美女と野獣 (2017年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
美女と野獣
Beauty and the Beast
Beauty and the beast.png
監督 ビル・コンドン
脚本 スティーヴン・チョボスキー英語版
エヴァン・スピリオトポウロス
製作 デヴィッド・ホバーマン英語版
トッド・リーバーマン英語版
製作総指揮 ジェフリー・シルヴァー
トーマス・シューマカー
ドン・ハーン
出演者 エマ・ワトソン
ダン・スティーヴンス
ルーク・エヴァンス
ケヴィン・クライン
ジョシュ・ギャッド
ユアン・マクレガー
スタンリー・トゥッチ
オードラ・マクドナルド
ググ・バサ=ロー
イアン・マッケラン
エマ・トンプソン
音楽 アラン・メンケン
主題歌 アリアナ・グランデ
ジョン・レジェンド
美女と野獣
撮影 トビアス・シュリッスラー
編集 ヴァージニア・カッツ
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
マンデヴィル・フィルムズ英語版
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年3月17日
日本の旗 2017年4月21日
上映時間 129分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $160,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $1,241,404,065[2]
アメリカ合衆国の旗 $502,332,938[2]
日本の旗 124.0億円[3]
テンプレートを表示

美女と野獣』(びじょとやじゅう、原題: Beauty and the Beast)は、2017年に製作されたアメリカ合衆国の映画フランス民話美女と野獣』に基づき1991年に制作されたディズニーの長編アニメーション映画作品『美女と野獣』の実写リメイク作品である[4]

ディズニーアニメの実写化作品としては初めて、ディズニー自らが制作や配給を担った。

あらすじ[編集]

ロココ時代のフランス。傲慢な王子が主催する舞踏会に一人の乞食が現れて「嵐で道に迷ったので、一晩泊めて欲しい」と頼み込み、一輪の薔薇を差し出す。王子は乞食の醜さを嘲笑い申し出を拒否したため、乞食は魔女の正体を表し、王子と家来たちに呪いをかける。王子は醜い野獣に姿を変えられ、家来たちは家具に姿を変えられた。魔女は王子に対し、「薔薇の花びらが全て落ちるまでに、愛し愛されることを学ばなければ、呪いは永遠に解けない」と告げ城を後にし、人々から王子たちの記憶を消し去ってしまう。

数年後、城の近くにあるヴィルヌーブ村では、父モーリスと共に暮らすベルという女性がいた。彼女は物語を読みふけり冒険を夢見る教養ある女性だったが、村の人々は彼女の教養を理解せず奇異の目で見ていた。そんなベルに一目惚れした村の英雄・ガストンは男らしさを見せつけて求婚するが、彼の下品さや乱暴さを嫌っている彼女は求婚を断る。ガストンは物乞いのアガットを指差して「未婚のまま父親が死んだら、生活する術がなくなり物乞いになるしかなくなるぞ」と語りかけるが、ベルはそのまま彼を追い返してしまう。翌朝、モーリスはオルゴールを売りにパリに出かけるが、森の中で道に迷ってしまう。狼に追われたモーリスは森の中を逃げ回り、城に辿り着き一休みするが、喋るティーカップ(チップ)を見て驚き城を飛び出す。その際ベルから薔薇を土産に頼まれていたことを思い出したモーリスは、庭にある一輪の薔薇を取ったところを城の主・野獣に見つかってしまい、彼に捕らえられ監禁されてしまう。モーリスの愛馬フィリップが彼を乗せずに戻って来たのを見たベルは、父の身に何かあったと感じ、フィリップに乗り村を飛び出す。城に辿り着いたベルは牢獄に捕らえられているモーリスと再会するが、父は城から逃げるようにベルに告げる。そこに野獣が現れ、モーリスが薔薇を盗んだ罪で終身刑になったことを告げる。ベルは身代わりに城に残る決意をし、モーリスの代わりに牢獄に入った。

