三枝の爆笑美女対談

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三枝の爆笑美女対談
デジタルエイトビル.JPG
番組の収録が行われていた関西テレビ旧社屋
(後のデジタルエイトビル、大阪市北区西天満。現在は解体)
ジャンル トーク番組
放送時間 当該節参照(30分)
放送期間 1980年3月20日 - 1987年3月29日
放送国 日本の旗 日本
制作局 関西テレビ
演出 小川誠
プロデューサー 奥野巌
出演者 桂三枝
テンプレートを表示

三枝の爆笑美女対談』(さんしのばくしょうびじょたいだん)は、フジテレビ系列局で放送されていた関西テレビ製作のトーク番組である。関西テレビとフジテレビでは1980年3月20日から1987年3月29日まで放送。

概要[編集]

司会の桂三枝(後の六代桂文枝)が毎回女性ゲストの仕事や趣味、恋愛の噂や私生活などについてインタビューしていた番組。三枝はオープニングで「窓辺のマーガレット、桂三枝です」と挨拶していた。番組のラストではゲストと「ドンケツゲーム」(後期では「ぐらぐらゲーム」)を行い、これに三枝が勝てばゲストは三枝にキスをしなくてはならなかった。場合によってはキスをしてもらわないといけなかった。

番組はその後、視聴率の低調に喘いだのに触れた三枝が司会降板を要請したこと[1]、そして番組が放送されていた日曜22:30枠が1987年4月から大日本除虫菊 (KINCHO) の一社提供枠になることから、KINCHOの競合企業である中外製薬の殺虫剤「バルサン」(現在はライオンに販売承継)のCMに出演していた三枝を継続出演するわけにいかないと番組スタッフが判断したことにより[1]、同年3月29日放送分をもって7年間の歴史に幕を閉じた。

放送時間[編集]

いずれも日本標準時

  • 木曜 22:00 - 22:30 (1980年3月20日 - 1983年9月)
    • ネット局の北海道文化放送は、放送開始から1982年3月までは土曜12:30枠、1982年4月から1983年9月までは土曜13:00枠(前々番組『凡児の娘をよろしく』時代からの遅れネット枠)での遅れネットを行っていた。
  • 日曜 22:30 - 23:00 (1983年10月 - 1987年3月29日)

スタッフ[編集]

  • プロデューサー:奥野巌
  • ディレクター:小川誠
  • 構成:尼子成夫
  • 音楽:浦田博信
  • 制作協力:フジテレビ(東京収録の回のみ)
  • 制作著作:関西テレビ放送

スポンサー[編集]

当初は前番組『恋のトリプルチャンス』から引き続き笹岡薬品の一社提供で放送されていたが、後に森下仁丹が参入し、笹岡薬品と森下仁丹の二社提供へと移行した。この2社がスポンサーを降りた後、しばらくはフルベール化粧品など複数社による提供で放送されていた。

備考[編集]

  • 1980年に山口百恵がゲスト出演した回は、収録直後に山口が三浦友和との婚約を発表したために放送中止になり、番組唯一のお蔵入り回となった。
  • 1985年に夏目雅子が逝去した際には、彼女の追悼企画を行った。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『週間テレビ番組 首都圏版』1987年1月第3週号、東京ポスト。
フジテレビ系列 木曜22:00枠
【途中まで笹岡薬品一社提供枠】
前番組 番組名 次番組
恋のトリプルチャンス
(1979年4月5日 - 1980年3月13日)
三枝の爆笑美女対談
(1980年3月20日 - 1983年9月)
時代劇スペシャル
(1983年10月6日 - 1984年3月29日)
※21:02 - 22:48、金曜20:00枠から移動
関西テレビ製作・フジテレビ系列 日曜22:30枠
パンチDEデート
(1974年10月6日 - 1983年9月25日)
※関西テレビでは日曜23:00枠へ移動、
フジテレビでは土曜19:00枠へ移動
三枝の爆笑美女対談
(1983年10月 - 1987年3月29日)
金鳥おもしろ倶楽部 スターご勝手対談
(1987年4月5日 - 1988年9月25日)