すっぽんの女たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
すっぽんの女たち
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
プロデューサー 奥村彰浩
井澤秀治
加藤和廣
出演者 笑福亭笑瓶
SDN48
音声 ステレオ放送
外部リンク テレビ朝日公式HP
すっぽんの女たち
放送時間 木曜1:36 - 1:51(水曜深夜)(15分)
放送期間 2010年6月3日 - 2011年3月31日(43回)
オープニング 『Black boy』
『Saturday night party』
エンディングGAGAGA
すっぽんの女たち2
放送時間 木曜2:06 - 2:31(水曜深夜)(25分)
放送期間 2011年4月7日 - 9月29日(26回)
エンディング愛、チュセヨ
MIN・MIN・MIN
すっぽんの女たち → すっぽんの女たち〜巣に帰る〜
放送時間 木曜2:06 - 2:31(水曜深夜)(25分)
放送期間 2011年10月6日 - 2012年3月29日
エンディング 『MIN・MIN・MIN』
テンプレートを表示

すっぽんの女たち』(すっぽんのおんなたち)は、テレビ朝日2010年6月3日(2日深夜)から2011年3月31日(30日深夜)まで放送されていたバラエティ番組(関東ローカル)。

2011年4月より放送時間を移動するとともに放送時間が25分に拡大され『すっぽんの女たち2』に改題され、同年10月より再び『すっぽんの女たち』に戻され、同月中に『すっぽんの女たち〜巣に帰る〜』と更なる再改題が行われている。それらの番組についても後述する。

すっぽんの女たち(2010年6月4日 - 2011年4月1日)[編集]

概要[編集]

  • SDN48初の地上波レギュラー番組[要出典]GREEとのタイアップ企画としてメンバーを投票し、メジャー・デビュー(シングル選抜)メンバーを決定するためのアピール番組としてスタートした[要出典]内容は、架空の芸能事務所「加藤興業」の笑福亭笑瓶社長が自らの事務所の所属タレント、SDN48を各メディアに売り込むというものであった[要出典]
  • メジャー・デビュー決定後の2010年10月7日より番組内容をリニューアル。男性ゲストを迎え、メンバー全員でテーマトークをする形式になった[要出典]番組の最後にゲストにより「今日のNo.1すっぽん娘」が選ばれ、次の回に最前列のセンターに座ることができる[要出典]
  • No.1すっぽん娘に選ばれたメンバーには番組の最後に1分間カメラを独占する時間が与えられる[要出典]
  • 「すっぽん娘のひとりごと」(2010年10月7日、14日、11月18日 - 2011年1月13日)
「自分の部屋の鏡の前!!」という設定でフリートークすることができる
  • 「すっぽん娘とゲストのふたりごと」(2010年10月21日 - 11月11日)
ゲストの持ち込んだ告知をゲストとふたりだけで伝えられる
  • 「すっぽん娘のグラマラス・ダンス」(2011年1月20日 - )
2004年公開の映画『キューティーハニー』の主題歌[1]に合わせたセクシーダンスを披露できる
  • ナレーションは、番組開始時からリニューアルまではSDN48メンバーが持ち回りで担当し、提供読み(「喰らいついたら離れません!」含む)も行っていた[要出典]2010年10月7日のリニューアル後は浦野一美がレギュラーでナレーションを担当した[要出典]
  • BGMは桃太郎電鉄シリーズサントラが頻繁に使用されている[要出典]

出演者[編集]

2010年9月30日まで

2010年10月7日以降

  • 社長(MC):笑福亭笑瓶
  • SDN48

放送日程[編集]

2010年6月3日 - 9月30日[編集]

