フォース (スター・ウォーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フォース英語: Force)とはアメリカ映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場する架空のエネルギー体。作中における、銀河の万物を包んで満たしており、ジェダイの騎士シスの暗黒卿が用いる超常的な能力の源となっている。

1977年のシリーズ公開第1作目『スター・ウォーズ』の劇場公開時には「理力りりょく」という訳語が充てられたが、近年では使われない。

2012年ウォルト・ディズニー・カンパニーによる『スター・ウォーズ』シリーズの制作会社ルーカスフィルム買収に伴い、それ以前に展開していたスピンオフ(外伝)作品は「レジェンズ(非正史)」として分別されることになった[1]。この記事には、実写映画シリーズを始めとする「カノン(正史)」における設定以外にも、スピンオフ(外伝)作品の「レジェンド(非正史)」の内容も含まれる。

概要[編集]

生まれつきフォースに敏感な者は、目には見えないこのフォースの「流れ」を感じ取り、更にそれを制御して、自由に操作することが可能である。

ルーク・スカイウォーカーヨーダオビ=ワン・ケノービクワイ=ガン・ジンなどを代表とするジェダイの騎士が用いるフォースは「ライトサイド(光明面)」と呼ばれる。

一方でダース・ベイダーアナキン・スカイウォーカー)、ダース・シディアス(パルパティーン)、ダース・モールなどのシスの暗黒卿。またアサージ・ヴェントレスジョルース・シボースなどに代表されるダーク・ジェダイは、怒りや憎しみといった負の感情によって引き出される攻撃性に特化した「ダークサイド(暗黒面)」のフォースを用いる。

エピソード1』では、生物の細胞中に含まれる共生生物「ミディ=クロリアンMidi-chlorians)」の値がフォースの強さに影響を持つことが示唆されており、各個人の扱うフォースの強さは生得的な要素が大きいと考えられる。

作中では、ジェダイおよび反乱同盟軍の合言葉として、「フォースと共に在れMay The Force Be With You)」という文句が登場している。また、ジェダイは「死ぬ」という概念を「フォースとひとつになる」と表現し、数名ではあるが死後フォースと一体化しつつも、個人としての自我を保つことに成功している者もいる(クワイ=ガン・ジン、オビ=ワン・ケノービ、ヨーダなど)。また、前述の様にシスの暗黒卿にとってもフォースは重要な存在であるため、『エピソード2』の終盤では、元ジェダイにしてシスの暗黒卿へと寝返ったドゥークー伯爵(ダース・ティラナス)がダース・シディアスと対面した際「フォースは我らと共に」と発している他、『エピソード4』ではダース・ベイダーがモッティ提督にフォースへの信仰を侮辱されて激昂する場面があるなど、方向性は違えど、フォースを信仰することにおいては、ジェダイもシスも変わりない。

フォースの主な能力[編集]

予知[編集]

相手の攻撃を回避するなどの場合に多く用いられる。また、ある程度先の未来を読み取ることも出来る。いわゆる予知夢のような形で無意識的にこの能力が発揮される事もある。

ジェダイの騎士シスの暗黒卿にとって、ブラスターなどの銃火器ではなくライトセーバーが最大の武器である所以は、それを扱う高度な剣術を体得していることも大きな理由の一つだが、フォースの恩恵による未来予知能力と空間認識能力により、ブラスターなどによる高速の銃撃ですら、レーザー弾の軌道を先読みして防御し、更にはそれを敵側に跳ね返せる攻防一体の武器になることが何よりも大きい。フォースの使い手同士のライトセーバー戦では、剣技の優劣だけでなく、この予知による剣撃の読み合いの駆け引きを制することが勝利には必須となる。だが決して万能ではなく、フォースを使う者の鍛錬により能力に個人差がある上、身に付けた予知能力と反応速度を上回るほどの高速連射などは、防ぎ切れないこともある。

ヨーダのような達人級のジェダイでも、自身と同等かそれ以上のシスの前ではダークサイド等の妨害により、未来が曇っていて見えないことがままある。他にも「暗黒面の帳(とばり)」、「フォースを闇が支配している」などと表現しており、漠然とながら自分達の千里眼には限界があることを感じていた。後にヨーダはルーク・スカイウォーカーに対し、未来にばかり目を向けていてはならないと説き、予知能力の乱用や妄信は危ういと警告している。これは「選ばれし者」に関する古代の予言や、妻の死を連想させる予知夢に深く悩まされ続けた結果、人生を狂わせたアナキン・スカイウォーカーの前例や、シスの暗躍に盲目であったことからなどの立証であり、霊体化の秘密を解き明かしたクワイ=ガン・ジンの提唱した、現在のフォース「リビング・フォース」を信奉する理念こそが正しかったと認めた証でもある。

