共同通信杯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
共同通信杯(トキノミノル記念)
Tokino minoru.jpg
トキノミノル(1948-1951)
開催国 日本の旗 日本
主催者 日本中央競馬会
競馬場 東京競馬場
創設 1967年2月5日
2017年の情報
距離 芝1800m
格付け GIII
賞金 1着賞金3800万円
出走条件 サラ系3歳(国際)(特指)
負担重量 別定(#競走条件を参照)
出典 [1][2]
テンプレートを表示

共同通信杯(きょうどうつうしんはい)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬重賞競走GIII)である。1969年より「(トキノミノル記念)」の副称がつけられており[3]、競馬番組表での名称は「共同通信杯(トキノミノル記念)」と表記される[2]

寄贈賞を提供する共同通信社は、東京都港区に本社を置く通信社[4]

副称の「トキノミノル」は、1951年の皐月賞東京優駿(日本ダービー)優勝馬。東京優駿(日本ダービー)の優勝から17日後に破傷風で死亡し、「幻の馬」と呼ばれた。生涯戦績は10戦全勝[3][4]。1984年には顕彰馬に選出された[3]。東京競馬場には同馬の功績を称え、銅像が建立されている[3]

正賞は共同通信社賞[1][2]

概要[編集]

1967年に創設された4歳(現3歳)馬限定の重賞「東京4歳ステークス(とうきょうよんさいステークス)」が、本競走の前身[3]。競走名は1983年より「共同通信杯4歳ステークス(きょうどうつうしんはいよんさいステークス)」に改称された[3]後、2001年より現名称となった[3]。春のクラシックレースへ向けた重要な前哨戦として位置づけられている[3]

創設時の施行距離は芝1400mだったが、1968年より芝1600mに、1971年には芝1800mに延長された[3]。以降も施行場や施行時期は幾度か変更されたが、東京競馬場の芝1800mで定着している[3]

外国産馬は1993年から、地方競馬所属馬は1996年からそれぞれ出走可能になり[5]、2009年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。

競走条件[編集]

以下の内容は、2017年現在[1][2]のもの。

出走資格:サラ系3歳

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(認定馬のみ、2頭まで)
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:別定

  • 馬齢重量(牡馬・せん馬56kg、牝馬54kg)
    • 日本馬:収得賞金1800万円以上の馬は1kg増
    • 外国馬:重賞競走1着馬は1kg増

賞金[編集]

2017年度の1着賞金は3800万円で、以下2着1500万円、3着950万円、4着570万円、5着380万円[1][2]

歴史[編集]

  • 1967年 - 4歳馬限定の重賞競走として「東京4歳ステークス」の名称で創設、東京競馬場の芝1400mで施行[3]
  • 1969年 - この年以降、「(トキノミノル記念)」の副称をつけて施行[3]
  • 1972年 - ストライキ及び流行性の馬インフルエンザの影響で5月に福島競馬場の芝1800mで順延開催。
  • 1983年 - 名称を「共同通信杯4歳ステークス」に変更[3]
  • 1984年 - グレード制施行によりGIII[注 1]に格付け。
  • 1993年 - 混合競走に指定され、外国産馬が出走可能となる[5]
  • 1996年 - 特別指定交流競走に指定され、地方競馬所属馬が2頭まで出走可能となる[5]
  • 1998年 - 積雪の影響でダート1600mに変更したためグレード格付けが取り消され、格付けなしの重賞として施行[5]
  • 2001年
    • 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、競走条件を「3歳」に変更。
    • 名称を「共同通信杯」に変更[3]
  • 2007年 - 日本のパートI国昇格に伴い、格付表記をJpnIIIに変更[6]
  • 2009年
    • 国際競走に変更され、外国調教馬が8頭まで出走可能になる[7]
    • 格付表記をGIII(国際格付)に変更[7]

歴代優勝馬[編集]

コース種別を表記していない距離は、芝コースを表す。

優勝馬の馬齢は、2000年以前も現行表記に揃えている。

競走名は第16回まで「東京4歳ステークス」、第17回から第34回までは「共同通信杯4歳ステークス」[3]

