地方競馬招待競走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

地方競馬招待競走(ちほうけいばしょうたいきょうそう)および中央競馬招待競走(ちゅうおうけいばしょうたいきょうそう)とは中央競馬地方競馬で毎年交互に行っていた競馬競走平地競走)である。

概要[編集]

中央競馬と地方競馬の交流の項目も参照。

1972年以前は中央競馬と地方競馬間の交流は一切無かったが[1]騎手交流競走すら無かった)、1973年、中央競馬が地方競馬招待競走(サラブレッド系・オープン特別)を創設、この競走には全国の地方競馬から招待を受けた馬が出走した。

1974年、今度は地方競馬の大井競馬場が中央競馬招待競走を創設。こちらは重賞扱いとし、中央競馬ならびに全国の地方競馬の所属馬を招待した。以降は1年毎に中央競馬と地方競馬で相互に施行されることになった。

しかし1981年に中央競馬でジャパンカップが創設され1983年から地方競馬所属馬にも出走を認めたことから存在意義が薄くなり、1985年をもって両競走は廃止された。翌1986年に中央競馬のオールカマーを地方競馬招待競走とし、地方競馬の帝王賞を中央競馬招待競走とすることで引き継がれることとなった。

歴史[編集]

  • 1973年 東京競馬場において地方競馬招待競走を実施。オープン特別競走、優勝賞金1500万円。
  • 1974年 大井競馬場において中央競馬招待競走を実施。重賞競走、優勝賞金1800万円。
  • 1975年 この年から両競走で優勝賞金2000万円となる。
  • 1985年 廃止。

地方競馬招待競走歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 施行場 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回 1973年10月21日 東京 ユウシオ 牡4 JRA 1:51.1 郷原洋行 菊池一雄
第2回 1975年11月30日 中京(J) ロングホーク 牡4 JRA 1:48.0 武邦彦 松田由太郎
第3回 1977年6月19日 中山 ヤマブキオー 牡8 JRA 1:50.1 徳吉一己 森末之助
第4回 1979年10月7日 中京(J) リュウアラナス 牡5 愛知 1:52.2 町野義隆 大橋憲
第5回 1981年6月14日 福島 ハワイアンイメージ 牡5 JRA 1:50.2 増沢末夫 鈴木勝太郎
第6回 1983年6月19日 中京(J) メイショウキング 牡5 JRA 1:48.6 飯田明広 高橋直
第7回 1985年6月16日 福島 テツノカチドキ 牡6 大井 1:48.0 佐々木竹見 大山末治
  • オープン特別だが回次が付く[2]
  • 競馬場の(J)はJRA(日本中央競馬会)開催。
  • 距離:1800メートル
  • 出走条件:1973〜1975年・1979年サラブレッド系旧3歳以上。1977年・1981〜1985年サラブレッド系旧4歳以上
  • 馬齢は旧表記を用いる。

中央競馬招待競走歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 施行場 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回 1974年6月6日 大井 ゴールドイーグル 牡5 愛知 1:50.9 山田義男 野島三喜雄
第2回 1976年11月16日 大井 フアインポート 牡4 川崎 1:50.0 竹島春三 井上宥蔵
第3回 1978年6月29日 大井 ブレーブボーイ 牡5 愛知 1:51.7 山田義男 大薮憲三
第4回 1980年6月11日 大井 カツアール 牡5 大井 1:49.9 高橋三郎 秋谷元次
第5回 1982年6月22日 大井 アズマキング 牡6 大井 1:50.0 高橋三郎 岡部猛
第6回 1984年6月19日 大井 ダーリンググラス 牡7 浦和 1:52.7 桑島孝春 中沢文男
  • 距離:ダート1800メートル
  • 出走条件:第1回・第3〜6回 サラブレッド系旧4歳以上、第2回 サラブレッド系旧3歳以上
  • 馬齢は旧表記を用いる。

脚注[編集]

  1. ^ 例外としては川崎競馬場で行われた第1回全日本三才優駿において中央競馬競走馬を招待して行われたが、1回限りだった。
  2. ^ 『優駿』1985年8月号、日本中央競馬会、174-175頁

関連項目[編集]