任侠学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「任俠学園」です。この記事に付けられたページ名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
任侠学園(実業之日本社)
著者 今野敏
発行日 2007年9月19日
発行元 実業之日本社
ジャンル 学園小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製本
ページ数 348
前作 とせい
次作 任侠病院
公式サイト j-n.co.jp
コード ISBN 978-4-408-53510-4
ISBN 978-4-408-50516-9新書判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示
任侠学園(中央公論新社)
著者 今野敏
発行日 2012年1月25日
発行元 中央公論新社
ジャンル 学園小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 文庫本
ページ数 352
前作 とせい
(のち任侠書房に改題)
次作 任侠病院
公式サイト chuko.co.jp
コード ISBN 978-4-12-205584-1
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

任侠学園』(にんきょうがくえん)は、作家・今野敏小説。「任侠シリーズ」第2弾作品[1]。義理人情で生きる昔気質のヤクザが経営不振に陥った高校の再建を図る姿を描く[2]

2007年9月19日実業之日本社から単行本[3]2010年1月20日新書[4]が刊行された。さらに2012年1月25日中央公論新社から文庫本が刊行された[5]

2019年9月に西島秀俊西田敏行のW主演による映画版が公開[2][6]

あらすじ[編集]

義理と人情を重んじるヤクザの「阿岐本組」。社会奉仕に目のない組長は次から次へと厄介事を引き受けてしまう。ナンバー2の日村は、そんな組長にいつも振り回されてばかりだ。そして今度は、経営不振の高校の建て直しに協力する事になった。学校には嫌な思い出しかない日村は、どうも気が進まない。子分たちを連れて高校へ向かうと、そこにいたのは無気力で無関心な高校生と事なかれ主義の先生たちだった…。

登場人物[編集]

阿岐本雄蔵
任侠団体「阿岐本組」組長。スキンヘッドをした昔気質の人間。社会貢献に目がない[7]
日村誠司
任侠団体「阿岐本組」代貸[注 1][8]
三橋健一
任侠団体「阿岐本組」組員。組の若い者達を率いる。
二之宮稔
任侠団体「阿岐本組」組員。元暴走族。
市村徹
任侠団体「阿岐本組」組員。主に情報収集を任務とする。
志村真吉
任侠団体「阿岐本組」組員。組の最も下に位置する。
永神
阿岐本の兄弟分。近代的な任侠団体「永神組」を率いる。
甘糟和男
組織犯罪対策部(通称:マル暴)所属の刑事部長。

書誌情報[編集]

今野敏(著)『任侠学園』

実写映画[編集]

任侠学園
監督 木村ひさし
脚本 酒井雅秋
原作 今野敏「任侠学園」
製作 西山剛史(チーフプロデューサー)
古草昌実
長谷川晴彦
製作総指揮 寺島ヨシキ
安藤親広
出演者 西島秀俊
西田敏行
伊藤淳史
葵わかな
葉山奨之
池田鉄洋
佐野和真
前田航基
戸田昌宏
猪野学
加治将樹
川島潤哉
福山翔大
高木ブー
佐藤蛾次郎
桜井日奈子
白竜
光石研
中尾彬(特別出演)
生瀬勝久
音楽 末廣健一郎
主題歌 東京スカパラダイスオーケストラ
ツギハギカラフル
撮影 葛西誉仁
編集 富永孝
制作会社 ROBOT
製作会社 映画「任侠学園」製作委員会
配給 エイベックス・ピクチャーズ
公開 2019年9月27日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

木村ひさし監督により映画化され、2019年9月27日公開[9]西島秀俊西田敏行のダブル主演[9]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 賭場で博打打ちの親分の代理を務める者のこと。本作では組長の次に偉い人間を指す。

出典[編集]

  1. ^ 任侠シリーズ特設サイト”. 中央公論新社. 2019年4月24日閲覧。
  2. ^ a b “西島秀俊と西田敏行が昔気質のヤクザに!高校の再建描く「任侠学園」公開”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年1月25日). https://natalie.mu/eiga/news/317302 2019年4月24日閲覧。 
  3. ^ a b 任侠学園”. 実業之日本社. 2019年4月24日閲覧。
  4. ^ a b 任侠学園〈ジョイ・ノベルス〉”. 実業之日本社. 2019年4月24日閲覧。
  5. ^ a b 任侠学園(文庫)”. 中央公論新社. 2019年4月24日閲覧。
  6. ^ “第1位は『惡の華』来週公開映画 新作期待度ランキングTOP5(9月第4週)”. 映画ランドNEWS. (2019年9月18日). https://eigaland.com/topics/?p=108381 2021年6月8日閲覧。 
  7. ^ “【注目】10月1日お得なファーストデイに公開中のおすすめ映画8選”. FILMAGA (株式会社つみき). (2019年9月29日). オリジナルの2019年12月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191210182821/https://filmaga.filmarks.com/articles/3040/ 2021年6月8日閲覧。 
  8. ^ 貸 (し)元(カシモト)とは”. コトバンク. 2019年4月24日閲覧。
  9. ^ a b “西島秀俊&西田敏行の“正統派ヤクザ”が学校再建 『任侠学園』映画化決定”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年1月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2128107/full/ 2019年4月24日閲覧。 
  10. ^ a b c d “伊藤淳史、葵わかな、葉山奨之、桜井日奈子ら、西島秀俊×西田敏行W主演『任侠学園』出演へ”. Real Sound. (2019年4月24日). https://realsound.jp/movie/2019/04/post-352466.html 2019年4月24日閲覧。 
  11. ^ a b c d “西島秀俊×西田敏行「任侠学園」に生瀬勝久、中尾彬、光石研、白竜ら参戦”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年5月6日). https://natalie.mu/eiga/news/330309 2019年5月7日閲覧。 
  12. ^ 桜色日記、はじめました。”. 永野愛理オフィシャルブログ「桜色日記」Powered by Ameba (2019年6月1日). 2019年6月1日閲覧。
  13. ^ 9月。”. 狩野健斗公式ブログ Powered by LINE (2019年9月30日). 2019年10月1日閲覧。

外部リンク[編集]