野獣の家来ルミエールは、ベルが呪いを解くための女性だと考え、コグスワースが引き留めるのを無視して彼女を牢獄から出して一室を与える。ルミエールたちはベルを晩餐会に誘うように野獣に提案し、野獣はその通りにするが、彼女が断ったため怒り出してしまう。その夜、ルミエールたちはベルのために豪華な晩餐会を開き彼女と交流するが、晩餐会が終わった後、ベルは立ち入りを禁じられていた西の塔に入ってしまう。ベルは野獣の居室で薔薇を見付け手を出そうとするが、野獣に見付かり追い出される。野獣の乱暴な振る舞いに耐え切れなくなったベルはフィリップに乗り城を飛び出すが、途中で狼に見付かり襲われる。そこにベルを追いかけてきた野獣が現れ狼を追い払うが、野獣は狼に噛まれて負傷する。傷ついた野獣を見かねたベルは家に帰るのをやめ、彼を連れて城に戻り手当てを行う。その際にポット夫人から「ご主人様は心優しい人だったが、母親の死後、厳格な父親に育てられて傲慢になってしまった」と野獣の生い立ちを聞かされ心を痛める。実はベルもまた幼い頃に母親を亡くしており、モーリスから詳しい事を聞き出そうとしても毎回言葉を濁されてしまい、もどかしく思っていたのだった。ベルは野獣の怪我が治った後も城に留まり、野獣と交流する。野獣は魔女から贈られた魔法の本をベルに見せ、魔法の力で彼女と共にパリの街に旅立つ。二人はパリの街にある小さな家に到着するが、そこはヴィルヌーブ村に移住する前にモーリスが住んでいた場所だった。部屋には医者がペスト治療を行う際に着けるマスクが置かれており、ベルは母親が生まれたばかりの自分を守るためにパリに残り死んだことを知る。互いの生い立ちを知った二人は、次第に慕い合うようになっていく。

一方、ヴィルヌーブ村に戻ったモーリスは、「ベルを助けるために野獣の城に来て欲しい」と人々に訴えるが、誰も彼の話を信じようとはしなかった。しかし、ベルとの結婚を認めさせる機会と考えたガストンは相棒のル・フウを連れてモーリスと共に城に向かうが、城への入り口が見付からずに右往左往するモーリスに対して怒りをぶつけてしまう。慌てて詫びるガストンだったが、モーリスはベルから聞かされていた以上に彼の野蛮で傍若無人な態度に怒り「娘との結婚は絶対に認めない」と言い放つ。逆上したガストンはモーリスを殴り倒し、森の中に放置して狼に襲わせようとする。ガストンとル・フウが立ち去った後、モーリスはアガットに助け出され村に戻り、自分を置き去りにしたガストンを責め立てる。しかし、ガストンは村の人々に対して「物乞いの証言など当てにならない」と反論し、モーリスを異常者扱いして精神病院に隔離しようとする。

ベルは野獣とのダンスを楽しみ、野獣はルミエールたちに後押しされて彼女に愛を告げようとするが、彼女が父親の身を案じていることを知り、魔法の鏡を使い村の様子を見せる。そこには精神病院に送られようとしているモーリスが映っており、野獣は鏡を持たせてベルを送り出す。野獣はルミエールたちにベルを自由にしたことを伝え、呆然とする彼らに別れを告げる。村に戻ったベルは、鏡を取り出して野獣の姿を見せ、父が異常者ではないことを証明する。ベルが、村の人々に野獣が心優しい存在だと語りかける姿を見たガストンは、彼女が野獣を愛していることを知って嫉妬し、村の人々を扇動して野獣の城を襲おうとする。モーリスと共に馬車に捕らえられたベルだったが、野獣を助けるために協力して逃げ出し、フィリップに乗って城へと向かう。

ルミエールたちは家財道具の振りをして油断させ、村の人々を相手に戦い城から追い出すことに成功するが、西の塔に入り込んだガストンは生きる希望を失い意気消沈する野獣に襲いかかる。ガストンに抵抗する気力すら無くしていた野獣は殺されそうになるが、駆け付けたベルを見て気力を取り戻し、ガストンを打ち倒す。しかし薔薇の花びらが残り一つだけとなり城が崩壊を始めたため、ベルを助けようと塔から飛び移った際に背後からガストンに銃撃され重傷を負ってしまう。ガストンはとどめを刺そうとするが、足場が崩落して転落死する。ベルは野獣を助けようとするものの、彼はもはや手遅れであり、ベルへの愛情の言葉を残して息絶えてしまった。そして野獣の死と同時に薔薇の花びらが全て落ちてしまい、ルミエールたちも人格を失いただの家具になってしまう。野獣の遺体を前にベルは愛を告げるが、そこにアガットが現れて魔女の正体を表し、愛し愛されることを知った野獣の呪いを解く。すると野獣やルミエールたちは生き返って元の姿に戻り、人々も失っていた王子の記憶を取り戻す。元に戻った王子は人々を招待して舞踏会を開催し、ベルと愛を確かめ合いながらダンスを踊るのであった。

キャスト[編集]

