7月7日、晴れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
7月7日、晴れ
監督 本広克行
脚本 戸田山雅司
製作 村上光一
出演者 観月ありさ
萩原聖人
音楽 中村正人
主題歌 DREAMS COME TRUE
撮影 袴一喜
編集 掛須秀一
製作会社 フジテレビジョン
配給 東宝
公開 日本の旗 1996年5月11日
上映時間 109分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 6億円[1]
テンプレートを表示

7月7日、晴れ』(しちがつなのか、はれ)は、フジテレビジョン製作の日本映画1996年5月11日公開)、及びその映画主題歌(DREAMS COME TRUE)。

あらすじ[編集]

自動車会社に勤める普通のサラリーマン・山部健太(萩原聖人)は、仲間たちと遊びに来たキャンプ場で、ひとり渓流釣りをしているとき、美しい少女に出会う。少女は、世界的に注目される新進気鋭のアーティスト・望月ひなた(観月ありさ)だった。東京で再び出会った二人は次第に引かれあい、デートを重ねていた。健太は、ひなたが7月7日七夕生まれであるのに一度も天の川を見たことがないと聞き、キャンプに誘い出した。その夜、満点の星空を二人で眺めて感動したひなたは、来年の7月7日も二人で天の川を見ようと、健太と約束する。しかし、その年のクリスマス、様々ないきさつと周囲の思惑の中で二人が交際を続けることは難しくなり、ひなたは健太に別れを告げた。翌年の7月7日、日本を離れ海外に活動拠点を置くことにしたひなたは、日本での最後の仕事であるFMラジオの生番組に出演して、スタッフに用意された台本を淡々と読んでいた。雲一つ無く晴れているものの、東京の空に天の川は見えない。都会の夜景を天の川になぞらえた話の途中、突然、ひなたは本当の天の川はこんなものじゃないと自分の言葉で語り出した。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

楽曲[編集]

主題歌[編集]

関連商品[編集]

VHS
  • 「7月7日、晴れ」(1996年11月21日)
CD
単行本
  • 戸田山雅司「7月7日、晴れ」(1996年)フジテレビ出版
文庫本
  • 戸田山雅司「7月7日、晴れ」(1998年)扶桑社文庫

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)554頁

外部リンク[編集]