たのしく たのしく やさしくね

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たのしく たのしく やさしくね
華原朋美シングル
初出アルバム『storytelling
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ORUMOK RECORDS
プロデュース TETSUYA KOMURO
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1997年度年間78位(オリコン)
華原朋美 シングル 年表
LOVE IS ALL MUSIC
(1997年)
たのしく たのしく やさしくね
(1997年)
I WANNA GO
1998年
テンプレートを表示

たのしく たのしく やさしくね」は、日本の女性歌手、華原朋美の8枚目のシングル。小室哲哉プロデュースによる楽曲である。

解説[編集]

  • カネボウ化粧品「Bronzelove(ブロンズラヴ)」の大好評に続き、起用され出演した「REVUE」ブランドのエステクチュール・ジェルファンデーションのTV-CFソングキャッチフレーズは「ちいさい顔、キマル。」。
  • CMでは、2曲目の[Kanebo CM Version]が使われた。
  • オリコン初登場1位を獲得した。「save your dream」「Hate tell a lie」「LOVE IS ALL MUSIC」に続き、4作連続で1位を獲得した(いずれもCMソング)。
  • シングルでは初となった、小室と華原の共同作詞による楽曲であり、当時華原が周りのスタッフや世間を見て感じていた想いなどを手紙風にしたものに小室が手を加えた歌詞となっている。アルバムでは、1枚目の『LOVE BRACE』の収録曲「MOONLIGHT」や、2枚目の『storytelling』の収録曲「afraid of tonight」で共作している。
  • 2013年に発売した『DREAM -Self Cover Best-』でセルフカバーした際には、ピアノバラードで蘇り、アルバムのラストを飾っている。
  • この時期はのちに本人より、「何もかもが悲しかった。だから、自分に『たのしく、たのしく』と言い聞かせながら歌っていた」と雑誌・Penのインタビューにて語られている。[1]

主な記録[編集]

  • 1997年度年間オリコンシングルチャート78位。
  • COUNT DOWN TV』1997年間総合ランキング75位。
  • HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP'97』年間パーフェクトランキング54位。

収録曲[編集]

  1. たのしく たのしく やさしくね [Original Mix]
  2. たのしく たのしく やさしくね [Kanebo CM Version]
  3. たのしく たのしく やさしくね [Summer Night Mix]
  4. たのしく たのしく やさしくね [Karaoke Mix]
Composed & Arranged by Tetsuya Komuro, Written by Tetsuya Komuro & Tomomi Kahala
Mixed by Keith "KC" Cohen, Remixed by George Black (#3)
Performed by Tomomi Kahala

収録アルバム・PV集[編集]

オリジナルアルバム
たのしく たのしく やさしくね [album version]
たのしく たのしく やさしくね [TK remix]
ベストアルバム
たのしく たのしく やさしくね [Original Mix]
たのしく たのしく やさしくね [Original Mix]
たのしく たのしく やさしくね [Original Mix]
たのしく たのしく やさしくね [Original Mix]
PV
  • 「very best of MUSIC CLIPS」EXTRA TRACK(DVD
その他
  • HOW TO MAKE TOMOMI KAHALA 華原朋美はいかにして華原朋美となり得たか
    ローソン予約限定で発売されたヒストリー・ビデオ

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Pen (ペン) 2013年 2/1号