スープカレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スープカレー

スープカレーは、日本のカレー料理のひとつ。スパイスの香り・刺激・辛みのきいたスープと、大振りの具が特徴である。

概要[編集]

2000年代札幌市でブームとなり、その後全国的に知られるようになった。札幌市には現在でもスープカレーを提供する店が200店以上あるといわれている。各店は個性を競い合っており、多様なバリエーションがある。北海道函館旭川帯広富良野はもちろん、東京横浜名古屋大阪福岡など日本各地に札幌由来の店が出店しており、香港シンガポールバンコクなど海外にも進出している。

札幌スープカレー[編集]

スープカレーの例
(マジックスパイスのもの)
スープカレーの例
(はれる屋(倶知安町のもの))

1971年に札幌市に開店した喫茶店『アジャンタ』が1975年ごろに発売した「薬膳カリィ」が原型と言われている[1]

「スープカレー」という名称は、1993年に開業した「マジックスパイス」が考案した[2]。札幌市ではすぐに人気店となったが、長らくローカルフードに留まった。スープカレー店が東京に進出する例があっても、1ヶ月ももたずに閉店することが多かった[3]2003年神奈川県の「横濱カレーミュージアム」にマジックスパイスが出店し、大反響を得たことで全国的に知られるようになった[4]。その後各店が東京をはじめとして全国に進出し、大手牛丼チェーン店やファミリーレストランコンビニエンスストアでもスープカレーが販売された[3]

2017年、『ミシュランガイド北海道 2017 特別版』に『カレー食堂 心』など7店が掲載された[5]

特徴[編集]

源流店[編集]

アジャンタ薬膳カリィ店
スープカレー店の多くの店主が「大きな影響を受けた店」として名前を挙げている店である[6]。店主の辰尻宗男(1934年〜2009年)は薬売りの行商で知られる富山県の生まれで、幼少時に札幌に移り住んだ。1971年に喫茶店を開店、家に伝わっていた漢方の養生食とインド料理を融合した「薬膳カリィ」を考案し、一日20食限定で出したところ、口コミで評判となった。はじめは具無しのスープとライスだったが、1975年に「もったいないから出汁に使った鶏肉も出して」という客のリクエストによりチキンレッグを入れ[2]、さらに目立つほど大振りのニンジンとピーマンを加えた。これがのちのスープカレーの原型となった。
ポレポレ
1978年に開店。当時はスープカレー店が3店程しかなかったという[7]
スリランカ狂我国[2][8]
1984年に開店。「スリランカカレー」を日本に紹介したごく早い例である。
木多郎[2]
1985年に開店。素揚げ野菜をトッピングするスタイルを考案。「トマト系スープカレー」のルーツでもある。
マジックスパイス[2]
1993年に開店。初めて「スープカレー」という商品名を使った。インドネシアの「ソトアヤム」の要素を取り入れた独特のカレーが人気となり、スープカレーブームを牽引する役割を担った。

後続店[編集]

村上カレー店・プルプル
1995年、スープカレーファンの村上義明が、スリランカ狂我国の水谷正巳に指導を受けたのち開店。1997年に発売した『ナット・挽肉ベジタブル』(挽き割り納豆入りのカレー)は、各店がメニューに取り入れるほど人気となった。
らっきょ
1999年、ホテルマンだった井出剛と調理人の開賀津也により開店。以前からあったトマト系スープカレーに、フランス料理フォン・ド・ボーの技法を加え、焦がしバジルを浮かべるという新しいスタイルを広めた。開賀津也はのちに独立し、『カレー食堂 心』を開店した。

食べ方[編集]

浸す
はじめは一口ぶんのライスをスプーンですくい、スープカレーに浸して食べる。
かける
スプーンでスープカレーをライスにかけつつ食べる。
入れる
スープが少なくなったら、ライスをぜんぶスープカレーに投入して食べる。

出典[編集]

  1. ^ 杉浦美香 (2018年1月2日). “「おせちもいいけどカレーもね!」お正月に探る札幌名物、スープカレー ルーツは“薬”だった?!”. 産経ニュース. p. 1. 2018年10月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e 大谷修一 (2017年7月17日). “札幌スープカレーの歴史とおすすめの名店3選”. All About. p. 2. 2018年10月16日閲覧。
  3. ^ a b 井上岳久「ブームは誰が仕掛けたか」『カレーの経営学: 勝ち続ける驚異のしかけ・ノウハウ』東洋経済新報社、2012年。ISBN 9784492502334
  4. ^ 井上 2007, p. 173.
  5. ^ 『ミシュランガイド北海道 2017 特別版』日本ミシュランタイヤ、2017年。ISBN 978-4904337226
  6. ^ 樺沢 2004, p. 202.
  7. ^ スープカレー ポレポレHP
  8. ^ 『るるぶ北海道’15~’16』JTBパブリッシング、2015年、38頁。ISBN 9784533103087

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • カレー賛昧 - 2002年から2011年まで毎年発売されていた札幌スープカレー店のガイドブック。最新刊は2015年。
  • 大泉洋 - 北海道出身の俳優。「スープカレー大使」を自認し、ベル食品の「本日のスープカレーのスープ」をプロデュースするなど様々なアピール活動を行っている。