ベル
演 - エマ・ワトソン、日本語吹替 - 昆夏美[5]
読書と空想好きな父親思いの美しい女性だが、村人には変わり者と思われている。
野獣
演 - ダン・スティーヴンス、日本語吹替 - 山崎育三郎[5]
魔女に呪いをかけられ醜い姿に変えられた王子。
ガストン
演 - ルーク・エヴァンス、日本語吹替 - 吉原光夫[5]
ベルに求婚する村の英雄。本作では戦争から戻ってきた元軍人と設定されている。
モーリス
演 - ケヴィン・クライン、日本語吹替 - 村井國夫[5]
ベルの父。本作では元絵描きのオルゴール職人と設定されている。
ル・フウ
演 - ジョシュ・ギャッド、日本語吹替 - 藤井隆[5]
ガストンの相棒。
ルミエール(燭台)
演 - ユアン・マクレガー、日本語吹替 - 成河[5]
給仕頭。本作では人型の燭台となっており、頭も蝋燭ではなく本体側にある。
コグスワース(時計)
演 - イアン・マッケラン、日本語吹替 - 小倉久寛[5]
執事。本作ではアニメ版よりも複雑なデザインになっている。本名はヘンリー
ポット夫人(ティーポット)
演 - エマ・トンプソン、日本語吹替 - 岩崎宏美[5]
メイド頭。アニメ版と異なり本作では顔が側面にある。
チップ(ティーカップ)
演 - ネイサン・マック英語版、日本語吹替 - 池田優斗[5]
ポット夫人の息子。
マダム・ド・ガルドローブ(箪笥
演 - オードラ・マクドナルド、日本語吹替 - 濱田めぐみ[5]
衣装係。アニメ版ではワードローブ、ミュージカル版ではマダム・デ・ラ・グランデ・ブーシェという名前だったが本作では名前が変更されており、デザインも大きく異なる。尚、マダム・ド・ガルドローブには口の大きな女支配人という意味がある。
マエストロ・カデンツァ(チェンバロ
演 - スタンリー・トゥッチ、日本語吹替 - 松澤重雄[5]
宮廷音楽家。アニメ版には登場しない本作オリジナルキャラクター。マダム・ド・ガルドローブとは恋仲。
プリュメット(はたき
演 - ググ・バサ=ロー、日本語吹替 - 島田歌穂[5]
メイド。アニメ版ではフェザーダスター、ミュージカル版ではバベットという名前だったが本作では名前が変更されており、姿も鳥型のはたきに変更された。
アガット
演 - ハティ・モラハン英語版、日本語吹替 - 戸田恵子[5]
村の物乞いとして登場するが、実は王子を野獣の姿に変えた魔女である。本作では冒頭の語りも担当している。住居スペースは森にある倒木。
ジャン
演 - ジェラード・ホラン英語版、日本語吹替 - 安崎求[5]
物をしばしば紛失する村の陶芸家。実はポット夫人の夫であり、チップの父親である。
クロチルド
演 - ヘイドン・グワイン英語版、日本語吹替 - RICO[5]
村に住む女。実はコグスワースの妻。
ダルク
演 - エイドリアン・シラー英語版、日本語吹替 - 福沢良一[5]
自分が管理する精神障害者向けの施設にモーリスを入所させようとする。
ペール・ロベール
演 - レイ・フィアロン英語版、日本語吹替 - 田中美央[5]
村のチャプレンチャペルの図書館に所蔵されている本をベルに貸す。
シャポー(コート掛け)
演 - トーマス・パッデン、日本語吹替 - 広田勇二[5]
ベルの母
演 - ゾーイ・レイニー、日本語吹替 - 大地葉[5]
スタンリー
演 - アレクシス・ロワゾン、日本語吹替 - 根本泰彦[5]
ガストンの子分の一人。マダム・ド・ガルドローブからの攻撃によって女装させられる。

製作[編集]

企画[編集]

ディズニーは1994年に上演されたミュージカル版美女と野獣の映画化を企画していた[6][7]が、アラン・メンケンは2011年のインタビューで映画化が「缶詰状態」と述べていた[8]。その後、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズは『アリス・イン・ワンダーランド』『マレフィセント』『シンデレラ』『ジャングル・ブック』などの実写化作品を発表し、『美女と野獣』のリメイク版の製作を進めた[9]。2014年6月にビル・コンドンが監督に起用され[10]、9月下旬にはスティーヴン・チョボスキー英語版エヴァン・スピリオトポウロスの脚本を修正するために起用された[11]

2015年1月にエマ・ワトソンが、主演のベル役に起用されたことが発表された[12]。ワトソンの起用はアラン・ホルンの指名であり、彼女が出演したハリー・ポッターシリーズを手がけていた[13]。同年3月にはダン・スティーヴンスルーク・エヴァンスの起用が発表された[14][15]。1994年のミュージカル版でベル役を演じたスーザン・イーガン英語版は、ワトソンの起用に対して「完璧」とコメントしている[16]。また、アニメ版でベル役を演じたペイジ・オハラは、自身がワトソンに歌のレッスンを行うことを提案した[17]

