菅原泰夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
菅原泰夫
Yasuo-Sugawara20110403.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県[1]
生年月日 (1946-04-01) 1946年4月1日(71歳)
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 東京・茂木為二郎(1964 - 1976)
東京・森末之助(1976)
東京・本郷一彦(1976 - 1992)
初免許年 1964年3月1日
免許区分 平地(初期のみ障害免許も所持)
騎手引退日 1992年2月29日
重賞勝利 36勝
G1級勝利 7勝
通算勝利 6431戦769勝
調教師情報
初免許年 1992年(1993年開業)
経歴
所属 美浦T.C.
テンプレートを表示

菅原 泰夫(すがわら やすお、1946年4月1日 - )は宮城県出身の元騎手・元調教師

経歴[編集]

アングロアラブなどを生産している牧場の五男として生まれ[2]、中学2年次の1960年に単身引越して東京・茂木為二郎厩舎へ入門[2]1961年馬事公苑騎手養成所に長期講習生として入所し[2]、3年後の1964年に騎手としてデビュー。同期には嶋田功松田博資がいる。1965年ダイヤモンドSミハルカスで制して重賞初制覇を果たすが、華々しい活躍の目立つ嶋田とは対照的になかなか目立った成績を残せなかった。菅原は「調教で馬を仕上げることができて、はじめて一人前の騎手」という茂木の教えを信じ、黙々と努力を続けた。所属厩舎以外の馬にも丁寧に調教をつけ、どんな癖馬でも乗りこなせるよう腕を磨いた。1972年に通算100勝達成。1975年カブラヤオー皐月賞日本ダービーテスコガビー桜花賞オークスを制覇。菅原はテスコガビーの牝馬離れしたスピードやパワーを余すところなく引き出し、桜花賞は大差、オークスは8馬身差といずれも圧倒的な逃げ切り勝ちであった。一方のカブラヤオーは極端に他馬を怖がる性格であったが、調教で手の内に入れて超一流の逃げ馬として大成させた。ライバルに付け入る隙を与えないよう、その性格については誰にも言わずにずっと隠し通した。この2頭で制した春のクラシック4競走はすべて圧倒的1番人気で、ハイペースで逃げてそのまま押し切るものであった。1976年に恩師・茂木の死去により森末之助厩舎に転厩するが、年末に本郷一彦厩舎へ転厩。1977年には調教中の落馬により左股関節を脱臼骨折してしまうが[2]1980年に通算300勝を達成。1981年には14番人気のミナガワマンナ菊花賞を勝利し、史上3人目の三冠騎手となる。1982年にはホリスキーで史上3人目の菊花賞連覇を達成。どちらも人気薄で、「3コーナーの坂はゆっくり下る」という鉄則に逆らう早めのスパートでの勝利。特にホリスキーは3000mの世界レコード(当時)を打ち立てているが、菊花賞を連覇した騎手は菅原を最後に現在まで現れていない。1985年には通算500勝をマークしたほか、ダイシンフブキ朝日杯3歳Sに勝利。1990年には通算700勝を達成。1992年には東京新聞杯でナルシスノワールに騎乗して最後の重賞勝利を挙げ、同年に現役を引退。

引退後は1993年からは調教師に転身し、美浦トレーニングセンターに厩舎を開業。2010年に調教師として初の平地重賞制覇をマーク(第84回中山記念:トーセンクラウン)。2017年に定年のため調教師を引退[3]

騎手成績[編集]

通算成績 1着 2着 3着 4着以下 騎乗回数 勝率 連対率
平地 769 657 672 4331 6429 .120 .222
障害 0 1 0 1 2 .000 .500
769 658 672 4332 6431 .120 .222
日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1964年3月7日 - プレザンローズ - - 7着
初勝利 1964年6月7日 - クインウッド - - 1着
重賞初騎乗・初勝利 1965年4月4日 ダイヤモンドS ミハルカス 13頭 3 1着
GI級初騎乗 1968年4月14日 桜花賞 ルピナス 24頭 7 5着
GI級初勝利 1975年4月6日 桜花賞 テスコガビー 22頭 1 1着

主な騎乗馬[編集]

調教師成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1993年3月14日 2回中山6日3R 4歳未勝利 セントテキサス 13頭 12 8着
初勝利 1993年5月15日 2回東京7日1R 4歳未勝利 エメラルドアイ 16頭 10 1着
重賞初出走 1996年11月17日 4回新潟8日11R 福島記念 ヨイチオー 14頭 10 13着
重賞初勝利 2003年10月18日 3回東京3日9R 東京オータムJ テンビーエース 11頭 9 1着
GI初出走 2002年4月7日 2回阪神6日11R 桜花賞 オースミバーディー 18頭 14 9着

主な管理馬[編集]

主な厩舎所属者[編集]

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

エピソード[編集]

  • 1983年の菊花賞ではアテイスポートに騎乗し、第3コーナー手前の坂の上りで、横にいたミスターシービー騎乗の吉永正人に「マーちゃん(吉永の愛称)、そろそろ行ったほうがいいよ」とアドバイスしたと言われる[4]。このアドバイスが、競馬史に残るミスターシービーの破天荒なまくりを生んだともいえる。
  • 菅原が主戦騎手であった同い年のテスコガビーとカブラヤオーの直接対決が一度あった(東京4歳ステークス)が、この時は両馬の調教師に騎乗馬を一任。その結果、「一度断ると乗れなくなる可能性がある」という理由で自らの所属厩舎の管理馬ではないテスコガビーに騎乗した(所属厩舎のカブラヤオーには弟弟子・菅野澄男が騎乗)。なお、この時菅原はカブラヤオーの他馬に近寄られることを恐れる弱点を隠すためには、テスコガビーに騎乗してカブラヤオーの直後につけ、他馬からガードすることでカブラヤオーを気分よく走らせるという難しい騎乗が必要となるのでテスコガビーを選んだという説もある(テスコガビーの項目参照)。
  • 娘の菅原恵美は優馬のトラックマンになっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中学2年生のときに東京都へ引っ越しているため、東京都出身とする媒体もある。
  2. ^ a b c d 『優駿』(日本中央競馬会)2008年11月号
  3. ^ 調教師4名、武 幸四郎・田中 博康騎手が引退日本中央競馬会、2017年2月9日閲覧
  4. ^ 井崎脩五郎高橋直子『これは凄い! 名馬十番勝負』より。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]