斉藤安弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さいとう やすひろ
斉藤 安弘
プロフィール
愛称 アンコー
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
生年月日 (1940-08-21) 1940年8月21日(77歳)
最終学歴 中央大学法学部法律学科
勤務局 ニッポン放送
部署 制作部元アナウンサールーム
職歴 株式会社彫刻の森管理部長兼常務取締役(1992年 - 2003年)
活動期間 1964年 -
ジャンル 娯楽番組
出演番組・活動
過去 #過去の担当番組参照

斉藤 安弘(さいとう やすひろ、1940年8月21日 - )は、ニッポン放送アナウンサー。通称は「安弘」を音読みさせたアンコーアンコーさん

概要[編集]

神奈川県横浜市出身。神奈川県立横浜平沼高等学校中央大学法学部法律学科卒業。

1964年にニッポン放送入社。アナウンサーの同期には宮田統樹がいる。1967年にスタートした看板番組「オールナイトニッポン」の初代パーソナリティとして一躍有名になった。同期入社でもある前社長の亀渕昭信と組んだカメ&アンコーとして人気を集めて、「水虫の唄」を大ヒットさせるなどラジオ業界に深夜放送ブームを作った。

「オールナイトニッポン」降板後は「朝はおまかせアンコーです!」などワイド番組を担当したが、1986年にニッポン放送管理部へ異動、アナウンサー職を離れた。1992年からはフジサンケイグループ傘下の株式会社彫刻の森の管理部長兼常務取締役を務め、2003年に退任。

同年、再びニッポン放送アナウンサーに復帰。斉藤のように長年アナウンス職を離れていた人物のアナウンサー復帰は極めて異例だが、当時同局の代表取締役社長を務めていた亀渕の要請によるものとされる。

7月には「ブロードバンド!ニッポン」を担当、新番組「オールナイトニッポンエバーグリーン」立ち上げに到る。

復帰当初からしばらくの間、アナウンサールームのホームページで斉藤が紹介されていなかったが、2006年4月1日から正式に登場するようになった。同番組は録音放送が多いが、木曜日は当直も担当するため生放送となる場合があり、また時間前の番組で臨時ニュースが入ったり、ショウアップナイターが早く終了して残り時間をスタジオからの放送で埋める場合には、キャスターや臨時のパーソナリティとして登場することもある。

2005年3月20日NHKの深夜番組である「ラジオ深夜便」スペシャル(NHK80周年・深夜便15周年記念特番)「ビッグパーソナリティー・深夜の開放者たち」と題した番組にパネリストとして出演。

2006年1月31日発売の白夜書房刊行「笑芸人編ラジオDEパンチVOL.02」には元・TBSアナウンサーの榎本勝起との対談が掲載され、特別付録CDには特別番組「エノさんとアンコーさんのラジオ DE パンチ」が収録されている。

2009年3月31日をもって、ニッポン放送のアナウンサールームを定年退職した。以降も嘱託社員として木曜日の当直を引き続き担当し、金曜日の早朝ニュースも担当することがある(その後火曜日に変更となり、臨時ニュースが入ってきたときに通常番組中に読み上げる)。

「エバーグリーン」内で、大塚愛の曲に対し「歌詞の意味がわけわからない」と批判的なコメントをしたことがある。斉藤は元々アナウンサーという事もあり「言葉の乱れ」に対し敏感で、同番組においても若者言葉などに時折言及することがある。

豆知識[編集]

横浜出身だけに地元のラジオ関東(現・ラジオ日本)の入社試験を受けたものの落ちている(2009年10月8日放送「ヨコハマろはす」にて)。その後、ラジオ日本へはフリーになったことで入局を果たしている。

出演番組[編集]

現在は古巣・ニッポン放送の嘱託社員としての当直勤務が主で、担当番組はない。

過去の担当番組[編集]


アナウンサー復帰後

CM[編集]

その他[編集]

  • 夕刊フジ水曜日発行「アンコーの遊楽帳」と題したコラム執筆
  • ANA機内放送「オールナイトニッポンクラシックス」を担当(2010年4月〜2016年10月)