土曜映画招待席 (TBSテレビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
土曜映画招待席
ジャンル 映画番組
出演者 放送作品に準ずる
製作
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
土曜映画招待席(土曜午前時代)
放送期間 1985年10月5日 - 1987年3月28日
放送時間 土曜 10:00 - 11:35
放送分 95分
土曜映画招待席(土曜午後時代)
放送期間 1987年4月11日 - 1989年9月30日
放送時間 土曜 12:00 - 13:54
放送分 114分
土曜シネマシアター
放送期間 1989年10月14日 - 1992年3月28日
放送時間 土曜 12:00 - 13:48
放送分 108分

土曜映画招待席』(どようえいがしょうたいせき)は、1985年10月5日から1989年9月30日までTBSで放送されていた映画番組である。その後も1989年10月14日から1992年3月28日まで『土曜シネマシアター』(どようシネマシアター)と題して放送されていた。

概要[編集]

1970年代までは関東の民放各局に邦画の放送枠が存在していたが、1980年代に入るとその放送枠も段々と少なくなってきた。そんな中TBSは、土曜正午前後にヒット番組が少ないのに目を付け[要出典]、久しぶりの邦画放送枠を設置した。

放送作品は『社長シリーズ』や『お姐ちゃんシリーズ』を筆頭とする東宝の作品、『トラック野郎シリーズ』を筆頭とする東映の作品、『旅行シリーズ』を筆頭とする松竹の作品が多く、また時には洋画も放送した。そして『若い季節』正続や『サラリーマン忠臣蔵』正続などのように、それまで全く知られていなかった作品が放送されたことで人気が再燃する作品が多かった[要出典]

1992年3月28日の放送をもって6年半の幕を降ろし、その後は『ザ・サスペンス』などの長時間ドラマ枠で放送された2時間ドラマの再放送枠『特選!傑作ドラマシリーズ』に替わったのち、1996年4月以降は『王様のブランチ』の午後の部が放送されている。そして地上波での邦画専門の映画番組は深夜へと移行していくことになる。

放送時間[編集]

いずれも日本標準時

土曜映画招待席[編集]

  • 土曜 10:00 - 11:35 (1985年10月5日 - 1987年3月28日)
  • 土曜 12:00 - 13:54 (1987年4月11日 - 1989年9月30日)

土曜シネマシアター[編集]

  • 土曜 12:00 - 13:48 (1989年10月14日 - 1992年3月28日) - 改題とともに放送枠が6分縮小。

放送作品[編集]

参考資料[編集]

TBS 土曜10:00枠
前番組 番組名 次番組
奥さま広場
※10:00 - 10:15
これが世界だ
※10:15 - 10:55
ザ・センター
※10:55 - 11:10
ご存じですか奥さま
※11:10 - 11:25
まんが世界昔ばなし 再放送
※11:25 - 不明
土曜映画招待席
(1985年10月5日 - 1987年3月28日)
世界の結婚式
(1987年4月? - 1996年3月30日)
※10:00 - 10:15
生きる -こころと演芸-
※10:15 - 10:30
女と男 聞けば聞くほど…
(1987年4月 - 1996年3月)
※10:30 - 11:30
TBS 土曜12:00枠
12時のスペシャル
土曜映画招待席
(1987年4月11日 - 1989年9月30日)
土曜シネマシアター
(1989年10月14日 - 1992年3月28日)
※12:00 - 13:48
ハーイ!TBSです
※13:48 - 13:54
TBS 土曜12:00枠
土曜映画招待席
(1987年4月11日 - 1989年9月30日)
※12:00 - 13:54
土曜シネマシアター
(1989年10月14日 - 1992年3月28日)
特選!傑作ドラマシリーズ