ダイヤモンド地区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ダイヤモンド地区の高層ビル群

ダイヤモンド地区(ダイヤモンドちく)は、大阪府大阪市北区梅田一丁目の通称。

概要[編集]

大阪駅前の南、阪神梅田駅(地下駅)のすぐ南に位置し、高層ビルや大型建造物が立ち並んでいる。

四つ橋筋(大阪市道南北線)・御堂筋国道176号)・曽根崎通国道2号)に囲まれた五角形の区画がダイヤモンドに似ていることと、大阪で一番地価が高かったことからダイヤモンド地区と呼ばれるようになった。

大阪市電各線の敷設によって明治末期には五角形の区画が完成し、木造の低層建築が密集するようになった。北半は戦前から区画整理が始まり、1940年には阪神百貨店1953年には当時日本一の高層建築(12階建て)であった第一生命ビルが竣工している。それ以外の箇所や区画整理も手付かずだった南半では、戦後の闇市に起因する不法占拠が長期に及んでしまい、再開発は1980年代までかかった。

中小の雑居ビル等は存在せず、ビル同士は道路下の地下街ディアモール大阪ホワイティうめだ堂島地下センター)で結ばれており自由に移動できる。なお、ダイヤモンド地区の真下に展開する地下街がディアモール大阪である。

主な施設[編集]

交通[編集]

四方を囲む地下駅。

北側に隣接する駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 梅田1丁目1番地計画について(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)”. 阪急阪神ホールディングス株式会社 (2013年3月27日). 2015年1月23日閲覧。

関連項目[編集]