月17日閲覧。
  2. ^ オリコン週間 CDシングルランキング 2016年04月04日〜2016年04月10日”. ORICON STYLE. 株式会社オリコン. 2016年7月17日閲覧。
  3. ^ タワーレコードインフォメーション 2016年4月11日のツイート
  4. ^ さくらシンデレラ、オリコン週間9位!新宿に大型アイドル劇場「新宿アイドルステージ」オープンも”. メイドカフェ通信. 株式会社ミニシアター通信 (2016年4月13日). 2016年7月17日閲覧。
  5. ^ AKB48、1,376,818枚売り上げシングル・チャート1位”. Billboard JAPAN NEWS. 株式会社阪神コンテンツリンク. 2016年9月5日閲覧。
  6. ^ STARTらいん♪”. さくらシンデレラ 橘こはるオフィシャルブログ「毎日小春日和」Powered by Ameba (2014年9月28日). 2016年7月17日閲覧。
  7. ^ ( 001 ) さくらシンデレラ♡+°”. さくらシンデレラ 白雪ひなのオフィシャルブログ (2014年10月2日). 2016年7月17日閲覧。
  8. ^ a b c 学生がデザイン!名古屋発アイドルユニット「さくらシンデレラ」コスチュームを発表!”. 専門学校 名古屋モード学園 (2015年4月13日). 2016年8月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月17日閲覧。
  9. ^ すてーじ”. さくらシンデレラ 橘こはるオフィシャルブログ「毎日小春日和」Powered by Ameba (2014年6月6日). 2016年7月17日閲覧。
  10. ^ さくらー♡”. さくらシンデレラ 橘こはるオフィシャルブログ「毎日小春日和」Powered by Ameba (2014年6月24日). 2016年7月17日閲覧。
  11. ^ 嬉しいこと”. さくらシンデレラ 橘こはるオフィシャルブログ「毎日小春日和」Powered by Ameba (2014年12月7日). 2016年7月17日閲覧。
  12. ^ さくらシンデレラ結成1年で1000人動員単独公演”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2015年9月28日). 2016年7月17日閲覧。
  13. ^ 急成長を遂げる名古屋のアイドル、さくらシンデレラ”. BARKS音楽ニュース. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2015年9月29日). 2016年7月7日閲覧。
  14. ^ “名古屋発!直球165キロ級の“王道アイドル” 有名アーティストを手がけたスタッフらが送り出す 『さくらシンデレラ』1stシングルを2014年4月リリース” (プレスリリース), AAPEJAPANプロダクション, (2015年2月5日), https://www.atpress.ne.jp/news/51001 2016年7月17日閲覧。 
  15. ^ 東京・新宿の歌舞伎町に、新しいアイドルの「聖地」が誕生”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2016年5月11日). 2016年7月17日閲覧。
  16. ^ 横山慧 (2016年5月11日). “さくらシンデレラ新劇場 歌舞伎町にアイドルの聖地”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1645230.html 2016年7月17日閲覧。 
  17. ^ メイドカフェでは収まり切らない! 名古屋の「さくらシンデレラ」が初ワンマンで1000人動員!”. メイドカフェ通信. 株式会社ミニシアター通信 (2015年9月29日). 2016年7月17日閲覧。
  18. ^ さくらシンデレラ、Zepp名古屋ワンマンで1523人を魅了!中野サンプラザ公演も決定”. Tokyo Girls Scheduler (2016年8月17日). 2016年8月17日閲覧。
  19. ^ 正統派美少女アイドルグループ・さくらシンデレラが横浜アリーナで開催中の国内最大級のアイドルイベント@JAM EXPO 2017に出演!!”. WWSチャンネル. WWS JAPAN合同会社. 2017年8月26日閲覧。
  20. ^ a b さくらシンデレラの売上ランキング”. ORICON STYLE. 株式会社オリコン. 2016年8月16日閲覧。
  21. ^ さくらシンデレラがナナちゃんLIVEで2つの重大発表!5thシングル『さくらの木の下で』が 7月からTBS『オー!!マイ神様!!』エンディングテーマに決定!さらに6thシングルを2018年1月2日に発売決定!”. WWSチャンネル. WWS JAPAN合同会社 (2017年6月24日). 2017年6月24日閲覧。
  22. ^ 元おニャン子クラブ・国生さゆりが正統派美少女アイドルグループ「さくらシンデレラ」と共演!フジテレビ系列ドラマ『リテイク〜時をかける想い〜』第3話が12/17に放送!”. WWSチャンネル. WWS JAPAN 合同会社 (2016年12月9日). 2016年12月17日閲覧。
  23. ^ さくらシンデレラが登場!「極アツ★アイドル」始動『火曜The NIGHT』8・14生放送”. TV LIFE. 学研 (2018年8月14日). 2018年10月16日閲覧。
  24. ^ 矢口真里の火曜The NIGHT#125〜極アツ24o’clockと公開収録SP”. AbemaTV. サイバーエージェント. 2018年10月16日閲覧。

外部リンク[編集]

その他

さくらシンデレラブログ(正規メンバー)