回数 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1967年2月5日 東京 1400m ホウゲツオー 牡3 1:25.5 加賀武見 山岡寿恵次 嶋津芳三
第2回 1968年2月18日 中山 ダート1700m タケシバオー 牡3 1:44.3 中野渡清一 三井末太郎 小畑正雄
第3回 1969年2月9日 東京 1600m ミノル 牡3 1:38.1 保田隆芳 尾形藤吉 永田卓也
第4回 1970年2月1日 東京 ダート1600m タマアラシ 牡3 1:38.5 吉永正人 松山吉三郎 永田玉枝
第5回 1971年2月7日 東京 1800m ヤシマライデン 牡3 1:50.5 伊藤正徳 尾形藤吉 小林庄平
第6回 1972年5月7日 福島 1800m スズボクサー 牡3 1:50.9 徳吉一己 森末之助 小紫芳夫
第7回 1973年2月11日 東京 1800m スピードリッチ 牡3 1:49.6 岡部幸雄 松永光雄 伊藤豊
第8回 1974年2月10日 東京 1800m カーネルシンボリ 牡3 1:50.9 野平祐二 野平省三 和田共弘
第9回 1975年2月9日 東京 1800m カブラヤオー 牡3 1:52.0 菅野澄男 茂木為二郎 加藤よし子
第10回 1976年2月15日 東京 1800m テンポイント 牡3 1:49.6 鹿戸明 小川佐助 高田久成
第11回 1977年2月13日 東京 1800m ヒシスピード 牡3 1:50.1 小島太 高木嘉夫 阿部雅信
第12回 1978年2月12日 東京 1800m サクラショウリ 牡3 1:50.4 小島太 久保田彦之 (株)さくらコマース
第13回 1979年2月11日 中山 1800m リキアイオー 牡3 1:50.9 星野信幸 伊藤竹男 高山幸雄
第14回 1980年2月10日 東京 1800m リンドタイヨー 牡3 1:49.2 横山富雄 見上恒芳 (株)デルマークラブ
第15回 1981年2月8日 東京 1800m トドロキヒホウ 牡3 1:49.2 郷原洋行 元石孝昭 町田圭三
第16回 1982年2月14日 東京 1800m サルノキング 牡3 1:49.3 田原成貴 中村好夫 猿丸進晤
第17回 1983年2月13日 東京 1800m ミスターシービー 牡3 1:49.5 吉永正人 松山康久 千明牧場
第18回 1984年2月12日 東京 1800m ビゼンニシキ 牡3 1:51.6 岡部幸雄 成宮明光 藤田正蔵
第19回 1985年2月10日 東京 1800m サクラユタカオー 牡3 1:52.7 小島太 境勝太郎 (株)さくらコマース
第20回 1986年2月9日 東京 1800m ダイナガリバー 牡3 1:48.7 増沢末夫 松山吉三郎 (有)社台レースホース
第21回 1987年2月15日 東京 1800m マイネルダビテ 牡3 1:49.9 田原成貴 栗田博憲 岡田牧雄
第22回 1988年2月14日 東京 1800m ミュゲロワイヤル 牡3 1:47.9 蛯沢誠治 加藤修甫 (有)社台レースホース
第23回 1989年2月12日 東京 1800m マイネルブレーブ 牡3 1:50.5 柴田政人 中村広 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
第24回 1990年2月11日 東京 1800m アイネスフウジン 牡3 1:49.5 中野栄治 加藤修甫 小林正明
第25回 1991年2月10日 東京 1800m イイデセゾン 牡3 1:48.1 田島良保 大久保正陽 (株)アールエスエーカントリ
第26回 1992年2月16日 東京 1800m エアジョーダン 牡3 1:49.1 柴田政人 尾形充弘 吉原貞敏
第27回 1993年2月14日 東京 1800m マイネルリマーク 牡3 1:48.7 大塚栄三郎 高橋裕 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
第28回 1994年2月14日 東京 1800m ナリタブライアン 牡3 1:47.5 南井克巳 大久保正陽 山路秀則
第29回 1995年2月13日 東京 1800m ナリタキングオー 牡3 1:48.8 南井克巳 中尾謙太郎 山路秀則
第30回 1996年2月11日 東京 1800m サクラスピードオー 牡3 1:48.2 小島太 境勝太郎 (株)さくらコマース
第31回 1997年2月9日 東京 1800m メジロブライト 牡3 1:47.5 松永幹夫 浅見国一 (有)メジロ牧場
