22年目の告白 -私が殺人犯です-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
22年目の告白 -私が殺人犯です-
監督 入江悠
脚本 平田研也
入江悠
原案 殺人の告白韓国語版』より
製作 北島直明
小出真佐樹
製作総指揮 門屋大輔
安藤親広
出演者 藤原竜也
伊藤英明
夏帆
野村周平
石橋杏奈
竜星涼
早乙女太一
平田満
岩松了
岩城滉一
仲村トオル
音楽 横山克
主題歌 感覚ピエロ「疑問疑答」[1]
撮影 今井孝博J.S.C.
編集 辻田恵美
制作会社 ROBOT
製作会社 映画「22年目の告白 -私が殺人犯です-」製作委員会
配給 日本の旗 ワーナー・ブラザース映画
公開 日本の旗 2017年6月10日[2]
上映時間 116分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 24.1億円[3]
テンプレートを表示

22年目の告白 -私が殺人犯です-』(にじゅうにねんめのこくはく わたしがさつじんはんです)は、2017年6月10日公開の日本映画

2012年韓国映画殺人の告白韓国語版』をリメイクしたスリラー映画[4]

アクション・サスペンス調であった韓国版に対し、本作では社会派サスペンスとしての側面が強調されている。また、2010年以降の日本では殺人への公訴時効が撤廃されているため、その事もストーリーの要素として組み込まれている。

あらすじ[編集]

1995年、東京で起きた5件の連続絞殺事件。警察の捜査もむなしく時効を迎え、迷宮入り事件となる。それから22年、派手なパフォーマンスとともに堂々と自分が犯人だと名乗り出た男が現れた。男の名前は曾根崎雅人。彼の書いた告白手記はベストセラーとなり、一躍時の人となった曾根崎の行動は日本中を翻弄する。

キャスト[編集]

曾根崎雅人〈44〉
演 - 藤原竜也
年齢に似つかわない容姿端麗の謎の男性。22年前に起きた東京連続絞殺事件の犯人を名乗り、事件にまつわる告白本を発表する。
牧村航〈45〉
演 - 伊藤英明
連続絞殺事件の担当刑事の一人。犯人をあと一歩のところで取り逃がした過去を持ち、その際に顔に負った傷が現在も残る。
ノベライズ版では読書家の一面も見られる。
岸美晴〈27〉
演 - 夏帆
二件目の事件の遺族であり目撃者。書店員。
牧村とは事件以来からの顔馴染みで、ノベライズ版では過去に牧村の影響から本好きになるきっかけとなるなど、その関係性が強調されている。
小野寺拓巳〈22〉
演 - 野村周平
牧村里香の婚約者。
牧村里香〈20〉
演 - 石橋杏奈
牧村航の妹。22年前は関西で看護婦をしていたが、阪神・淡路大震災で居住先を失ったことがきっかけで拓巳と共に牧村の住むアパートに引っ越してきた。しかし間もなくして、連続絞殺事件直後に行方不明になる。
春日部信司〈28〉
演 - 竜星涼
牧村航の後輩刑事。
川北未南子〈30〉
演 - 松本まりか
『私が殺人犯です』編集者・兼曾根崎のマネージャー。
ノベライズ版では主人公格の一人として扱われる。
若松義生〈57〉
演 - 矢島健一
所轄組織犯罪対策課 課長。
戸田丈〈26〉
演 - 早乙女太一
橘組の構成員。連続絞殺事件の遺族の一人。
滝幸宏〈享年45〉
演 - 平田満
22年前の牧村航の上司の刑事。連続絞殺事件最後の被害者。
山縣明寛〈60〉
演 - 岩松了
四件目の事件の目撃者。共立中央病院の院長。
橘大祐〈64〉
演 - 岩城滉一
三件目の事件の目撃者。橘組の組長。
仙堂俊雄〈50〉
演 - 仲村トオル
「NEWS EYES」のキャスター。事件の真相を追求する。

スタッフ[編集]

ノベライズ版[編集]

本作の公開に先駆け、2017年4月14日に講談社よりノベライズ版が発売された。著者は浜口倫太郎。映画版では脇役扱いであった書籍編集者の川北未南子と牧村を主観とした内容であり、それに伴い川北の登場シーンも映画版よりも大幅に追加されているなど一部のシーンに差違が見受けられるほか、ノベライズ版オリジナルのエピソードが追加されている。ただし基本的なストーリーは映画版に準拠した内容となっている。

受賞[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]