2015年5月18日にイングランドサリーにあるシェパートン・スタジオ英語版主要撮影が開始された[18][19]。撮影は8月21日まで行われ、6日後に共同プロデューサーのジャック・モリッシーがクランクアップを報告した[20][21][22]

音楽[編集]

1991年のアニメ版の音楽はファンから高い評価を得ており、ビル・コンドンが監督を引き受けたのも、この音楽に魅力を感じていたためと語っている。コンドンは「アニメ版は、当時のディズニー作品の中では現代的でダークな内容だった。そのビジョンを取り入れて、他の要素が作用するように根本的に改革する必要があった」と述べている[23]

コンドンはアニメ版のオリジナルだけを採用する予定だったが、後にメンケン、ハワード・アッシュマンティム・ライスの手掛けたミュージカル版の音楽も映画に取り入れ、「ストレートかつ実写的で大規模なミュージカル映画」にすることに決めた[24]。彼らはオリジナル版の楽曲の他に新たに作詞・作曲した楽曲を取り入れた[25]。メンケンはミュージカル版の楽曲は使用せず、新たに「アリア(Aria)」「時は永遠に(How Does a Moment Last Forever)」「デイズ・イン・ザ・サン〜日差しをあびて〜(Days in the Sun)」「ひそかな夢(Evermore)」の4曲を映画のために作曲した[26]。しかし、ミュージカル版で使用された「Home」という楽曲のインストゥルメンタルだけは、ベルが城に入る場面で使用されている[27]

エンドクレジットで流れる主題歌にはアニメ映画版の主題歌「美女と野獣(Beauty and the Beast)」が使用され、アリアナ・グランデジョン・レジェンドが歌っている[28][29][30][31]。アニメ映画版で主題歌を歌ったセリーヌ・ディオンはエンドソングとして本作オリジナルの挿入歌「時は永遠に(How Does a Moment Last Forever)」を歌っている[32]が、彼女は夫のレネ・アンジェリル英語版と死別した直後だったため、参加を迷っていたという。ディオンは「1991年の『美女と野獣』への参加は、マネージャーだった夫が決めました。今、私は自分の意志でこの作品への参加を決めましたが、それは難しい決断でした。私はすぐに「イエス」と言うことが出来ずにいました」と語っている。また、ジョシュ・グローバンが2017年1月26日に「ひそかな夢英語版」を担当することが発表された[33][34][35][36]

挿入歌[編集]

タイトル 歌唱キャラクター
アリア
Aria
マダム・ド・ガルドローブ
朝の風景
Belle
ベル
時は永遠に (ミュージックボックス・バージョン)
How Does a Moment Last Forever (Music Box)
モーリス
朝の風景 (リプライズ)
Belle (Reprise)
ベル、ガストン、アンサンブル
強いぞ、ガストン
Gaston
ガストン、ル・フウ、アンサンブル
ひとりぼっちの晩餐会
Be Our Guest
ルミエール、コグスワース、ポット夫人、プリュメット
デイズ・イン・ザ・サン〜日差しをあびて〜
Days in the Sun
少年時代の王子、マエストロ・カデンツァ、ルミエール、プリュメット、ポット夫人、マダム・ド・ガルドローブ、ベル、コグスワース、シェフ・ブーシュ
愛の芽生え
Something There
ベル、野獣、ポット夫人、チップ、コグスワース、ルミエール、プリュメット
時は永遠に (モンマルトル・バージョン)
How Does a Moment Last Forever (Montmartre)
ベル
美女と野獣
Beauty and the Beast
ポット夫人
ひそかな夢
Evermore
野獣
夜襲の歌
The Mob Song
ガストン、ル・フウ、アンサンブル、ポット夫人、コグスワース、マエストロ・カデンツァ、チップ、プリュメット、ルミエール、ジャン、クロチルド
美女と野獣〜フィナーレ〜
Beauty and the Beast (Finale)
マダム・ド・ガルドローブ、ポット夫人、アンサンブル

興行収入[編集]

日本[編集]

