ばつぐんジョッキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ばつぐんジョッキー
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 1968年11月4日 - 1986年10月3日
放送時間 放送時間を参照
放送局 CBCラジオ
パーソナリティ パーソナリティを参照
テンプレートを表示

ばつぐんジョッキーは、CBCラジオで放送されていたラジオ番組1968年11月4日放送開始、1986年10月3日放送終了。

概要[編集]

作家の藤本義一寺内大吉、放送作家のはかま満緒フォークグループ「モコ・ビーバー・オリーブ」で活躍した高橋基子(モコ)、野球解説者の板東英二、司会者の上岡龍太郎など多彩なパーソナリティーを擁し、1960 - 1970年代にかけて東海地方の平日昼の名物番組として、特に自動車で移動をする営業マンや、主婦層を中心に支持された。

とりわけ月曜日の板東英二担当日と木曜日の上岡龍太郎担当日は、両パーソナリティーが相互に対抗意識を持って番組に臨むケースが多かったため、人気が高かった。特に野球の話題となると、曜日を跨いでの激しい応酬合戦が毎週の様に繰り広げられていた(板東は中日ドラゴンズの元投手、上岡は阪神タイガースのファンという立場から「中日VS阪神」という構図で、応酬が繰り広げられていた)。 1974年には、中日ドラゴンズの好調ぶりを背景として、同番組の企画として、当時大学生であったシンガーソングライターの山本正之の作詞・作曲、月曜担当の板東による歌唱で、現在もドラゴンズの応援歌として、広く親しまれている「燃えよドラゴンズ!」を製作し、東海地区を中心に40万枚を超える好セールスを記録。

この人気に対し、ライバル局の東海ラジオ1978年10月改編で同時間帯に「ぶっつけワイド」を開始。当初は当番組の人気が高かった月曜・木曜に全国区のタレントを起用したがそれ以外の曜日を担当していた松原敬生蟹江篤子両アナウンサー(当時)のコンビが圧倒的に人気が高いことが判明し1982年4月から全曜日を通して松原・蟹江コンビに任せる形に移行。すると当番組の優位が一気に揺らぎ、以降は一転して「ぶっつけワイド」との厳しい聴取率合戦に晒されることとなった。

1984年には、上岡と共に10年以上に渡り、番組を盛り上げてきた板東や三笑亭夢楽が番組を降板。この頃から聴取率が低迷する様になった。 教育評論家の遠藤八郎や鉄道評論家の種村直樹など異色のパーソナリティーを新たに起用したり、放送時間を短縮し番組のスリム化を図るなどのテコ入れがなされたが功を奏せず、1986年秋に18年に及ぶ歴史に幕を閉じた。

放送時間[編集]

  • 1968年11月 - 1970年9月:毎週月曜日 - 土曜日 13:30 - 15:55(「土曜天国」スタートに伴い1970年秋をもって土曜日の放送は終了)
  • 1970年10月 - 1986年10月:毎週月曜日 - 金曜日 13:00 - 15:56(のちに放送終了時間が15:50→15:25→15:10と繰り上げ)

パーソナリティ[編集]

月曜日[編集]

火曜日[編集]

水曜日[編集]

木曜日[編集]

歴代パーソナリティーで唯一、全放送期間に出演。
オープニング口上
「女性の方でしたら小学生、中学生、高校生、浪人生、大学生、
お嫁入り前のお嬢さんは言うに及ばす、主婦の方から未亡人、
出戻り娘にご隠居さん、果ては嫁かず後家の皆さんにまで
声を聴いただけで四畳半のた打ち回って喜ばれている、
芸は一流、人気は二流、ギャラは三流、恵まれない天才、
阪神タイガースのオーナー、上岡龍太郎です。」

金曜日[編集]

土曜日[編集]

  • (不詳)

アシスタント[編集]

ほか

主な番組内コーナー[編集]

13時台

  • ゼロへのイロハ
  • ばつぐんアラカルト
  • ばつぐん民謡塾
  • ばつぐんアタック・もう一つ上を行こう
  • さわやかタウン
  • バックミラー人生

14時台

  • ばつぐんバラエティ
  • ばつぐんハッピートゥデー
  • MCコーナー
  • ばつぐんホットライン
  • ばつぐんアンケート
  • ばつぐんレポート
  • おでかけマイク
  • ばつぐん物価情報

15時台

  • 茶の間の新聞
  • ばつぐんハッピートーク
  • ミュージックプラスワン

オープニングテーマ曲[編集]

  • Al Hirt 「Six Long Days (Sechs Tage lang) 」

関連項目[編集]