スペーストラベラーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スペーストラベラーズ
監督 本広克行
脚本 岡田惠和
原作 児島雄一
製作 臼井裕詞
近藤正岳
堀部徹
出演者 金城武
安藤政信
深津絵里
音楽 松本晃彦
主題歌 クイーンナウ・アイム・ヒア
撮影 藤石修
製作会社 フジテレビジョン
ROBOT
東映
配給 東映
公開 2000年4月8日
上映時間 125分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 11.3億円
テンプレートを表示

スペーストラベラーズ』(Space Travellers)は2000年日本映画

概要[編集]

踊る大捜査線』を大ヒットさせた本広克行監督を中心に、フジテレビの踊る大捜査線のスタッフによって制作された。

コント中心の劇団ジョビジョバが上演した舞台『ジョビジョバ大ピンチ』が原作。原作は、「田舎町の小さな銀行を二人組の強盗が襲う。思ったより長く立てこもる事になった彼らは、次第に人質と心が通じ合うようになる」という展開で、映画は、この展開を元に組み立てられている。本広が得意とする自称パクリ演出も満載で、他の映画からの引用も多く、ラストは映画『明日に向って撃て!』のラストシーンをそのまま再現している。

犯人グループの1人がアニメおたくで、『スペーストラベラーズ』というアニメに傾倒しているという設定。随所にこのアニメのシーンが挿入された。後に劇中で流れたアニメを、一本の作品にまとめてビデオ発売もされている。

エンディングにクイーンの「ナウ・アイム・ヒア」を使用し、『踊る大捜査線』を関連させたり、浜田雅功が特別出演するなど、随所に話題性も取り入れたが興行収入は11.3億円とふるわなかった。

『踊る大捜査線』との関連性[編集]

全体的に『踊る大捜査線』の影響が色濃い。意図的にリンクさせることで、『踊る大捜査線』から流れてきた観客にアピールしている。

などがある。

原作のジョビジョバは、事件発生当時、解散宣言をする架空の人気バンド「J.SIX.BABYS」として登場する。

あらすじ[編集]

閉店間際のコスモ銀行に、三人組の強盗団が襲撃。西山・藤本・高村の三人の強盗達は孤児院で兄弟同然に育てられた幼馴染で、彼らの目的は南の島にある「楽園」に暮らすことであった。だが、金庫の中の金を奪う途中、警備員の庄田が西山を金庫から追い出して支店長の常田と共に閉じ籠もるという、予想外の行動に出たことから計画は失敗。更に、逃げ出そうとした銀行員の清水を捕まえたところや、同じく逃げようとした人質に対して威嚇射撃を起こしたところを巡回中の二人の警官に気付かれたことから、計画は外部に漏れてしまう。それが原因で、銀行の周囲はあっという間に警官隊に囲まれ、三人の強盗達は人質を取って立て篭もるはめに。

人質の中には、逃走を図った清水や、彼に度忘れた自分の暗証番号を聞き出そうとする電気屋の倉沢、離婚寸前で財産分割の為に口座を解約しにやって来た深浦夫妻、寿退職を間近に控えた銀行員の相田と、血の付いた外貨両替にやって来た、熊のぬいぐるみを抱えている謎の男・坂巻等がいる。そんな中、婚約者で同僚の野々村の携帯電話から、自分が口説きの道具にされていることを知った相田が逆上し、高村の持っていた自動小銃を乱射。藤本が止めに入ろうとしたところを一発の弾丸がパトカーに当たり爆発炎上し、周囲は騒然。更に人質の一人であった坂巻が国際指名手配中のテロリストだと発覚したことから、事件は最悪の方向に。

だが、強盗達は坂巻の助言から、これを逆手にとって見せかけの凶悪犯罪グループを作って、更に事態を悪化させるという提案を出す。それには人質達も犯人グループの一人を演じさせるということで、初めは人質達は戸惑ったが、徐々に賛同する者が出始め、藤本自身が好んでいたアニメ「スペーストラベラーズ」をもとにこの計画は実行。これによって、強盗団や人質達との間で奇妙な友情が芽生える。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]