プライド (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プライド
ジャンル テレビドラマ
企画 大多亮(プロデュース兼任)
脚本 野島伸司
演出 中江功
澤田鎌作
平井秀樹
出演者 木村拓哉
竹内結子
坂口憲二
市川染五郎
佐藤隆太
中越典子
MEGUMI
谷原章介
石田ゆり子
佐藤浩市
オープニング クイーンボーン・トゥ・ラヴ・ユー
製作
プロデューサー 杉尾敦弘
牧野正
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2004年1月12日 - 3月22日
放送時間 月曜日21:00 - 21:54
放送枠 フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ
放送分 54分
回数 11
フジテレビ番組基本情報

特記事項:
初回は15分拡大(21:00 - 22:09)。
最終回は30分拡大(21:00 - 22:24)。

プライド』は、2004年1月12日より3月22日まで毎週月曜日21:00 - 21:54[1]に、フジテレビ系列の「月9」枠で放送されていた日本のテレビドラマ。主演は木村拓哉。ハイビジョン制作。

概要[編集]

「氷上の格闘技」といわれるアイスホッケーに情熱を燃やす青年の奮闘をメインに、それに絡むOLとの恋愛模様、また選手との人間関係をリアルに描いた「スポ根(スポーツ根性モノ)ラブストーリー」という形を採用した。

主演は木村拓哉、ヒロインには竹内結子。木村拓哉演じる里中ハルのコーチに佐藤浩市、同じホッケーチームのメンバーに坂口憲二市川染五郎佐藤隆太。また女性陣は竹内結子演じる村瀬亜樹の同僚に中越典子MEGUMI

登場人物[編集]

主要人物[編集]

里中 ハル(さとなか はる)
演 - 木村拓哉
実業団のアイスホッケーチーム・ブルースコーピオンズのキャプテン。ユニフォームに記載された名前は"HALU"。自身の生い立ちや、安西の「ホッケーをやっている間は女に本気になるな」との教えもあり、恋愛をゲームに見立てて真剣に人を愛そうとしない[2]。亜樹に対しても最初はそうであったが、彼女が自分の求める「古き良き時代の女」ではと感じ、変わっていく。口癖は「maybe」。
夏川が帰国した事で亜樹とは別れる。自分との関係を知った夏川から亜樹がDVを受けた事を知り、夏川を殴って逮捕される。その後、釈放されチームに復帰。
村瀬 亜樹(むらせ あき)
演 - 竹内結子
ブルースコーピオンズを擁する会社ブルーテクノインターナショナルのOL。仕事で渡米したまま2年間、何の音沙汰もない彼を待っている。
そんな彼女を見かねた百合と知佳から自社のホッケーチームの観戦に誘われ、その打ち上げでハルと知り合い、惹かれていく。「彼氏が戻ってくるまでの間」だけゲームのように交際しようというハルの提案に応じる。
その後、夏川が帰国した事でハルとは別れるが、留守中にハルと交際していた事を知られ、DVを受ける。

ブルースコーピオンズの関係者[編集]

堀田 大和(ほった やまと)
演 - 坂口憲二
スコーピオンズのゴーリー(ゴールキーパー)。ハルの高校の後輩。見た目とはうらはらに、恋愛には超奥手。成り行き上、百合にお金持ちと思い込まれ、言い出せないまま百合と付き合う。たまたま亜樹と同じアパートに住んでおり、ハルの事をいろいろと伝える。バイク便のアルバイト中に事故で子供を死なせてしまった過去がある。
池上 友則(いけがみ とものり)
演 - 市川染五郎
チームの副キャプテンで金持ちのボンボン。同期のハルとは親友。知佳に貧乏人と嘘をついて付き合っている。
島村 真琴(しまむら まこと)
演 - 佐藤隆太
スコーピオンズの選手。ハル・大和・友則のことをとても慕っている。
園田 冴子(そのだ さえこ)
演 - 滝沢沙織
スコーピオンズのマネージャー。新コーチの兵頭に想いを寄せる。
安西 健吾(あんざい けんご)
演 - 時任三郎(特別出演、第1話)
チームの元コーチで、ハルにとっては憧れの存在でもあった。病気で入院中であり、第1話で死去する。
安西 容子(あんざい ようこ)
演 - 石田ゆり子
健吾の妻。わたるという息子がいる。健吾を慕っていたハルから援助されたり、良き話し相手となったりもするが、「ずっと安西のことを思っていて欲しい」というハルの思いは、やや重く感じている。
兵頭 雄一郎(ひょうどう ゆういちろう)
演 - 佐藤浩市
健吾の元チームメイトで、スコーピオンズの新コーチ。海外での指導経験もあり優秀だが、いきなりハルに反発される。帰国した真の理由は、安西からハルの事を託されたからであり、自分が見られなかった、肉体の極限を超えたほんの一握りのプレーヤーだけが見れるという「氷の女神」をハルなら見れるのではないか、と関心を持ったからでもある。ハルをNHLに行かせたいと思っている。かつて容子と付き合っていた。