放送日 出演メンバー ナレーション 放送内容・訪問先 ED曲
1 2010年
6月3日
なちゅ
木本夕貴
細田海友
伊藤花菜 「日刊スポーツの一面を華麗に飾っちゃうぞ!!」の巻
日刊スポーツ編集部
孤独なランナー
2 6月10日 大堀恵
芹那
チェン・チュー
加藤雅美 「週刊プレイボーイの表紙を華麗に飾っちゃうぞ!!」の巻
集英社週刊プレイボーイ編集部
普通のあなた
3 6月17日 浦野一美
近藤さや香
西国原礼子
チェン・チュー 「ニッポン放送で冠番組を作っちゃうぞ!!」の巻
ニッポン放送
愛されるために
4 6月24日 河内麻沙美
KONAN
二宮悠嘉
近藤さや香 「SDN48のスクープをドッカ〜ンとフライデーしてもらうぞ」の巻
講談社FRIDAY編集部
じゃじゃ馬レディー
5 7月1日 伊藤花菜
奈津子
亜希子
小原春香 「SDN48のウリコミ! 人気番組に出演を果たせるか」
テレビ朝日ちい散歩番組編集部
I'm sure
6 7月8日 加藤雅美
今吉めぐみ
福山咲良
穐田和恵 「SDN48の『ザテレビジョン』に出演交渉!」
角川マーケティングザテレビジョン編集部
オールイン
7 7月15日 大河内美紗
手束真知子
たかはしゆい
西国原礼子 「鎌倉・由比ガ浜『まぜそばビレッジ』への出演交渉」
テレビ朝日事業局
ガンバリーナ
8 7月22日 梅田悠
小原春香
谷咲伴美
今吉めぐみ 「SDN48の人気漫画誌にウリコミ! カラダを張った出演交渉」
集英社週刊ヤングジャンプ編集部
Saturday night party
9 7月29日 穐田和恵
畠山智妃
三ツ井裕美
手束真知子 「『東京スポーツ』にSDN48の連載記事をウリコミ!」
東京スポーツ編集部
誘惑のガーター
10 8月5日 全員 浦野一美 「SDN48の映画宣伝大使をかけてメンバー全員が挑むサバイバル企画! はたして過酷ゲームを生き残るのは誰か!?(前半戦)」
--
11 8月12日 全員 浦野一美 「SDN48の映画宣伝大使をかけてメンバー全員が挑むサバイバル企画! はたして過酷ゲームを生き残るのは誰か!?(後半戦)」
孤独なランナー
12 8月19日 梅田悠
芹那
大山愛未
藤社優美
二宮悠嘉
KONAN
奈津子
谷咲伴美
大堀恵 「SDN48のメンバー内サバイバル戦に生き残った8名が映画の監督とプロデューサーの前で自慢のセクシーダンスパフォーマンスを初披露!」
君が踊る、夏』監督:香月秀之,プロデューサー:有川俊
ヴァンパイア計画
13 8月26日 相川友希
甲斐田樹里
福田朱子
伊東愛
松島瑠美
津田麻莉奈
甲斐田樹里 「SDN48の今回はオリジナルダンスパフォーマンス特集! セクシーからコミカルなものまで!」
坂戸よさこい2010(出演映像)
14 9月2日 - なちゅ 「SDN48の「デビュー曲を歌う選抜メンバー12名の投票締め切り直前企画」 ガンバリーナ
15 9月9日 - - 「SDN48のデビュー曲を歌う12人の選抜メンバーを発表!!」
『→結果
テレビ朝日アナウンサー:大木優紀加藤泰平
-
16 9月16日 - - SDN48メジャーデビューできる人気投票上位12人の発表を見るメンバーの様子を一挙公開!運命の瞬間を一挙公開! -
17 9月23日 - 佐藤由加理 SDN48選抜メンバー発表 涙・涙・涙の舞台裏 -
18 9月30日 デビューシングル選抜メンバー 野呂佳代 ユニバーサルミュージックの社長にご挨拶 BLACK BOY

2010年10月7日 - 11月25日[編集]