2017年4月21日に全国773スクリーンで封切られ、初日2日間で動員数72万9114人、興行収入10億6536万2800円を記録し、週末映画ランキングでは初登場1位となった[37]。これは、『アナと雪の女王』を上回る記録である。その後、ランキングで公開以来7週連続首位となり、興行収入は公開42日目で100億円を突破し、さらにIMAXの上映も6月17日より2週間限定で全国27の劇場で上映されることが決定した[38]。最終的な興行収入は124億円となり、2017年の映画興行成績で第1位となった[39]他、これまでに日本国内で公開されたミュージカル映画で歴代1位となるヒットを記録している[40]

『美女と野獣』動員・興収の推移
動員
(万人)
興収
(億円)
備考
週末 累計 週末 累計
1週目の週末 (2017年4月22日・23日)[41] 1位 72.9 95.1 10.7 13.8
2週目の週末 (4月29日・30日)[42] 68.4 248.1 11.2 36.5
3週目の週末 (5月6日・7日)[43] 62.9 473.1 8.9 67.0
4週目の週末 (5月13日・14日)[44] 42.0 564.9 5.8 79.4
5週目の週末 (5月20日・21日)[45] 30.7 637.4 4.3 89.2
6週目の週末 (5月27日・28日)[46] 24.3 692.8 3.5 96.8
7週目の週末 (6月3日・4日)[47] 21.6 745.7 3.1 103.8
8週目の週末 (6月10日・11日)[48] 3位 20.5 2.9 109.6
9週目の週末 (6月17日・18日)[49] 2位 15.3 2.2 114.2 週末動員は『22年目の告白 -私が殺人犯です-』が1位。
10週目の週末 (6月24日・25日)[50] 14.4 2.1 118.1
11週目の週末 (7月1日・2日)[51] 5位 8.8 872.2 1.1 120.8
12週目の週末 (7月8日・9日)[52] 9位 122.0
最終 124.0

受賞・ノミネート[編集]

カテゴリ 対象 結果 出典
MTVムービー・アワード 作品賞 美女と野獣 受賞 [53]
演技賞 エマ・ワトソン 受賞
ベストキス賞英語版 エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス ノミネート
ベストデュオ賞英語版 ジョシュ・ギャッドルーク・エヴァンス ノミネート

論争[編集]

本作には同性愛者のキャラクターとしてル・フウが登場する[54]ことから物議を醸している。

ロシアでは同性愛蔑視の発言を続けてきた下院議員ビタリー・ミロノフが「(ロシアで2013年に禁止された)同性愛の宣伝に当たる」と非難し、文化相ウラジーミル・メジンスキーに上映禁止を要求した[55][56]。2017年3月7日ロシア文化省報道官は本作を16歳以上の年齢制限付きで公開すると発表した[57]

アメリカ合衆国でもアラバマ州ヘナガーにある映画館が、同性愛の内容が含まれるという理由で本作を上映しないとFacebookで表明した[58][59]

マレーシアでは同性愛を描いたシーンを検閲当局がカットしたことが明らかとなった。このためディズニーは、2017年3月14日、マレーシアでの本作の公開を無期限で見送ると発表した[60][61]。のちに、13歳未満が鑑賞する場合には保護者の同意を必要とする「P13」作品に指定した上で、カットや修正を行わずオリジナルのまま公開することが決まった[62]

テレビ放送[編集]

放送年月日 放送時間(JST 放送局 放送枠 視聴率 備考
1 2019年6月7日[63] 21:00 - 23:29[63] 日本テレビ[63] 金曜ロードSHOW![63] 15.6%[64][65] 地上波初放送(本編ノーカット)
番組アンバサダー:吉田沙保里

BS放送であるディズニー・チャンネルでは、2021年7月17日に同チャンネル初放送として放映される[66]

出典[編集]

