琴平町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ことひらちょう
琴平町
Kotohira-gu04n4500.jpg
Flag of Kotohira Kagawa.JPG
琴平町旗
Symbol of Kotohira Kagawa.svg
琴平町章
 1972年昭和47年)12月1日制定
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 香川県
仲多度郡
団体コード 37403-2
法人番号 3000020374032
面積 8.47 km²
総人口 8,998
推計人口、2016年10月1日)
人口密度 1,060人/km²
隣接自治体 善通寺市三豊市
仲多度郡まんのう町
町の木 サクラ美女桜
町の花 オガタマの木
琴平町役場
所在地 766-8502
香川県仲多度郡琴平町大字榎井817番地10
北緯34度11分29.1秒東経133度49分23.9秒座標: 北緯34度11分29.1秒 東経133度49分23.9秒
琴平町役場
外部リンク 琴平町公式ウェブサイト

琴平町位置図

― 市 / ― 町

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

琴平町(ことひらちょう)は、香川県仲多度郡に属する

地理[編集]

香川県の南西部に位置する。町域の西側が、標高524mの象頭山の山裾に沿う。

町内には大字がある地域と無い地域が混在し、大字の無い地域では町名に続いて直接番地が来る表記となる(例えば金刀比羅宮は(琴平町)892番地1である)。

人口[編集]

Demography37403.svg
琴平町と全国の年齢別人口分布(2005年) 琴平町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 琴平町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
琴平町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 14,324人
1975年 14,153人
1980年 13,807人
1985年 13,323人
1990年 12,632人
1995年 12,002人
2000年 11,335人
2005年 10,747人
2010年 9,967人
総務省統計局 国勢調査より

地区別人口・面積[編集]

琴平町地区別人口・面積(2010年国勢調査)
地区 世帯数(世帯) 人口(人) 面積(km2 人口密度(人/km2
琴平 1201 2846 2.995 950.25
榎井 980 2462 1.091 2256.65
五條 692 1678 1.125 1491.56
象郷 964 2834 3.249 872.27
合計 3837 9820 8.46 1160.76

広袤(こうぼう)[編集]

国土地理院地理情報によると琴平町の東西南北それぞれの端は以下の位置で、東西の長さは3.30km、南北の長さは5.29kmである。

北端
北緯34度13分22秒 東経133度48分50秒 / 北緯34.22278度 東経133.81389度 / 34.22278; 133.81389 (琴平町最北端)
西端
北緯34度11分17秒 東経133度48分0秒 / 北緯34.18806度 東経133.80000度 / 34.18806; 133.80000 (琴平町最西端)
中心点
北緯34度11分56秒 東経133度49分4.5秒 / 北緯34.19889度 東経133.817917度 / 34.19889; 133.817917 (琴平町中心点)
東端
北緯34度11分7秒 東経133度50分9秒 / 北緯34.18528度 東経133.83583度 / 34.18528; 133.83583 (琴平町最東端)

南端
北緯34度10分30秒 東経133度49分18秒 / 北緯34.17500度 東経133.82167度 / 34.17500; 133.82167 (琴平町最南端)

沿革[編集]

行政[編集]

  • 町長 小野正人
  • 町会議員 定数10人

産業[編集]

提携都市[編集]

特産品[編集]

教育[編集]

学校[編集]

小学校[編集]

  • 琴平町立琴平小学校
  • 琴平町立榎井小学校
  • 琴平町立象郷小学校

中学校[編集]

高等学校[編集]

専修学校[編集]

交通[編集]

琴平駅

鉄道路線[編集]

町内にはJR四国土讃線高松琴平電気鉄道(ことでん)琴平線の2本の鉄道路線が通っている。かつては琴平参宮電鉄琴平急行電鉄線も丸亀市・坂出市方面と町を結ぶ鉄道を運行していた。

JR四国の琴平駅には全特急列車(南風しまんと)が停車する。土讃線の電化区間は当駅までのため高松方面からの電車は当駅で折り返す。ことでんは早朝を除き30分間隔で運行されており、琴電琴平駅と高松市中心部の瓦町駅間は約55分で連絡されている。

路線バス[編集]

道路[編集]

江戸時代に金毘羅参りが盛んになると琴平と各地を結ぶ金毘羅街道が整備され、このうち琴平街道(高松街道)、丸亀街道、多度津街道、阿波街道、伊予・土佐街道の5つが「金毘羅五街道」と呼ばれた。金毘羅五街道はいずれも近代以降に県道、国道に指定されている。

現在、町域を通過している国道は、南北方向を結ぶ国道319号と、西讃地方に通じる国道377号の2本である。319号のうち北の善通寺市方面 - 琴平町を結ぶ区間は多度津街道、南の徳島県三好市方面 - 琴平町を結ぶ区間は阿波街道、377号は伊予・土佐街道をそれぞれ前身としている。かつて琴平街道は国道32号に指定されていたが、町内を通らない満濃バイパスの開通により町内区間は香川県道282号高松琴平線に変更されている。

高速道路は町内を通っていない。最寄のインターチェンジは北隣の善通寺市にある高松自動車道善通寺ICである。

一般国道[編集]

県道[編集]

町内を走る県道:

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

金刀比羅宮の高灯篭
旧金毘羅大芝居(正面)

ケーブルテレビ[編集]

  • 2011年(平成23年)4月1日 サービス開始
  • 経緯
    • 2010年(平成22年)3月4日 地域情報通信基盤整備推進交付金交付決定[2]
      事業費: 693,617,000円 交付金 : 231,205,000円
      全域にケーブルテレビ施設の整備を行い、デジタル放送サービス及び高速インターネット・サービスが利用できる環境を整備します。これにより、デジタル・ディバイドを解消し、地域間の情報格差の是正を図る。
    • 2010年(平成22年)6月発行 広報ことひら2010年6月号 ひかりファイバーを整備します(情報通信基盤整備事業)[3]
    • 2010年(平成22年)6月11日 光サービス住民説明会について[4]
      光ファイバを利用したサービス提供事業者がプロポーザルの結果、「中讃テレビ」に決定
    • 2010年(平成22年)7月12日 平成21年度(繰越)琴平町情報通信基盤整備事業光伝送路及びセンター設備等整備工事入札告示[5]
      四電エンジニアリング 5億7000万円で落札
    • 2010年(平成22年)11月発行 広報ことひら2010年11月号 光サービス地区別個別相談会[6]
    • 2016年(平成28年)8月26日 地域情報通信基盤整備推進交付金事業の事後評価を公表[7]
      CATV加入数 814、ブロードバンド加入数 1294(平成27年度末)

出身有名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]