放送日 ゲスト SDN48的意識調査 骨までしゃぶれ すっぽんトーク No.1 すっぽん娘 備考
19 2010年
10月7日
有吉弘行 勝負下着を持っている? 万能ネギ 穐田和恵 浦野は欠席
20 10月14日 ナンパされてついて行ったことがある? 蛇口 浦野一美
21 10月21日 つるの剛士 男の浮気を許せる? 隠し味 芹那
22 10月28日 ウソ泣きをしたことがある? たて笛 二宮悠嘉
23 11月4日 ふかわりょう 私のタイプは…肉食系?or草食系? ふわふわ 小原春香
24 11月11日 自分はキスが…うまい?orヘタ? すべり台 大河内美紗
25 11月18日 東貴博 私は…Sだ?orMだ? 焼き海苔 野呂佳代
26 11月25日 酒の席での失敗が…ある?ない? ささくれ 手束真知子 「SDN48日韓同時デビューに密着」のため「すっぽん娘のひとりごと」は休止

2010年12月2日 - 2011年3月31日[編集]

放送日 ゲスト 内容 No.1 すっぽん娘 備考
27 2010年
12月2日
岡田圭右
ますだおかだ
SDN48的すっぴんリサーチ
思わずグッとくる男のしぐさ
津田麻莉奈
28 12月9日 骨までしゃぶれすっぽんトーク
「泥」
近藤さや香
29 12月16日 柳原哲也
アメリカザリガニ
SDN48的すっぴんリサーチ
金の掛からない趣味?
松島瑠美
30 12月23日 骨までしゃぶれすっぽんトーク
「足の爪」
細田海友 「SDN48にとって様々な出来事があった激動の2010年を漢字一字で振り返る」
31 2011年
1月6日
ユースケ・サンタマリア SDN48的意識調査
忘れられない恋が…ある?ない?
- トークが盛り上がり次週に続けて放送したためNo.1すっぽん娘の発表なし
32 1月13日 骨までしゃぶれすっぽんトーク
「ブラジャー」
野呂佳代
33 1月20日 伊達みきお
サンドウィッチマン
SDN48的意識調査
自分はエロいと…思う?思わない?
藤社優美
34 1月27日 骨までしゃぶれすっぽんトーク
「上履き」
大山愛未 緊急リサーチ 嗅ぐならどこ?「匂いフェチ」
35 2月3日 カンニング竹山 SDN48的すっぴんリサーチ
なかなか分かってもらえない私だけの快感
畠山智妃
36 2月10日 骨までしゃぶれすっぽんトーク
「キラキラ」
大堀恵 特別企画「SDN48からバレンタイン♡キッス」
37 2月17日 井戸田潤
スピードワゴン
SDN48的意識調査
男の気を引くテクニックを…持っている?持っていない?
野呂佳代 MC:劇団ひとり[2]
38 2月24日 骨までしゃぶれすっぽんトーク
「濡れ雑巾」
チェン・チュー
39 3月3日 鈴木拓
ドランクドラゴン
SDN48的すっぴんリサーチ
自宅でしている恥ずかしい行動
大河内美紗 MC:岡田圭右[2]
40 3月10日 骨までしゃぶれすっぽんトーク
「猫じゃらし」
津田麻莉奈
41 3月17日 - 『本音、チュセヨ』
SDN48的意識調査スペシャル
- SDN48 2ndシングル 発表記念特別企画
42 3月24日
43 3月31日 番組お引っ越し記念
すっぽん期末テスト

すっぽんの女たち2→すっぽんの女たち→すっぽんの女たち〜巣に帰る〜[編集]

概要[編集]