第32回 1998年2月15日 東京 ダート1600m エルコンドルパサー 牡3 1:36.9 的場均 二ノ宮敬宇 渡邊隆
第33回 1999年2月14日 東京 1800m ヤマニンアクロ 牡3 1:50.2 勝浦正樹 萩原清 土井肇
第34回 2000年2月6日 東京 1800m イーグルカフェ 牡3 1:49.7 岡部幸雄 小島太 西川清
第35回 2001年2月4日 東京 1800m ジャングルポケット 牡3 1:47.9 角田晃一 渡辺栄 齊藤四方司
第36回 2002年2月3日 東京 1800m チアズシュタルク 牡3 1:50.4 藤田伸二 山内研二 北村キヨ子
第37回 2003年2月9日 中山 1800m ラントゥザフリーズ 牡3 1:48.3 内田博幸 山内研二 深見富朗
第38回 2004年2月8日 東京 1800m マイネルデュプレ 牡3 1:47.4 北村宏司 畠山吉宏 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
第39回 2005年2月6日 東京 1800m ストーミーカフェ 牡3 1:47.8 四位洋文 小島太 西川恭子
第40回 2006年2月5日 東京 1800m アドマイヤムーン 牡3 1:48.4 武豊 松田博資 近藤利一
第41回 2007年2月4日 東京 1800m フサイチホウオー 牡3 1:47.7 安藤勝己 松田国英 関口房朗
第42回 2008年2月11日 東京 1800m ショウナンアルバ 牡3 1:47.6 蛯名正義 二ノ宮敬宇 国本哲秀
第43回 2009年2月8日 東京 1800m ブレイクランアウト 牡3 1:47.3 武豊 戸田博文 (有)キャロットファーム
第44回 2010年2月7日 東京 1800m ハンソデバンド 牡3 1:48.2 蛯名正義 尾形充弘 渡邊隆
第45回 2011年2月13日 東京 1800m ナカヤマナイト 牡3 1:48.5 柴田善臣 二ノ宮敬宇 和泉信一
第46回 2012年2月12日 東京 1800m ゴールドシップ 牡3 1:48.3 内田博幸 須貝尚介 小林英一
第47回 2013年2月10日 東京 1800m メイケイペガスター 牡3 1:46.0 横山典弘 木原一良 名古屋競馬(株)
第48回 2014年2月24日 東京 1800m イスラボニータ 牡3 1:48.1 蛯名正義 栗田博憲 (有)社台レースホース
第49回 2015年2月15日 東京 1800m リアルスティール 牡3 1:47.1 福永祐一 矢作芳人 (有)サンデーレーシング
第50回 2016年2月14日 東京 1800m ディーマジェスティ 牡3 1:47.4 蛯名正義 二ノ宮敬宇 嶋田賢
第51回 2017年2月12日 東京 1800m スワーヴリチャード 牡3 1:47.5 四位洋文 庄野靖志 (株)NICKS

参考文献[編集]

  • 「共同通信杯(GIII)(トキノミノル記念)」『中央競馬全重賞競走成績集【2歳・3歳編】』 日本中央競馬会、2006年、307-355頁。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当時の格付表記は、JRAの独自グレード。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 重賞競走一覧(レース別・関東) (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 4 (2017年). 2017年2月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e 平成29年第1回東京競馬番組 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2017年2月13日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o レースについて:共同通信杯 今週の注目レース”. 日本中央競馬会. 2017年2月13日閲覧。
  4. ^ a b 2017年度第1回東京競馬特別レース名解説 (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 4. 2017年2月13日閲覧。
  5. ^ a b c d 中央競馬全重賞競走成績集
  6. ^ 2007年の成績表参照。
  7. ^ a b 2009年の成績表参照。

各回競走結果の出典[編集]

外部リンク[編集]