亜樹の同僚[編集]

相澤 百合(あいざわ ゆり)
演 - 中越典子
親が苦労した経験から恋愛ではお金を重視する。大和のことをお金持ちと思い込み付き合う。
石川 知佳(いしかわ ちか)
演 - MEGUMI
知り合ったその晩に持ち帰られてしまう軽い性格。友則と付き合う。

その他[編集]

夏川 啓介(なつかわ けいすけ)
演 - 谷原章介
亜樹が2年間待っていた交際相手。設計の仕事でニューヨークに赴いたが、その後なんの連絡もよこさなかった。有名な建築デザインの賞を取って帰国し、亜樹の前に現れる。ハルとの関係を知り、暴力をふるう。
山本 玲志(やまもと れいじ)
演 - 山下徹大
昨年度優勝の強豪チーム「グリーンモンスター」のキャプテンでMVP。チームオーナーでもある大企業経営者の御曹司。百合とのことで大和と揉め、エスカレーターに転落させてしまう。

ゲスト[編集]

  • 平田 真理子(ひらた まりこ)
演 - 水川あさみ(第4話)
大学生。合コンサークルのメンバー。妊娠したと噓をつき、友則から金をせしめようとする。
  • 江川 健(えがわ けん)
演 - 風間杜夫(第5話)
  • 江川 京子(えがわ きょうこ)
演 - 山口美也子(第5話)
大和が事故で死なせてしまった子供の両親。
  • 今泉 千恵子(いまいずみ ちえこ)
演 - 松坂慶子(特別出演、第6話)
ハルの母親。ハルが幼稚園児の頃に若い男と蒸発した。20数年ぶりにハルの前に現れるが、それは有名になったハルに金を無心するためだった。
  • 加賀美 浩(かがみ ひろし)
演 - 新井浩文(第10話、最終話)[3]
留置所でハルと出会う青年。最初は反発していたが、話をするうちにハルに魅入られ、生まれてくる子供に「ハル」と名付ける。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

劇中ではクイーンの曲が多数使用され、事実上のドラマ挿入歌集『ジュエルズ』が発売されるに至った。クイーンの数々の曲がリバイバル・ヒットし、日本におけるクイーン人気が再燃した。

また、『ジュエルズ』も、発売直後から予想以上のヒットとなり、ZARDなどを抑えてオリコン3週連続1位を獲得し、ミリオン・ヒット、さらにゴールドディスク大賞も受賞。本作のヒットから、同名のPV集も発売され、続編『ジュエルズII』も制作された。なお、この時期ホンダ・モビリオのCMにも、「キラー・クイーン」が使用された。このように『ジュエルズ』は、クイーンの現役時代より、日本中でブームを巻き起こした。

なお、アイスホッケーを題材とした作品でクイーンの楽曲を使用したのは、映画「飛べないアヒル (The Mighty Ducks1992年)が先んじており、クライマックスのシーンなどで「伝説のチャンピオン」、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」等が効果的に流れている。

