今田耕司のシブヤ系うらりんご

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
今田耕司のシブヤ系うらりんご
ジャンル バラエティ番組
出演者 今田耕司
東野幸治
極楽とんぼ加藤浩次山本圭壱
鈴木蘭々
山崎邦正(現:月亭方正
山本太郎
遠峯ありさ(現:華原朋美
矢部美穂
ナインティナイン矢部浩之岡村隆史
山羊智詞
フォークダンスDE成子坂桶田敬太郎村田渚
ほか
エンディング 参照
製作
制作 フジテレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1995年3月27日 - 1995年9月29日
放送時間 平日 17:00 - 17:25
放送分 25分

特記事項:
渋谷公園通り劇場から生放送

今田耕司のシブヤ系うらりんご』(いまだこうじのシブヤけいうらりんご)は、1995年3月27日から同年9月29日までフジテレビで放送されたバラエティ番組

放送時間は毎週月曜日 - 金曜日 17:00 - 17:25 (JST) 、東京都渋谷区渋谷公園通り劇場から毎日生放送OHK(岡山放送)でもネットしていた。

概要[編集]

「常にNo.2」を自負している今田耕司初の冠番組としてスタートした。

フジテレビで平日夕方の帯枠で生放送のバラエティ番組が放送されたのは『パラダイスGoGo!!』以来5年ぶりとなった。

ほとんど関東ローカルに近く、ネットしていた系列局は仙台放送(1 - 2週遅れで16:30から放送)、山陰中央テレビ[1]テレビ新広島岡山放送(金曜除く)だけという風に、一部の地方の系列局のみで非常に少なかった。

また、時期的にオウム真理教事件があり、番組が緊急報道番組で休止されることも多かった。

番組全体の演出は、『めちゃ2イケてるッ!』の総監督の片岡飛鳥がディレクターとして務めた。

タイアップのエンディング曲(月代わり)からは、「ロビンソン」「ズルい女」がミリオンセラーオリコン調べ)を達成した。

本番組終了後、フジテレビの平日夕方の生放送帯バラエティ番組は『DAIBAッテキ!!』(1998年10月 - 1999年3月)まで3年間途絶えることとなる。

エピソード[編集]

  • 金曜日は、ゲームで負け残ったうらりんギャルが抽選で選ばれた会場の男性客に抱きつかれるコーナーがあった。実際には抱きつかれるだけではなく、胸を触られたりスカートをめくられるなど公開痴漢行為のようなものであった。過激さにおいては桜井亜弓川崎愛が抱きつかれたときが群を抜いており、桜井はスカートを背中まで捲り上げられ下着(アンダースコート)が丸見えになり、川崎は恐怖のあまり号泣してしまった。抱きつかれたうらりんギャルは他にも矢代祐子三宅えみ高澤幸子(ジャンボ高澤)、清水成美がいる。沢入しのぶはゲームの負け残りが決まっただけで(抱きつかれるのを嫌がって)泣き出してしまった。その後、罰ゲームの内容が「会場から選ばれた男性客が目隠しでうらりんギャルに抱きつく」(成功者なし)、「会場から選ばれた男性客が藤原組にジャイアントスイングされる」と、うらりんギャルに被害が及ぶものではなくなり、最終的に金曜日のゲームコーナーそのものが廃止になった。
  • 罰ゲーム企画は過激なものが多く、「食い逃げ(店のほうには了承を取っている)」、「強制的に生引越し」があり、ついには「子供におしっこをかけられる」には多くの抗議が寄せられた(当時の週刊フジテレビ批評にも批判的投書が寄せられた)。

出演者[編集]

司会[編集]

レギュラー[編集]

前期(1995年4月 - 6月)[編集]

後期(1995年7月 - 9月)[編集]

  • 月曜日 - 金曜日:東野幸治
  • 火曜日:極楽とんぼ(加藤浩次・山本圭壱)、フォークダンスDE成子坂(桶田敬太郎・村田渚)、山崎邦正
  • 水曜日:鈴木蘭々

うらりんギャル[編集]

初代メンバー

中途加入メンバー

  • 荒真弓
  • 桜井祐華
  • 田中千鶴
  • ヘンシェル・ナオミ(後に父親が『笑っていいとも!』金曜日に、ナインティナイン進行のクイズコーナー回答者として出演)

コーナー[編集]

ギャグオークション
マジ女王様
マジ女王様リスト
  • 第1回:矢代祐子
  • 第2回:三宅えみ
  • 第3回:川崎愛
  • 第4回:高澤幸子

タイアップ曲(エンディングテーマ)[編集]

スタッフ[編集]

  • 構成:渡辺・プロ(金)
  • 美術制作:重松照英、須藤康弘
  • デザイン:桐山三千代
  • 美術進行:古賀飛、長島立史
  • 大道具:佐藤三羽一
  • 装飾:岡田寿也
  • メイク:山田かつら
  • スタイリスト:insi-DO
  • 視覚効果:山ノ内健
  • 電飾:林将大
  • アクリル装飾:早川崇
  • 電子タイトル:黒沢誠、早川清仁
  • タイトル:原野真理子
  • CG:岩下みどり
  • TD:西田貞雄
  • SW:猿谷智、障子川雅則
  • カメラ:坂本淳一
  • 音声:左口満寿、木俣洋一
  • VE:鈴木貴裕
  • 照明:宗方貴尊、沢田篤宏
  • 音響効果:井澤利幸、笠松広司
  • 編集:中根敏晶
  • タイムキーパー:杉山清美、山中京子、増山郁子
  • 技術協力:八峯テレビFLT
  • 制作協力:吉本興業
  • アシスタントプロデューサー:富田好美、岡本昭彦
  • ディレクター:伊戸川俊伸、北沢建一(金)
  • プロデューサー:鈴木恵悟、谷良一
  • 制作:フジテレビ第二制作部
  • 制作著作:フジテレビ

備考[編集]

  • 本番組が開始された週に、入れ替わるかのようにテレビ東京の『銀BURA天国[5]が終了している。
  • 7月からは、リニューアルとして今田、東野の司会になった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 放送当時「九州スポーツ」のテレビ欄に掲載。
  2. ^ のちに山本圭一に改名(その後山本圭壱に戻す)。2006年に不祥事で芸能活動をやめていたが、後に芸能活動を再開、2016年正式に復帰した。
  3. ^ 自由党所属。
  4. ^ 2006年11月1日没。
  5. ^ 1994年4月~9月期銀座7丁目劇場から生放送されていた。当時、本番組レギュラーのナインティナインがMCを務めており、同様に本番組レギュラーの矢部美穂、うらりんギャルの桜井亜弓もアシスタントの「ブラブラッ娘」としてレギュラー出演していた。

関連項目[編集]

フジテレビ 平日17:00 - 17:25枠
前番組 番組名 次番組
妹よ(再)
(16:30 - 17:25)
今田耕司の
シブヤ系うらりんご
同・級・生(再)
(16:30 - 17:25)