鳥居滋夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鳥居 滋夫(とりい しげお、1933年 - 2007年2月23日)は、元文化放送フジテレビアナウンサー

来歴・人物[編集]

静岡県出身、早稲田大学卒。1956年文化放送に入社、1959年から開局したばかりのフジテレビへ出向。1962年、フジテレビに転籍する。

プロ野球ニュース』(第1期、1961年 - 1965年)の司会を務めたほか、競馬など、各種スポーツの実況も担当していた。

2007年2月23日、肺がんのため死去。

競馬実況[編集]

1960年代半ばから1970年代前半まで『競馬中継』(現在は『みんなのKEIBA』)のメイン実況を務めた。最初に旧八大競走の実況を行なったのは、1963年皐月賞(優勝馬・メイズイ[1]。以後、1960年代半ばから同終わりまで、東京競馬場中山競馬場で行われた重賞競走の実況を行っていた。

1970年あたりから一部、旧八大競走の実況を8年後輩の盛山毅に譲る[2]ようになり、旧八大競走としては1973年優駿牝馬(オークス。優勝馬・ナスノチグサ)が最後の実況となった。そして、1973年の東京優駿(日本ダービー)では司会およびパドックの進行のみに回り、同レースの実況を盛山が初めて担当することになったことを契機に、以後のメイン実況は盛山、サブ実況は10年後輩の大林宏がそれぞれ務めることになったため、競馬実況からも降りることになった。

エピソード[編集]

  • スタートからテンポあるしゃべり口が特徴。そして、出走各馬が道中いったい何番手にいるのかや、少なくとも着順掲示板(5着まで)に入った馬を確実に伝えた[3]
  • 中には、「伝説の競馬実況アナ」という人もいる。それは、『競馬中継』の解説者であった赤木駿介が、のちに雑誌『優駿』のコラムなどで、「彼は歴代の競馬アナの中で五指に入る」などと絶賛していたことでも分かる。
  • 後にフジテレビ競馬中継のメイン実況を受け継ぐことになる盛山毅と比べて、騎手の名前を実況中に出すことはあまり多くなく、連呼することに至ってはほとんど無かった。
  • 口癖は、「先頭は断然、○○」。1966年の東京優駿(優勝馬・テイトオー)、1967年秋の天皇賞及び有馬記念(優勝馬・カブトシロー)、1968年の東京優駿(優勝馬・タニノハローモア)などで出てくる。
  • アサデンコウが勝った1967年の東京優駿では、大粒の雨が降り続いていた影響で視界が悪く、第3 - 4コーナー付近で各馬の位置取りがまったく分からなくなってしまったことから、解説の赤木に、「赤木さん、(1番人気の)リュウズキ、今何番手ぐらいですか?」と尋ねている[7]
  • 競馬実況を引退したのはまだ40代と若かったため、慰留されたときには「もう心臓が続かないんです・・・」と答えている[7]
  • 1965年有馬記念で、「シンザンが消えた!」というフレーズを使った、という話があるが、実況では、「まだシンザンが出ない、まだシンザンが出ない、シンザン出たか!シンザン出たか!シンザン出た!シンザン出た!・・・シンザンゴールイン!シンザン五冠馬達成!」となっており、当該のフレーズは出ていない[7]
  • 1970年の東京優駿では、鞍上の安田伊佐夫に対し、人気のタニノムーティエが偶数馬番(10番)にもかかわらず先にゲート入りさせ[8]、馬をいらつかせていたことから、「これでは偶数番号に入った意味がないですよねぇ」と批判している。

過去の出演番組[編集]

文化放送時代[編集]

フジテレビ時代[編集]

中央競馬八大競走実況歴[編集]

主な出典[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ DVD、『20世紀の名勝負 VOL.4 驚愕編』(発売元:ポニーキャニオン)に実況が収録されている。
  2. ^ 1970年の秋の天皇賞の実況は盛山が行っている。
  3. ^ 鳥居が担当する前の実況者のスタイルは、出走各馬の位置などを的確に伝える形ではなく、レース中に解説者に対し、「今のレース展開についてどうか?」といった相鎚を打つことが通例となっており、競輪中継的な側面が見られた。
  4. ^ 当時ミノルを管理していたのは、保田の師匠にして義父でもあった尾形藤吉調教師であり、保田はこの馬のために引退を1年先送りしたと言われていた。
  5. ^ 1972年は、前年暮れから関東で馬インフルエンザが蔓延した影響で関東開催の春競馬の日程が大幅にずれ込み、同レースについては例年よりも1ヶ月半ほど遅い5月7日に東京競馬場で開催された。同年の皐月賞は5月28日、日本ダービーは7月9日に開催されている。
  6. ^ 2000年まで馬齢は数え年表記であった。
  7. ^ a b c 新聞研究(日本新聞協会編)1982年2月 pp42〜45「テレビのスポーツ報道--<スポーツ紙のテレビ版>を創造する(スポーツ報道の新たな展開)」
  8. ^ 一般的に、奇数馬番の馬を先にゲート入りさせ、そのあと偶数馬番の馬を入れるというのが日本の競馬の慣例となっている。