大阪府立国際会議場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大阪府立国際会議場(大阪国際会議場・グランキューブ大阪)
OICC Osaka International Conference Centre 20080712.jpg
情報
用途 国際会議、学会、展示会、式典、講習会、コンサート
設計者 黒川・イプスタイン・アラップ共同企業体
施工 竹中大林フジタ銭高松村シャール西武大鉄大末今西JV
建築主 大阪府庁
事業主体 大阪府庁
管理運営 株式会社大阪国際会議場
構造形式 鉄骨造(地下 鉄骨鉄筋コンクリート造)
敷地面積 10,146 m²
延床面積 67,545 m²
階数 地上13階、地下3階
高さ 104m
着工 1996年11月
竣工 1999年12月24日
開館開所 2000年4月1日
所在地 530-0005
大阪府大阪市北区中之島五丁目3番51号
テンプレートを表示
大阪府立国際会議場と堂島大橋
株式会社大阪国際会議場
The Osaka International Convention Center Corp.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
530-0005
大阪府大阪市北区中之島五丁目3番51号
設立 1958年(昭和33年)8月9日
(株式会社大阪国際貿易センター)
業種 サービス業
事業内容 大阪府立国際会議場の管理運営(指定管理者
代表者 福島伸一(代表取締役社長)
資本金 6億円
売上高 16億5,828万3千円(2008年3月期)
総資産 41億3,288万2千円
(2008年3月31日現在)
従業員数 27人(2008年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 大阪府 50.00%
(株)三菱東京UFJ銀行 2.83%
(株)三井住友銀行 2.34%
(2008年3月31日現在)
外部リンク www.gco.co.jp
テンプレートを表示

大阪府立国際会議場(おおさかふりつこくさいかいぎじょう、Osaka International Convention Center)は、大阪府大阪市北区中之島にある大阪府立の国際会議場である。愛称はグランキューブ大阪大阪国際会議場は通称。府と大阪財界が出資して設立した株式会社大阪国際会議場指定管理者となっている。

概要[編集]

地上13階、地下3階の鉄骨造、建物の高さは104.51mである。設計は黒川紀章による。メインホールは最大2,754人の収容が可能でその他会議室やイベントホールが設けられている。なお、隣のリーガロイヤルホテルとは1階の連絡通路で繋がっており、機能補完が可能である。

2000年に日本で開催されるG8サミット(主要国首脳会議)誘致のため大阪国際貿易センターの跡地に大阪府が建設し、2000年4月に開業した。結果的にサミットは沖縄県他(九州・沖縄サミット)で開催される事になったが、2001年に世界観光機関(WTO)総会、2002年の世界水フォーラム、2004年の国際ロータリー大会、2008年6月のサミット財務相会議などの国際会議の会場となった。他にもコンサート、展示会などが開かれている。

メインホールでは、各種コンサートやコンクールが開催される事があるが、会議場の設計のため音を吸収する構造になっており、吹奏楽・管弦楽などの生音のコンサートやコンクールには不向きである。全日本吹奏楽コンクール大学・職場・一般の部が2度開催されたおりには論議を呼んだ。全国高等学校野球選手権大会の組み合わせ抽選会(第91回第93回)の会場としても使われた(それまで使用していたフェスティバルホールが改修に入っていたため。ただし第92回兵庫県立芸術文化センターで開催)。

稼働率は高く、他の自治体からの視察も多い。

交通機関[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

エピソード[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度41分22秒 東経135度29分10秒 / 北緯34.6894度 東経135.486度 / 34.6894; 135.486