明治安田生命大阪梅田ビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
明治安田生命大阪梅田ビル
Meiji Yasuda Osaka Umeda Bldg
Meiji Yasuda Life Osaka Umeda Building Osaka Japan01-r.jpg
2015年撮影
施設情報
所在地 〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田3-3-20
座標 北緯34度41分55.3秒
東経135度29分29.7秒
状態 完成
着工 1997年平成9年)9月
竣工 2000年平成12年)6月
用途 事務所店舗駐車場
地上高
最頂部 154.80m
各種諸元
階数 地上30階地下3階 塔屋2階
敷地面積 5,999.33
建築面積 1,946.99 建蔽率32%)
延床面積 54,279.65 容積率905%)
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
エレベーター数 15基
駐車台数 190台
関連企業
設計 日建設計レールシティ西開発[1]
施工 大成建設西松建設前田建設工業フジタ五洋建設東亜建設工業大木建設鴻池組森本組JV
デベロッパー レールシティ西開発
所有者 明治安田生命保険
日本プライムリアルティ投資法人

明治安田生命大阪梅田ビル(めいじやすだせいめいおおさかうめだビル)は、大阪市北区梅田オオサカガーデンシティにある超高層ビル。オフィスやレストランがテナントとして入っている。2000年6月に安田生命大阪ビルとして竣工し、明治安田生命保険の発足に伴って2004年1月に現名称に変更した[2]

概要[編集]

国鉄南コンテナヤードの跡地の西梅田再開発地に建設され、オオサカガーデンシティを構成する。2001年に第12回大阪施設緑化賞(みどりの景観賞)特別賞を隣接する梅田ダイビルとともに受賞した[3]

竣工当初は安田生命保険の西日本本部があったが、現在はNTTデータ関西本社、椿本興業本社などがテナントとして入居している。

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国鉄清算事業団が旧国鉄用地の一部を再開発・売却するために立ち上げた子会社である。
  2. ^ 運用不動産等の名称変更に関するお知らせ 日本プライムリアルティ投資法人 ニュースリリース 2004年1月7日
  3. ^ 第12回みどりの景観賞 奨励賞 安田生命大阪ビル・梅田ダイビル 大阪府

外部リンク[編集]