盛山毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

盛山 毅(もりやま たけし、1941年1月1日 - [1])は、昭和期のフジテレビアナウンサー。フジテレビ広報部長[2]共同テレビジョン専務[3]などを務めた。

来歴・人物[編集]

東京都立西高等学校を経て1964年慶應義塾大学を卒業しフジテレビに入社[1]

1960年代後半から1980年代前半にかけてフジテレビの競馬実況の顔として、数々の実況を行った。その後1987年に広報部長、美術局長などを経て1997年に共同テレビに移籍し専務取締役を経て現職[1]

1972年まで東京優駿(日本ダービー)の実況を毎年行ってきた鳥居滋夫アナの後を受け、1973年から1986年まで同レースの実況を務める。そしてその間、フジテレビ競馬中継のメイン実況者として関西テレビ杉本清アナと共にフジテレビ系列の競馬中継の「顔」として君臨[1]。また競馬中継だけでなく、『プロ野球ニュース』の進行役やプロ野球中継の実況でもおなじみだった。

ヤクルトスワローズ初優勝の実況[編集]

1978年10月4日神宮球場での対中日戦におけるヤクルトセ・リーグ初優勝の実況を担当したのも盛山である[4]

また、1982年10月18日には中日[5]1984年10月4日には広島の優勝決定試合を担当した(いずれも横浜スタジアムでの大洋[6])他、王貞治の通算500号本塁打1972年6月6日[7])、通算563号本塁打(1973年8月8日[8][9]も実況している。

競馬GI実況歴[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d 週刊Gallop 臨時増刊『日本ダービー80年史』「井崎脩五郎×鈴木淑子×盛山毅×堺正幸×福原直英座談会」より
  2. ^ 「フジテレビのTV番組「ザ・ガマン」を英紙がヤリ玉」 1987年4月10日 毎日新聞東京朝刊
  3. ^ 共同テレビジョン - 会社案内
  4. ^ 1978年10月4日付 産経新聞テレビ欄など各紙テレビ欄。
  5. ^ 1982年10月18日付 産経新聞テレビ欄など各紙テレビ欄。
  6. ^ 1984年10月4日付 産経新聞テレビ欄など各紙テレビ欄。
  7. ^ 1972年6月6日付 産経新聞テレビ欄など各紙テレビ欄。
  8. ^ 1973年8月8日付 産経新聞テレビ欄など各紙テレビ欄。
  9. ^ この本塁打で王は当時通算本塁打数1位だった野村克也と並んだ。