  1. ^ BEAUTY AND THE BEAST (PG)”. 全英映像等級審査機構 (2017年2月16日). 2017年4月21日閲覧。
  2. ^ a b c Beauty and the Beast (2017)” (英語). Box Office Mojo. 2017年6月8日閲覧。
  3. ^ 2017年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  4. ^ “ディズニー「美女と野獣」実写版は2017年4月公開、ビジュアル解禁”. 映画ナタリー. (2016年10月18日). http://natalie.mu/eiga/news/205661 2016年10月18日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 美女と野獣”. ふきカエル大作戦!! (2017年4月21日). 2017年4月21日閲覧。
  6. ^ Marmiroli, Adriana (2009年6月5日). “Alan Menken Adesso musicalanche in Italia” [Alan Menken musicals now in Itaty] (Italian). La Stampa. 2015年5月21日閲覧。
  7. ^ Hill, Jim (2009年7月1日). “Hollywood bets big on 'Beast,' considers remake of 'My Fair Lady'”. Jim Hill Media. 2015年5月21日閲覧。
  8. ^ Brew, Simon (2011年1月11日). “Alan Menken interview: Tangled, movie scores, musicals, Enchanted 2, Snow Queen and more”. Den of Geek. 2011年1月22日閲覧。
  9. ^ Chitwood, Adam (2014年4月11日). “Rumor: Could Bill Condon Direct Disney's Live-Action BEAUTY AND THE BEAST?”. Collider.com. http://collider.com/beauty-and-the-beast-bill-condon/ 2015年5月20日閲覧。 
  10. ^ Kroll, Justin (2014年6月4日). “Bill Condon to Direct Live-Action 'Beauty and the Beast' Film for Disney”. Variety. http://variety.com/2014/film/news/bill-condon-beauty-and-the-beast-disney-1201151834/ 2015年1月27日閲覧。 
  11. ^ Sperling, Nicole (2014年9月29日). “'Perks of Being a Wallflower' author will adapt 'Beauty and the Beast'”. Entertainment Weekly. 2014年9月30日閲覧。
  12. ^ Hayden, Erik (2015年1月26日). “Emma Watson Cast in Disney's Live-Action 'Beauty and the Beast'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/emma-watson-cast-disneys-live-767095 2015年1月27日閲覧。 
  13. ^ Fleming, Jr., Mike (2017年3月21日). “Sean Bailey On How Disney's Live-Action Division Found Its 'Beauty And The Beast' Mojo”. Deadline.com (Los Angeles: Penske Business Media). http://deadline.com/2017/03/beauty-and-the-beast-sean-bailey-disney-emma-watson-1202047710/ 2017年4月3日閲覧。 
  14. ^ Kroll, Justin (2015年3月4日). “Luke Evans to Play Gaston in Disney's 'Beauty and the Beast' (EXCLUSIVE)”. Variety. http://variety.com/2015/film/news/luke-evans-to-play-gaston-in-disneys-beauty-and-the-beast-1201446186/ 2015年3月9日閲覧。 
  15. ^ Kit, Borys (2015年3月4日). “Disney's 'Beauty and the Beast' Casting Dan Stevens as the Beast (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/disneys-beauty-beast-casts-dan-779323 2015年3月9日閲覧。 
  16. ^ Original Broadway 'Belle' Susan Egan Comments on Emma Watson in BEAUTY AND THE BEAST”. Broadway World (2015年1月26日). 2015年8月11日閲覧。
  17. ^ Paige O'Hara wants to teach Emma Watson”. Emma Watson Updates (2015年2月4日). 2015年8月11日閲覧。
  18. ^ Foutch, Haleigh (2015年3月7日). “Todd Lieberman Offers Updates on Allegiant and Disney's Beauty and the Beast”. Collider.com. http://collider.com/allegiant-movie-ending-beauty-and-the-beast-todd-lieberman/ 2015年5月19日閲覧。 
  19. ^ “On the Set for 5/18/15: Emma Watson Starts 'Beauty and the Beast', Oliver Stone Wraps 'Snowden', Melissa Mccarthy Finishes 'Michelle Darnell' & More”. SSN Insider. (2015年5月18日). http://www.ssninsider.com/on-the-set-for-51815-emma-watson-starts-beauty-and-the-beast-oliver-stone-wraps-snowden-melissa-mccarthy-finishes-michelle-darnell-more/ 2015年5月18日閲覧。 
  20. ^ Trumbore, Dave (2015年8月23日). “Emma Watson Wraps 'Beauty and the Beast' on 'Harry Potter' Anniversary”. Collider.com. http://collider.com/emma-watson-wraps-beauty-and-the-beast-on-harry-potter-anniversary/ 2015年8月23日閲覧。 