また、未来は常に変化するものとされるが、映画やスピンオフを含め、ルークやアナキンなどが予知した未来が外れ、結果を変えることができるような描写は無い。逆に、旧ジェダイ・オーダーの格言には「予知した悪い未来を避けようとして行動すると、自らその結果を引き寄せてしまうことになる」というものがある。

認識能力の拡大[編集]

上記のフォースの予知能力と応用することで、空間認識能力をより高め、周囲の状況を詳しく正確に把握出来る様になる。 ライトセーバーでの戦闘や、戦闘機やポッドレーサーなどといった、優れた判断力と反射神経とを要する乗り物の操縦にも大いに役立つ。

アナキン・スカイウォーカーが幼い頃からパイロットとして優秀だったのは、この力を無意識的に用いていたからであり、クワイ=ガン・ジンがその類稀なる才能に気付くきっかけともなった。 ルーク・スカイウォーカーも、友人ビッグス・ダークライターと共に飛行機「スカイホッパー」を操縦し、そのスタン・ブラスターで、ベガーズ渓谷の獰猛な獣ワンプ・ラットの狩りに興じるなど、すでに飛行機の操縦経験が豊富だったとはいえ、デス・スターの2mほどしかない排熱口にミサイルを通すという神業を、フォースと同化したオビ=ワン・ケノービとの交感による助言と、フォースによる空間認識能力を用いて、戦闘機での初陣にして照準機器の補助なしで成功させるという武勲を挙げている。

また、フォースの強い者同士がある程度近くにいる場合、おおよその位置を把握できる。肉親同士の場合、より顕著にこの能力が現れ、これにより『エピソード5』終盤にてレイア・オーガナはルーク・スカイウォーカーを救出した。

直接触れることなく対象を動かす[編集]

いわゆるテレキネシスのように用いる。掌などから引力斥力などを発生させることも出来る。フォースを使い慣れた能力者にとって、この能力は生活の一部であり、遠方の物体を手元へ引き寄せたり、ドアやハッチ等の開閉や、周りの物を操ったりなど幅広く活用している。

戦闘においては、掌から引力を発して対象を自身に引き寄せたり(通称「フォース・プル」)、反対に掌から斥力を発して対象を押し飛ばす(通称「フォース・プッシュ」)こともできる。ジェダイは特に複数の敵と戦う場合に相手を押し飛ばす目的でこの技をよく用いる。華奢なドロイドなどであれば一撃で破壊することも可能である。 他にも、落下物を押しとどめたり、敵機同士を衝突させたり、進んでくる相手や障害物を後退させたり、砂や水を巻き上げて目を眩ましたり、ライトセーバーを起動状態のままブーメランのように投げつけたりとトリッキーな使い回しもできる。

相応の訓練を積めば、宇宙船のような巨大な物体でさえ自在に動かし、ブラスターのレーザー弾も掌からのフォース・プッシュでかき消したり、偏向させたりするほどの力を発揮する事も出来る。この力を自分自身に対して使用する事で落下時の衝撃を和らげたり、宙に浮くことすらも可能であり、ルークがダソミアで実際に行った例などがある。

ライトセーバージェダイ・スターファイターの中には、この技を用いなければ起動スイッチを操作出来ない仕組みになっているものもあり、特にジェダイやシス達が、彼らの教義を含めた重要な情報を記録・閲覧するために使用するホロクロンと呼ばれる装置は、その大半がこの能力を用いなければ、起動や記録媒体の出し入れが行えない構造になっている。

ダース・シディアスのようなシスの暗黒卿は、この能力を利用して物体を相手目掛けて落下させたり、投げ付けたりなどといった攻撃手段として用いた。ダース・ベイダーはこの能力を応用して、対象の正確な位置さえ分かっていれば相手が遠くに離れていようと、手で握り潰す様な仕草をするだけで、フォースの“見えない手”により相手の首を絞め上げることができる技を得意とする(「フォース・チョーク」や「フォース・グリップ」と呼称される)。 この技術はシスの暗黒卿に限った事ではなく、ヨーダやルークのようなジェダイも無駄な争いをさけるために、威嚇や警告する意味合いで威力を抑えて使用することがある。