  • 2011年4月7日より放送時間を移動すると共に番組枠が10分拡大されて『すっぽんの女たち2』に改題され放送開始。
  • SDN48メンバー35名(当時)全員が、3か月の間、2名もしくは3名ずつのトーナメント形式により様々なガチンコ勝負のゲームを行い頂点を目指す。
    • ベスト4まで勝ち上がったメンバーは、選抜メンバーとして『週刊ヤングマガジン』のグラビアページへの出演権を獲得できる。
      • 勝負に敗退すると優勝者が決定するまで原則として翌週以降の番組への出演がなくなる(ただし準々決勝以降、ゲームのアシスタントや盛り上げ要員として一部の敗退者のメンバーが出演している)。
      • 5月26日 - 6月9日放送分にて準々決勝が行われ、ベスト4は伊東愛、浦野一美KONAN野呂佳代に決定した。
  • 5月12日に二宮悠嘉が卒業(脱退)を発表し、当番組も降板。その直前の放送分で大堀恵に勝利し準々決勝進出を決めていたが、敗れた大堀が代わりに準々決勝に進出し野呂と対戦している。
  • 6月30日放送分の決勝戦にてクイーン(優勝者)は浦野に決定した。
  • 7月7日放送分からリニューアルし、主に当番組の放送エリア内である東京近郊の温泉地・観光地を巡る内容に変更。また、全メンバーが一堂に会することが無くなった。
    • 7月21日放送分はアナログ放送でオンエアされた最後の回となった。
  • 9月29日放送分を最後に放送開始時から単独提供してきたGREEが撤退。それまでSDN48メンバーらが出演するインフォマーシャル形式などのGREEのCMに代え、10月6日放送分からはSDN48のシングルの他に、AKB48SKE48NMB48のシングルのスポットCMが交互に放送され、番組タイトルも以前の『すっぽんの女たち』に改題された。
  • 10月15日にAKB48劇場で行われた公演において、2012年3月31日をもってSDN48全メンバーが卒業することが発表されたことを受け、番組タイトルも10月20日放送分より『すっぽんの女たち〜巣に帰る〜』に再び改題された。番組内容も「卒業しそれぞれの夢に向かうメンバーを応援する」として、前半は番組ロゴマークがラッピングされたバス「ドリームシャトル号」の車内でのトーク(毎回10名ほどのメンバーが参加)、後半は毎回数名ずつのメンバーに焦点を当て、卒業後の各々の次の芸能活動開始に向けた動きを追ったドキュメンタリーといった構成にリニューアルがなされている。
  • ナレーションは番組開始以来小原春香が勤めてきたが、『巣に帰る』へのリニューアル後は塩野潤二が担当。
  • 上記の通りSDN48の全メンバー卒業に伴い2012年3月29日を以って終了。これにより『すっぽんの女たち』シリーズは1年10か月で幕を閉じた。

出演者[編集]

  • MC:笑福亭笑瓶
  • SDN48

企画[編集]

  • SDN48ガチンコトーナメント(番組開始から2011年6月30日放送分まで)
  • SDN48温泉バスツアー(2011年7月7日放送分から2012年10月13日放送分まで)
  • SDN48卒業後のメンバーの夢を応援(2011年10月20日放送分以降)

番組スタッフ[編集]

  • 監修:秋元康
  • 構成:櫻井たつし
  • カメラ:安達良・千葉明律
  • VE:福重伸隆
  • 音声:吉岡辰仲
  • 編集:梓沢修二・高尾契太・高野智子・大鹿斎
  • MA:野宮聡・イツルベ・セバスチャン
  • CG:渡邊竜実・笠島久嗣・牧野惇
  • 音効:宮田優
  • 美術:大沼陽・小美野淳一
  • 協力:アックス池田屋・NΛO・eaLLIN
  • 宣伝:中嶋哲也
  • CAD:川嶋和成
  • AD:山崎信・前川恭平・嶋崎豊
  • ディレクター:金子大輔・長戸洋明
  • 演出:福浜和美
  • プロデューサー:奥村彰浩(テレビ朝日)・井澤秀治(電通)・加藤和廣(TIXE)
  • 制作協力:TIXE
  • 製作著作:テレビ朝日電通

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ インストゥルメンタル曲を編集したもの
  2. ^ a b 笑福亭笑瓶がインフルエンザで欠席したため代理でMCを務めた。

外部リンク[編集]

テレビ朝日 木曜日1:36 - 1:51枠(水曜深夜)
前番組 番組名 次番組
すっぽんの女たち
テレビ朝日 木曜日2:06 - 2:31枠(水曜深夜)
セレクションX
(1:59 - 2:34)
※2:45 - 3:20枠に繰り下げ
すっぽんの女たち2

すっぽんの女たち

すっぽんの女たち~巣に帰る~
東京上級デート
(2:06 - 2:21)
よふかしゴーちゃん。
(2:21 - 2:35)
※2:31 - 2:45枠から繰り上げ