生田竜聖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いくた りゅうせい
生田 竜聖
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 北海道室蘭市[1]
生年月日 (1988-06-13) 1988年6月13日(34歳)
身長 180 cm
血液型 A型[2]
最終学歴 中央大学法学部
勤務局 フジテレビジョン
部署 編成制作局 アナウンス室[3]
活動期間 2011年 -
ジャンル 情報
配偶者 秋元優里(2012年 - 2018年4月)
著名な家族 生田斗真俳優
清野菜名義姉女優
出演番組・活動
出演中めざましテレビ
めざましどようび
出演経歴森田一義アワー 笑っていいとも!
生田くん、ハイ!
めざましどようび
めざましテレビアクア ニュース』
プレミアの巣窟
ノンストップ』など

生田 竜聖(いくた りゅうせい、1988年〈昭和63年〉6月13日 - )は、フジテレビアナウンサー

来歴[編集]

北海道室蘭市で生まれ、神奈川県で育つ[1]

兄は俳優の生田斗真[4]。斗真の妻で、義姉は女優の清野菜名であるが、竜聖より歳下である。

中央大学附属高等学校[5]中央大学法学部を卒業。大学時代は、会社法を学んでいた[6]

フジテレビ・テレビ朝日のアナウンサー職に内定し、2011年フジテレビ入社。同期には竹内友佳三田友梨佳

2012年12月25日、フジテレビの先輩アナウンサーである秋元優里と結婚したことがフジテレビより発表された[7]

2016年11月に妻の秋元との別居が報じられた。秋元は11月20日放送の『ワイドナショー』にて、別居が事実である事、離婚についても協議中であると述べた[8]

2018年4月、離婚成立[9]。親権をどちらが持つかや養育費、慰謝料の有無などは不明。

2021年3月29日から『めざましテレビ』の3代目男性総合司会(メインキャスター)に就任。上司である三宅正治と後輩の井上清華(いずれもフジテレビアナウンサー)と共同で担当する[10]。『めざましテレビ』の男性総合司会(メインキャスター)が二人体制になるのは1994年の番組スタート以来初めての事である。

2022年4月9日から『めざましどようび』の4代目男性総合司会(メーンキャスター)に就任。上司であり、『めざましテレビ』でも共演する西山喜久恵(フジテレビアナウンサー)と2016年4月から同番組でお天気キャスターを歴任した阿部華也子(タレント)と共同で担当する。なお、現在担当している『めざましテレビ』の男性総合司会(メーンキャスター)と二刀流で担当する(ただし、金曜は不在)[11]

人物[編集]

  • 中学時代は剣道部所属で、初段を取得している。身長180 cm[1]
  • 入社試験では兄の名前を伏せて挑んだが、最終面接で発覚した[1]
  • 兄の斗真とは、2012年3月16日放送の『森田一義アワー 笑っていいとも!』でテレビ初共演を果たした[12]。同年10月には、斗真主演のフジテレビドラマ『遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜』の第1話にゲスト出演し、斗真演じる主人公の弟役を演じている[13]
  • 2017年10月27日放送のTBSのトーク番組『A-Studio』に斗真がゲスト出演した際には事前取材を受け、写真ではあるが同番組に出演し、兄弟のエピソードが紹介された[14]。以後も兄・斗真がNHK日本テレビの番組に出演する際に間接的な出演をしている。
  • 俳優の鈴木勝吾とは高校時代の同級生である。
  • 同僚でフジテレビ女性アナウンサーを度々モノマネすることがある(三上真奈など[15][16])。
  • 2020年6月に兄の斗真が女優の清野菜名と結婚した際には『めざましテレビ』にて自らそのニュースを読み上げ、「私のもとにもお祝いの言葉、たくさん頂戴しまして自分のことのように本当にうれしく思っております。この場をお借りして兄に代わってお礼を申し上げます。ありがとうございます」と祝福した[17]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “秋元アナ社内婚、生田アナに「ひたすら感謝」(2/2ページ)”. サンケイスポーツ(ウェイバックマシン). (2012年12月26日). https://web.archive.org/web/20130128140831/https://www.sanspo.com/geino/news/20121226/mar12122605060003-n2.html 2013年1月6日閲覧。 
  2. ^ 生田 竜聖 | フジテレビアナウンサー公式サイト アナマガ フジテレビ
  3. ^ “組織図”. フジテレビ. (2021年7月1日). https://www.fujitv.co.jp/company/info/soshiki.html 2022年6月4日閲覧。 
  4. ^ 生田斗真の弟・生田竜聖アナ かぶりものデビュー - Sponichi Annex (2011年5月22日閲覧)
  5. ^ NEWS & TOPICS 毎日新聞に中附が連載されています 生田竜聖さん(2006年度卒) 中央大学附属中学校・高等学校
  6. ^ フジテレビアナウンサー 生田竜聖 2年目は竜の飛躍 年男への期待大 - MSN産経ニュース (2012年7月6日閲覧)
  7. ^ “フジ秋元優里、生田竜聖アナが結婚”. 日刊スポーツ. (2012年12月25日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20121225-1064041.html 2013年1月6日閲覧。 
  8. ^ “秋元優里アナ、生田竜聖アナとの別居認める 離婚については「協議中」”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年11月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2081740/full/ 2016年11月25日閲覧。 
  9. ^ “秋元優里アナと生田竜聖アナの離婚成立…12年にクリスマス婚も不倫疑惑で別居”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年5月3日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180503-OHT1T50047.html 2018年5月21日閲覧。 
  10. ^ a b “めざましテレビ:メインキャスターに井上清華アナ&生田竜聖アナ 3月から三宅正治アナと3人体制に”. MANTANWEB (株式会社MANTAN). (2021年1月19日). https://mantan-web.jp/article/20210118dog00m200064000c.html 2021年2月27日閲覧。 
  11. ^ “『めざましどようび』メインキャスター新体制 生田竜聖は平日『めざまし』と史上初の二刀流&阿部華也子が抜てき”. ORICON NEWS. (2022年2月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2225165/full/ 2022年5月25日閲覧。 
  12. ^ “生田斗真 弟と“初共演”に「超緊張する!」”. スポーツニッポン. (2012年3月17日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/03/17/kiji/K20120317002844060.html?feature=related 2013年1月6日閲覧。 
  13. ^ “生田兄弟が共演!フジ竜聖アナ、兄の主演ドラマにゲスト出演”. スポーツニッポン. (2012年10月8日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/03/17/kiji/K20120317002844060.html?feature=related 2013年1月6日閲覧。 
  14. ^ 生田斗真、局の垣根越えた弟・竜聖アナ出演に驚き「えっ、いいの!?」 マイナビ、2017年10月31日閲覧。
  15. ^ 旧友|フジテレビアナウンサーブログ”. 2019年10月20日閲覧。
  16. ^ Shogo_Suzuki_のツイート(1185873536876892160)
  17. ^ フジ・生田竜聖アナ、兄・斗真&清野菜名の結婚を番組で祝福 自らニュースを読み上げる場面も”. 2020年6月8日閲覧。
  18. ^ 三宅正治井上清華と共同で担当
  19. ^ 西山喜久恵阿部華也子と共同で担当。
  20. ^ 「デジモンアドベンチャー:」は4月5日スタート、フジ生田アナも出演”. コミックナタリー. ナターシャ (2020年3月6日). 2020年3月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]