K-20 怪人二十面相・伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
K-20 怪人二十面相・伝
監督 佐藤嗣麻子
脚本 佐藤嗣麻子
製作 阿部秀司
奥田誠治
出演者 金城武
松たか子
仲村トオル
音楽 佐藤直紀
主題歌 オアシス『ショック・オブ・ザ・ライトニング』
撮影 柴崎幸三
編集 宮島竜治
配給 東宝
公開 日本の旗 2008年12月20日
上映時間 137分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 20億円[1]
テンプレートを表示

K-20 怪人二十面相・伝』(ケー・トゥエンティー かいじんにじゅうめんそう・でん)は、北村想の小説『完全版 怪人二十面相・伝』が原作の日本映画

概要[編集]

映画は北村想の原作を元にしているものの、怪人二十面相に超人的身体能力を備えたり、時代設定を第二次世界大戦が「回避」されたというパラレルワールドとしての1949年とするなど、大胆な改変がおこなわれた。そのため、舞台は日本帝国陸海軍とアメリカ・イギリス軍との平和条約が締結された後の帝都と呼ばれるところで、19世紀から続く華族制度により、帝都の富の9割がごく一部の特権階級に集中している極端な貧富の差が生じている身分制度社会とされる。また、ドイツ(ヒトラーを筆頭とするナチス政権が掌握した俗に言うナチス・ドイツかどうかは不明)との友好関係も維持されているのか、劇中では警察の車両や航空機にドイツ語で警察を意味するPOLIZEIが記されている。

ストーリー自体は、スチームパンク的な世界観で、スパイダーマンバットマンマスク・オブ・ゾロなどアメコミを意識した娯楽アクション作品である。アクションにはワイヤーアクションの他、邦画の大作としては初めてパルクールにおける動作を採用。主人公の遠藤平吉と怪人二十面相の一連の動作をロシア人スタントマンがパルクールで培われた身体能力を駆使して表現している。

企画と制作はROBOTで、東宝の配給で2008年12月20日公開。日本テレビ開局55年記念作品でもある。最終興行収入は20億円。

ストーリー[編集]

第二次世界大戦が回避された架空の昭和24年。日本は19世紀から続く華族制度により極端な格差社会が生まれていた。職業の変更は禁じられ、恋愛の自由もなく、結婚は同じ身分の者同士でのみ許されていた。 帝都・東京では怪人二十面相が富裕層を狙う犯罪を繰り返していた。その二十面相は学術会議で革命的な新エネルギー機関・テスラ装置の模型を盗み、今度はテスラ装置を奪うと大胆に宣言したことから、警務局の浪越警部は名探偵・明智小五郎に捜査を依頼した。一方、サーカス団で働く軽業師・遠藤平吉はふとしたことからカストリ雑誌の記者に化けた怪人二十面相にだまされ、彼の替え玉に仕立てられたために二十面相として軍憲(この世界における警察)から追われる羽目になってしまう。平吉は疑いを晴らすために、自らも二十面相になり、本物の二十面相と対決することになる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主なロケ地[編集]

福岡県山口県内の明治-大正期の旧館でロケが行われた。

[編集]

  • 映画館大賞「映画館スタッフが選ぶ、2008年に最もスクリーンで輝いた映画」第50位

ソフト化[編集]

2009年6月24日発売。発売・販売元はバップ。

  • K-20 怪人二十面相・伝 DVD通常版(1枚組)
    • 映像特典
      • 特報・劇場予告編・TVスポット集
  • K-20 怪人二十面相・伝 DVD豪華版(2枚組)
    • ディスク1:本編DVD(通常版と同様)
    • ディスク2:特典DVD
      • メイキング「K-20 裏絵巻」
      • 「K-20」TV番組集
      • 舞台挨拶映像集
    • 封入特典
      • ブックレット「K-20 大辞典」(64P)
      • 怪人二十面相予告状レプリカ
      • ブックマーカー
    • 特製アウターケース&デジパック仕様
  • K-20 怪人二十面相・伝 ブルーレイ(1枚組)
    • 映像特典
      • メイキング「K-20 裏絵巻」
      • 特報・劇場予告編・TVスポット集

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2009年度興収10億円以上番組(日本映画製作者連盟 2010年1月発表)
  2. ^ 江戸川乱歩原作 実相寺昭雄監督作品(『屋根裏の散歩者』『D坂の殺人事件』)での 明智小五郎 役
  3. ^ a b 北九州FCスタッフブログ - 北九州フィルム・コミッション
  4. ^ (特集)怪人二十面相が居た箱崎 - 箱崎九大記憶保存会
  5. ^ K-20 怪人二十面相・伝|やまぐちロケ地マップ シネマの旅 - 山口県観光交流課

外部リンク[編集]