  21. ^ “Twitter Watch: Emma Watson & Luke Evans Wrap Filming on BEAUTY AND THE BEAST”. Broadway World. (2015年8月24日). http://www.broadwayworld.com/article/Twitter-Watch-Emma-Watson-Luke-Evans-Wrap-Filming-on-BEAUTY-AND-THE-BEAST-20150824 2015年8月27日閲覧。 
  22. ^ “Disney's Live Action BEAUTY AND THE BEAST Officially Wraps Production!”. Broadway World. (2015年8月27日). http://www.broadwayworld.com/article/Disneys-Live-Action-BEAUTY-AND-THE-BEAST-Officially-Wraps-Production-20150827 2015年8月27日閲覧。 
  23. ^ Tale as Old as Time: Bill Condon livens up Disney’s ‘Beauty and the Beast’ | Film Journal International”. Filmjournal.com. 2017年3月8日閲覧。
  24. ^ Tapley, Kristopher (2014年6月4日). “'Twilight' director Bill Condon will translate Disney's 'Beauty and the Beast' to live action (UPDATED)”. HitFix. 2014年6月5日閲覧。
  25. ^ McNary, Dave (2015年3月16日). “Disney's Live-Action 'Beauty and the Beast' Set for March 17, 2017”. Variety. http://variety.com/2015/film/news/beauty-and-the-beast-release-date-disney-live-action-2017-1201453646/ 2015年5月28日閲覧。 
  26. ^ Robbins, Caryn (2015年6月5日). “Alan Menken Confirms 3 New Songs for BEAUTY AND THE BEAST Film; Broadway Tunes Will Not Be Included”. Broadway World. 2015年6月5日閲覧。
  27. ^ Lee, Ashley (2017年3月14日). “'Beauty and the Beast' Composer Alan Menken on Rediscovering Lost Lyrics and Why He's "Shutting Up" About That Gay Character”. Hollywood Reporter. 2017年3月15日閲覧。
  28. ^ Grande, Ariana (2017年1月10日). “[しおれた花]”. Instagram. 2017年1月11日閲覧。
  29. ^ Nessif, Bruna (2017年1月10日). “It Looks Like Ariana Grande and John Legend Are Teaming Up for a Beauty and the Beast Duet”. E!. 2017年1月11日閲覧。
  30. ^ Robson, Shannon Vestal (2017年1月20日). “Celine Dion Is Singing an Original Song on the Beauty and the Beast Soundtrack”. PopSugar.. 2017年1月26日閲覧。
  31. ^ “実写版『美女と野獣』主題歌はアリアナ・グランデ&ジョン・レジェンド!”. シネマトゥデイ. (2017年1月12日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088884 2017年1月12日閲覧。 
  32. ^ Coggan, Devan (2017年1月19日). “Celine Dion to perform new song for live-action Beauty and the Beast”. Entertainment Weekly. 2016年1月26日閲覧。
  33. ^ Dion, Céline (2017年1月19日). “I am thrilled to announce that I'll be performing an all-new original song, "How Does A Moment Last Forever," for Disney's live-action Beauty and the Beast. Being a part of the original film was such a magical experience in my life, and I'm truly honored to be a part of this film again. // Je suis ravie de vous annoncer que je chanterai la nouvelle chanson thème du film La Belle et la Bête, "How Does A Moment Last Forever". Avoir fait partie du film original de Disney a été une expérience magique dans ma vie et je suis encore plus honorée de répéter cette expérience. – Céline”. Instagram. 2017年1月20日閲覧。
  34. ^ Tracey, Brianne (2017年1月19日). “Céline Dion Set to Perform New Song for Live-Action Beauty and the Beast Soundtrack”. People. 2017年1月20日閲覧。
  35. ^ Céline Dion To Perform Original Song "How Does A Moment Last Forever" For Disney's "Beauty and the Beast"” (2017年1月19日). 2017年1月19日閲覧。
  36. ^ Gettell, Oliver (2017年1月26日). “Beauty and the Beast: Josh Groban records new song Evermore”. Ew.com. 2017年3月2日閲覧。
  37. ^ 【国内映画ランキング】「美女と野獣」が「アナ雪」超えるスタートでV、「3月のライオン 後編」は4位 映画.com (2017年4月24日) 2017年6月9日閲覧。
  38. ^ 【国内映画ランキング】V7「美女と野獣」100億突破、「LOGAN」「花戦さ」がトップ3 映画.com (2017年6月5日) 2017年6月9日閲覧。
  39. ^ 2017年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟 2019年1月31日閲覧。
  40. ^ 「ボヘミアン・ラプソディ」興収100億円突破!オスカー5部門選出で“奇跡の興行”は続く - 映画.com 2019年1月23日、2019年1月31日閲覧。
  41. ^ “『美女と野獣』が『アナ雪』超えの大ヒット発進!初週で13億円を突破【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2017年4月25日). https://cinematoday.jp/page/N0091245 2020年10月19日閲覧。 
