西村雅彦のさよなら20世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西村雅彦のさよなら20世紀
ジャンル 情報バラエティ番組
企画 石原隆
演出 落合正幸
鈴木輝雄
今野貴之
高野徹
出演者 西村雅彦
山中秀樹
藤村さおり
西岡孝洋
製作
プロデューサー 松村俊二
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1998年10月12日 - 1999年3月22日
放送時間 月曜 23:00 - 23:20
放送枠 バラパラ
放送分 20分
テンプレートを表示

西村雅彦のさよなら20世紀』(にしむらまさひこのさよならにじっせいき)は、1998年10月12日から1999年3月22日までフジテレビ系列局で放送された情報バラエティ番組。放送時間は毎週月曜 23:00 - 23:20 (JST) 、フジテレビ系全国ネットの深夜番組放送枠『バラパラ』月曜の番組として放送。

概要[編集]

西村雅彦冠番組の1つである。番組タイトルが示す通り、20世紀だけに存在した道具や人物、それに建物などを取り上げていた。また、フジテレビ河田町旧社屋も取り上げていた。

この番組一番の見所は、取り上げた物を「その物の働きに感謝し、華麗に天界へ送り出す」などと称して爆破していた点にある。商店街「フジテレビ通り」の看板や客車といった物を採石場のような場所で爆破していた。画面左上には「爆発まで何分何秒(例 爆発まで10:30)」という爆破までのカウントダウンが表示され(放送開始時に15:00からスタート)[注釈 1]、爆破後に西村がその物に関した思いを語った後、「今日の爆発」として爆破シーンがハイライトで流れて終了するというのが主な流れだった。1998年の年末には総集編も放送された。

番組で使用されたBGMは『オペラ座の怪人』の使用曲である。

出演者[編集]

  • 西村雅彦 - オープニングとエンディングに出演するだけだった。
  • 山中秀樹(当時フジテレビアナウンサー) - 実況を担当。
  • 藤村さおり(フジテレビアナウンサー) - 爆破する物の関係者へのインタビューを担当。
  • 西岡孝洋(フジテレビアナウンサー)

番組で爆破された物[編集]

  • フジテレビ通り(現・あけぼのばし通り)のアーケード看板
  • 軽井沢プレイランドの看板と券売り場
  • ディスコお立ち台
  • 天地真理の衣装
  • 八丈島のボウリングの巨大ピン
  • 八丈島の太鼓
  • 黒部峡谷ロープウェイのゴンドラ
  • 女子プロレスのリング
  • 放置車両(スバル・レックス
  • ローカル客車(国鉄オハフ61形
  • 漁船
  • 味噌樽
  • 軽トラックを改造したラーメン屋台 (スバル・サンバートラック)
  • 発明家の発明品 - 頭にトイレットペーパーを取り付け、いつでも鼻をかめる機械など。なお、この時は発明品を審査する人がいて、審査員が気に入ったものは爆破されなかった。
  • バンドの楽器
  • 男性用便器
  • 犬小屋
  • 雛人形 - 人形をこよなく愛した妻の死と娘の嫁入りをきっかけに。
  • 冷凍トレーラー - 椎名急送所有の龍馬号が引いていた。東映映画「トラック野郎・故郷特急便」出演車。幸いトラクタは爆破を逃れ、現存している。その後、龍馬号と同じカラーリングを施したトレーラーが同社にて運用中である。
  • その他

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ タイマー部分はデジタル表示。タイマーが残り10秒(00:10)になると秒刻みのSEが鳴り、0になると00:00と赤く表示される演出である

出典[編集]

関連項目[編集]


フジテレビ系列 バラパラ月曜枠
前番組 番組名 次番組
枠設立前につき無し
西村雅彦のさよなら20世紀
(1998年10月12日 - 1999年3月22日)
フジテレビ系列 月曜23時台前半枠
LIVE'98 ニュースJAPAN
※23:00 - 24:20
【20分繰り下げて継続】
西村雅彦のさよなら20世紀
(1998年10月12日 - 1999年3月22日)
恋愛の家庭教師