須田慎一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
須田 慎一郎
(すだ しんいちろう)
生誕 (1961-08-26) 1961年8月26日(59歳)
日本の旗 日本東京都世田谷区
国籍日本の旗 日本
教育日本大学経済学部
職業ジャーナリスト
代理人須田慎一郎事務所
配偶者あり
家族
公式サイトhttp://suda-journal.jp/
須田慎一郎ジャーナル

須田 慎一郎(すだ しんいちろう、1961年8月26日[1] - )は、日本ジャーナリスト

来歴[編集]

東京都世田谷区下馬出身、小学2年の秋に親の仕事の都合で足立区竹の塚へ転居[2]東京都立上野高等学校卒業後、日本大学経済学部に進学。

後述の理由で、まともな就職活動を行って来なかった事で、日大卒業後の4月に中小の経済雑誌社に入社[3]。5年程所属し、退職して経済界に移籍。移籍後から並行してアルバイトを開始し、毎日新聞東京本社の社外スタッフとして勤務。毎日新聞社からプロパー移籍のオファーをされたが拒否し、フリーランスのジャーナリストに転じ[4]週刊ポストの契約記者を務めながら、『サンデープロジェクト』(テレビ朝日)のリサーチャーとして参画[3]歳川隆雄の代役として現場リポーターとして出演し出し、以後番組の出役と執筆活動を行っており、銀行業界をはじめ金融界、日本銀行財務省金融庁検察庁に多くの人脈を持つ[5]。また、2007年に設置された、金融庁の多重債務者対策本部有識者会議の有識者委員を2010年3月まで務めた。

人物[編集]

  • 高校時代から殆ど勉強せず、東大進学者も居る中の日大進学はマイノリティと自認しており、その理由は満員電車が苦手だったと自ら明かしている。また、上野高校は単位制だった事もあり、卒業出来無い処まで追い込まれていた[3]。その為、大学時代も同様に136単位必要のところ、17単位しか取得して居なかったため、2年次に国際経済ゼミに入講した、ゼミ担当教授が3年次の学年担任であった事で学校に呼び出され、4年で卒業する為の単位取得の授業、試験対策を行った結果卒業出来たとしている[3]。また、衆議院議員の馬淵澄夫は上野高校の一年先輩で、『そこまで言って委員会NP』の番組内等で、馬淵と共演や政治資金パーティのスピーチをしてる関係性だが、「高校時代よく殴られた」と語っている[6]。ニックネームの「社長」[7]は高校時代から呼称されていた[3]。また、『たかじんのそこまで言って委員会』、『ビートたけしのTVタックル』に出演後から、司会者であるやしきたかじんビートたけしから「おじ貴」と名付けられた[8]
  • 高橋洋一長谷川幸洋の共著によると、須田は強面だが人間性としては極めて丁寧である。これは出会う人すべてが取材対象であるという信念のためであるという[9]
  • 10年来のAKB48のファンで、以前は高橋みなみのファンでもあった。2011年6月に開催されたAKB48 22ndシングル選抜総選挙でも1票を投じており、高橋が7位であることに憤慨していた[10]
    高橋の卒業後は西野未姫を推しメンとし、AKB48 45thシングル選抜総選挙にて西野に票を投じたが結果が伴わず、西野を推しメンしている事の禊をテレビ番組内で『恋するフォーチュンクッキー』を全力で踊った[11]。またその前は、ザ・リリーズ親衛隊のメンバーでもあった[12]
  • 前述の中小の経済雑誌社に入社後に大阪への配属を命じされれた為[3]6年弱程、大阪市阿倍野区に居住していたことがあり[13]、毎年大晦日には釜ヶ崎を訪れており[14]、ライフワークとして越冬闘争を取材していたが、2018年以後の関西生コン面々の刑事事件以後、越冬闘争を支援してる組合から取材の出入り禁止を喰らっている状態である。
  • 毎日新聞の外部スタッフ時代にイトマン事件の特別取材班として取材を担当しており、総合商社伊藤萬が振り出した5000億円のコマーシャルペーパーを出した当時の住友銀行玉井英二副頭取に取材し、事実を認めた事で当時毎日新聞の1面を飾った事がある[3]
  • 前述の『サンデープロジェクト』の出役デビューのサポート役が当時:同番組に出演していた元読売新聞大阪本社社会部記者であったジャーナリストの大谷昭宏で、同番組で出会って以後番組での立ち回り方等を教わる関係が20年以上の続く恩人であった事で[3]、須田の結婚式では大谷が仲人を務めた[15]
  • 「取材の一環」で抗争中の暴力団の組長を取材した際に、同乗していた高級車をヒットマンに銃撃されたが、防弾ガラスで一命を取り留めた事を『たかじんNOマネー』の最終回で語った[16]

主張[編集]

