安藤親広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

安藤 親広(あんどう ちかひろ、1963年1月22日 - )は映画プロデューサー。 現在、ROBOT取締役 常務執行役員 コンテンツ本部 本部長 兼 映画部部長。

プロフィール[編集]

愛知県日進市出身。明治大学商学部商学科卒。ROBOT入社後はCMプロデューサーとして数々のCMのプロデュースを手掛ける。その後、1995年に映画部へ異動し、『7月7日、晴れ』で映画初プロデュース。その後『踊る大捜査線 THE MOVIE』、『海猿』、『ALWAYS 三丁目の夕日』などの話題作をプロデュース。エグゼクティブプロデューサーとしては『永遠の0』『紙の月』などがある。 2008年7月1日付けで執行役員 コンテンツ事業本部 映画部部長に就任。 2014年7月1日付けで取締役 常務執行役員 コンテンツ本部 本部長 兼 映画部部長に就任した。

手掛けた作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

エグゼクティブプロデューサー作品[編集]

映画

  • 永遠の0(2013年)
  • 百瀬、こっちを向いて(2014年)
  • 紙の月(2014年)
  • ボクは坊さん。(2015年)
  • ちはやふるー上の句・下の句ー(2016年)
  • 22年目の告白 -私が殺人犯です-(2017年)
  • ちはやふるー結びー(2018年)
  • OVER DRIVE(2018年)[企画]

関連項目[編集]