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率(関東) 視聴率(関西)
第1話 2004年1月12日 愛と青春の絆 中江功 28.0% 28.2%
第2話 2004年1月19日 孤独に負けない強さ 25.1% 26.8%
第3話 2004年1月26日 美しきリーダーの形 澤田鎌作 24.6% 25.1%
第4話 2004年2月02日 男の友情と女の意地 平井秀樹 23.6% 26.0%
第5話 2004年2月09日 心の傷 澤田鎌作 23.4% 23.3%
第6話 2004年2月16日 母へ 中江功 22.8% 26.1%
第7話 2004年2月23日 波乱 平井秀樹 22.6% 25.8%
第8話 2004年3月01日 悲劇 澤田鎌作 26.0% 27.6%
第9話 2004年3月08日 号泣 中江功 24.1% 25.3%
第10話 2004年3月15日 希望 澤田鎌作 24.9% 24.5%
最終話 2004年3月22日 愛という名の誇り 中江功 28.8% 27.2%
平均視聴率 25.2%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

エピソード[編集]

  • ロケの行われた長野県では、このドラマ放送をアイスホッケー普及のチャンスとして普及活動に力が入れられた。
  • 主演の木村は真剣にハル役に入り込み、本格的な演技を追求するあまり背筋が痛くなったという。
  • アイスホッケーの撮影は、日光市の霧降アイスアリーナや新横浜プリンスホテルスケートリンク(現新横浜スケートリンク)や東伏見アイスアリーナで行われた。霧降の撮影でのエキストラを地元のアイスホッケーチーム「日光アイスバックス」の会員になることを条件に集めたところ、会員数が激増した。
  • 主演の木村は撮影中に、エキストラの女性にパックを直撃させるという人身事故を起こし、被害女性は「口唇裂傷・歯冠破折」と診断された。当初木村がファンサービスのために観客席にシュートを打ち込んだという報道<週刊ゲンダイ>がされたが、当時アイスホッケー初心者レベルであった木村が、リンクのフェンスを越えてパックを打ち込むという高等技術ができたとは到底考えがたく、実際には手で投げ入れたのではないかという話がアイスホッケー経験者の間で通説となった(フェンスを超えて観客席までパックを打ち込むのは中級者でも至難の業)。この事故について木村の所属事務所であるジャニーズ事務所とフジテレビは、それぞれ書面で報告謝罪文をマスコミ各社に送った。木村本人も「怪我をされた方、およびそのご家族の方々に多大なるご迷惑をおかけしたことをお詫び致します。1日も早い回復をお祈り申し上げます」とつづったお詫びの文書をマスコミ各社に送付した。また、木村は事故当日に怪我を負わせた女性に謝罪の手紙を書いたほか、電話でも直接会話した。
  • アイスマンというのはこのドラマからの造語であり、普通アイスホッケー選手をアイスマンとは呼ばない。ただし、このドラマ以降、自らをアイスマンと呼ぶ、特に初心者のホッケー選手が増えた。
  • 坂口にゴールキーパースキルをコーチングしたのは後に日本人初のNHL選手となった福藤豊選手(当時コクド)である。他にもキャストへのホッケーコーチングはコクド(後のSEIBUプリンスラビッツ→廃部)の選手が主体になって行われた。
  • 番組放送中に開催されたSEIBUプリンスラビッツ王子製紙アイスホッケー部日本製紙クレインズ日光アイスバックス4チームからなる2日間のミニリーグはその後2008年まで毎年開催された。2008シーズンでSEIBUプリンスラビッツが廃部となりその後は開催されていない。
  • ロケに使われていた橋は横浜市港北区の横浜労災病院前にある人道橋である。
  • 劇中に登場したブルースコーピオンズのチームバスは浦和中央交通(さいたま市・2009年に経営破綻)が保有していた貸切車で、ロケにあたりラッピングを施して使用された。

脚注[編集]

  1. ^ 初回は15分拡大(21:00 - 22:09)。最終回は30分拡大(21:00 - 22:24)。
  2. ^ プライドの高さや、もてるが故の軽さと思われがちだが、大和の分析によると「人を愛するのが怖い」ということらしい。
  3. ^ 2019年の再放送については、自身の不祥事により、出演シーンをカットして放送された。

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 月曜9時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
ビギナー
(2003.10.6 - 2003.12.15)
プライド
(2004.1.12 - 2004.3.22)
愛し君へ
(2004.4.19 - 2004.6.28)