  • 財務省幹部を名乗る匿名の人物からの伝聞として、禁煙推進の裏には巨大な利権があると主張している[17]
  • 2017年加計学園の獣医学部設置に関しては、今治市による設置申請が文部科学省から認められず、第1次安倍政権でも却下されているなど、規制官庁の思惑だけで「岩盤規制」がおこなわれていた主張し、この問題を告発した文科省事務方トップであった前川喜平が「正義の告発者」でないのは明らかであると述べている[18]。また、週3回も出会い系バーへ通う時間があるなら、今治市を訪問し「地域の実情に目を向けるべきだったのではないだろうか」と批判している[19]

出演番組[編集]

現在[編集]

テレビ[編集]

インターネット動画配信[編集]

ラジオ[編集]

  • 飯田浩司のOK! Cozy up!ニッポン放送)※コメンテーター(月曜) - 2018年4月2日 -
  • 須田慎一郎のスクープ ニュース オンライン(ニッポン放送)※パーソナリティ - 2021年3月7 - 27日(予定)
  • 須田慎一郎 南野陽子の 誰にもわかる“経済学”(文化放送)※パーソナリティ - 2020年10月3日 -

過去[編集]

レギュラー

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

以下、ニッポン放送の番組

不定期出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

インターネット動画配信[編集]

  • #渋谷オルガン坂生徒会(DHCテレビ)※専門家

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 江上剛共著 『銀行員諸君!』 新潮新書、2003年11月。 ISBN 9784106100406
  • 『アベノミクスが激論で解けた!』、2013年4月18日。ISBN 978-4-0910-3159-4

脚注[編集]

  1. ^ 覚悟の瞬間(動画)
  2. ^ “私だけの東京・2020に語り継ぐ:経済ジャーナリスト・須田慎一郎さん 大人びた足立の子供たち”. 毎日新聞東京本社版夕刊. (2015年7月15日). オリジナルの2015年7月18日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150718003932/http://mainichi.jp/shimen/news/20150715dde012040003000c.html 2021年3月3日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h 【テレビで放送できない】物騒コラボ!須田慎一郎×辛坊治郎「あの事件」の一面トップを書いたのは俺だ ~「辛坊の旅」~ - YouTube
  4. ^ 須田慎一郎 プロフィール”. 講演会インフォ 茨城. 2017年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月18日閲覧。
  5. ^ 須田慎一郎 プロフィール”. 講演会インフォ 茨城. 2015年8月5日閲覧。
  6. ^ 「そこまで言って委員会NP」2016年9月18日”. gooテレビ (2016年9月18日). 2016年10月11日閲覧。
  7. ^ 月刊経営塾 1996年9月号 須田慎一郎本人の記事より。
  8. ^ 9月12日(月)は須田慎一郎のあさラジ!”. 高嶋ひでたけのあさラジ! 番組サイト (2011年9月9日). 2015年8月5日閲覧。
  9. ^ 高橋洋一長谷川幸洋「百年に一度の危機から日本経済を救う会議」PHP研究所
  10. ^ 「たかじんNOマネー BLACK 人生は金時なり」2011年8月6日(土)”. gooテレビ (2011年8月6日). 2015年8月5日閲覧。
  11. ^ AKB48への異常な愛が明らかに『有吉反省会』須田慎一郎が登場”. テレビドガッチ (2016年10月8日). 2016年12月1日閲覧。
  12. ^ 2011年09月12日 あさラジスペシャルパーソナリティウィーク”. 友映の日記(ニッポン放送) (2011年9月12日). 2015年8月5日閲覧。
  13. ^ ニュースリアル FRIDAY 2015年10月2日”. gooテレビ (2015年10月2日). 2017年2月11日閲覧。
  14. ^ ニュースリアル FRIDAY 釜ヶ崎リポート 須田が見た“越冬闘争” 2017年1月6日”. gooテレビ (2017年1月6日). 2017年2月11日閲覧。
  15. ^ たかじんNOマネー~人生は金時なり~ テレビ大阪 2011年08月27日(土)”. エンタ魂. 2015年8月5日閲覧。
  16. ^ 須田慎一郎氏 暴力団組長取材中に銃撃”. デイリースポーツ (2015年6月20日). 2016年1月20日閲覧。
  17. ^ 事業仕分けの裏側で「禁煙利権」争いが厚労省内部に勃発と識者」『SAPIO』2010年12月15日号、NEWSポストセブン2017年6月15日閲覧。
  18. ^ “加計学園問題 前川氏のどこが「正義の告発者」なのか 須田慎一郎氏(3/4ページ)”. iRONNA (産経新聞社). (2017年6月12日). http://www.sankei.com/premium/news/170611/prm1706110004-n3.html 2017年6月14日閲覧。 
  19. ^ “加計学園問題 前川氏のどこが「正義の告発者」なのか 須田慎一郎氏(4/4ページ)”. iRONNA (産経新聞社). (2017年6月12日). http://www.sankei.com/premium/news/170611/prm1706110004-n4.html 2017年6月14日閲覧。 
  20. ^ 2014年6月まではレギュラー出演
  21. ^ KBCラジオでネットされている朝ラジの出演も含む

関連項目[編集]

外部リンク[編集]