  42. ^ 【国内映画ランキング】「美女と野獣」V2、「ワイルド・スピード」3位、「帝一の國」4位、「無限の住人」は6位発進” (日本語). 映画.com. 2020年1月3日閲覧。
  43. ^ “『美女と野獣』60億円突破『アナ雪』超えの好調ペース【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2017年5月9日). https://cinematoday.jp/page/N0091439 2020年10月19日閲覧。 
  44. ^ “『美女と野獣』100億円超えは確実 『シンデレラ』以来2年ぶり快挙【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2017年5月16日). https://cinematoday.jp/page/N0091605 2020年10月19日閲覧。 
  45. ^ “幸福の科学・大川隆法の『君のまなざし』初登場6位 『美女と野獣』V5達成【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2017年5月23日). https://cinematoday.jp/page/N0091749 2020年10月19日閲覧。 
  46. ^ “『家族はつらいよ2』『ちょいやめ』初登場 『美女と野獣』V6達成【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2017年5月30日). https://cinematoday.jp/page/N0091892 2020年10月19日閲覧。 
  47. ^ “『美女と野獣』V7達成!『アバター』に並ぶ快挙【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2017年6月6日). https://cinematoday.jp/news/N0092041 2020年10月19日閲覧。 
  48. ^ “『22年目の告白』が1位!『美女と野獣』はV8ならず【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2017年6月13日). https://cinematoday.jp/page/N0092184 2020年10月19日閲覧。 
  49. ^ “『22年目の告白』2週連続1位 『美女と野獣』は2位に浮上【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2017年6月20日). https://cinematoday.jp/page/N0092330 2020年10月19日閲覧。 
  50. ^ “『22年目の告白』がV3!『ハクソー・リッジ』は沖縄で大きなシェア【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2017年6月27日). https://cinematoday.jp/page/N0092491 2020年10月19日閲覧。 
  51. ^ “『パイレーツ』最新作、10億円超えの大ヒットスタート【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2017年7月4日). https://cinematoday.jp/page/N0092675 2020年10月19日閲覧。 
  52. ^ “『メアリ』2位に初登場 1位は…?【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2017年7月11日). https://cinematoday.jp/page/N0092847 2020年10月19日閲覧。 
  53. ^ “Here Are Your 2017 MTV Movie & TV Awards Nominations: See The Full List” (英語). MTV News. http://www.mtv.com/news/3000426/2017-mtv-movie-tv-awards-nominations/ 2017年4月8日閲覧。 
  54. ^ “実写版『美女と野獣』にゲイのキャラクター登場!監督が明かす”. シネマトゥデイ. (2017年3月2日). http://www.cinematoday.jp/page/N0090029 2017年3月6日閲覧。 
  55. ^ Russia May Ban Disney’s ‘Beauty and the Beast’ Over Gay Character”. Variety (2017年3月4日). 2017年3月5日閲覧。
  56. ^ “美女と野獣、上映禁止要求=「同性愛宣伝」と非難-ロシア議員”. 時事ドットコム. (2017年3月4日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2017030400690&g=int 2017年3月5日閲覧。 
  57. ^ “『美女と野獣』ロシアで16禁指定に エマ・ワトソンは「曖昧さ、私は大好き」”. ハフィントン・ポスト. (2017年3月13日). http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/12/beauty-and-the-beast_n_15322698.html 2017年5月28日閲覧。 
  58. ^ Alabama Theater Won't Show 'Beauty And The Beast' Because Of Gay Subplot”. The Huffington Post. 2017年3月3日閲覧。
  59. ^ “「美女と野獣」は同性愛の宣伝? ロシアで上映禁止の提案”. CNN. (2017年3月6日). http://www.cnn.co.jp/showbiz/35097591.html 2017年3月6日閲覧。 
  60. ^ Disney pulls Beauty and the Beast from cinemas in Malaysia "until further notice"”. Digital Spy (2017年3月13日). 2017年3月13日閲覧。
  61. ^ “実写版『美女と野獣』マレーシアで公開見送り、同性愛場面カット受け”. AFPBB News. (2017年3月14日). http://www.afpbb.com/articles/-/3121326?cx_part=txt_topstory 2017年3月14日閲覧。 
  62. ^ “上映中止から一転! マレーシアで映画『美女と野獣』がP13公開へ”. エル・ガール オンライン. (2017年3月23日). http://ellegirl.jp/article/c_malaysia_to_screen_beauty_and_the_beast_uncut_17_0323/ 2017年5月28日閲覧。 
  63. ^ a b c d TVステーション 関東版』2019年12号、ダイヤモンド社、 P.58。
  64. ^ 実写版『美女と野獣』、地上波初放送で15.6%の高視聴率”. ORICON NEWS (2019年6月10日). 2019年6月13日閲覧。
  65. ^ 週間高世帯視聴率番組 VOL.23 2019年 6月3日(月)~6月9日(日)”. ビデオリサーチ. 2019年6月13日閲覧。
  66. ^ エマ・ワトソン主演、実写映画『美女と野獣』ディズニー・チャンネル7月17日(土)19:00初放送! 映画ログプラス”. 映画ログプラス (2021年7月8日). 2021年7月10日閲覧。

外部リンク[編集]