コラン・ホーンなど、この能力を持たないジェダイもいる。

身体能力の強化[編集]

普通の人間では届かないような高所まで跳躍したり(通称「フォース・ジャンプ」)、目にも止まらぬほどの高速で走る(通称「フォース・ダッシュ」、「フォース・スピード」)、素手でドロイドを破壊し、普通の人間には曲げられない様な頑丈な金属を曲げる、技などが作品の中で確認できる。

ヨーダは、戦闘時にこの能力を使うことで普段は杖を必要とするほど衰えている体力をカバーし、むしろ他のジェダイよりも遥かに素早い動きを可能にしている。また、ダース・シディアスやドゥークー伯爵(ダース・ティラナス)といったシスの暗黒卿も、老体であるにもかかわらず驚異的な身体能力を発揮する。作品中でも最高レベルの実力者達が、高齢であるにも関わらず非常に高い戦闘能力を持つことからも、フォースの使い手に肉体の老化は殆どマイナスにはならないと言える。

上記のように、主に強化されるのは戦闘時における肉体である場合が多いが、マラ・ジェイド聴覚嗅覚などを強化して情報収集に利用する技をダース・シディアスから授けられている。 他にも特殊な例として、二つの大きな口を持つ種族アイソリアンのジェダイ・マスター・ロロン・コロブはその独特な声帯を強化して大声を出し、更にその振動をフォースで集中させる事で空気中に強力な嵐を引き起こす技を編み出している。

他者の心を読み取る[編集]

相手の感情がフォースに与える影響を通して、その相手が考えていることをある程度読み取ることも出来る。

ただしあくまで相手の感情の動きを読み取るのみに限定されるため、相手が強固な意志により極端に感情を抑えている場合や「オーダー66」に事務的に従っていた時のクローン・トルーパーの様に、一切の感情を伴わずに行動している場合などにはその行動を予測出来ないことも多い。実際にヨーダやメイス・ウィンドゥ達は、目の前にいるパルパティーン議長が実はシスの暗黒卿ダース・シディアスであると見抜けなかった。これはヨーダが「フォースの暗黒面は読みづらい」と語っていた通り、同等かそれ以上の実力を持つシディアスが、その暗黒面の力と驚異的な忍耐力で真意を隠し続けていたからである。

ヨーダとメイスは、自分達の力に陰りが生じてきたことを自覚しており、それが敵の知れる所になることを危惧する。後に、シスの暗躍に対し盲目であったがために、その台頭を許してしまったと猛省するのである。

他者の心を操る[編集]

マインドトリック」や「心理操作」とも呼ばれる。上記の「他人の心を読み取る力」に関連して、他人の心に意思を植え付け、その行動をある程度制御することができる。フォースを集中させながら、ひらりと掌を翳して相手に話し掛けると、相手はその言葉通りに思考しそれを鵜呑みにする。オビ=ワンはこの能力に優れており、敵から賞賛を受けたこともある。

しかし相手が、強固な意志を持っている場合は余り効果がない。ハットやトイダリアンなど、種族としてマインドトリックが通用しない者もおり、ジャバ・ザ・ハットワトーなどには全く効果がなかった。ただ、命令に従って動いているだけのストーム・トルーパーなどには、軒並み有効な様である。

熟練者の中には相手の記憶の操作を可能とする者もおり、ルークは気絶させた相手から戦闘に関する記憶を消すということを幾度か行っている。キップ・デュロンは超兵器「サン・クラッシャー」を入手した後、再び同様の兵器を開発する可能性のある研究者の少女から、ダークサイドのフォースを使って他の多くの記憶と共に、超兵器に関する情報を完全に消し去った。また、惑星モーティスでフォースの化身である謎の親子に出会ったアナキンは、親子の「息子」に自身がシスの暗黒卿ダース・ベイダーとなる未来を知らされて一時的にダークサイドに堕ちたが、「父親」によってこの時の記憶を消されている。古代のシスの暗黒卿ウリック=ケル・ドローマは、ジェダイとの戦いでフォースの技法に関する記憶を奪われ、フォースが使えなくなったとされている。

旧共和国時代のジェダイ騎士団に伝わる技術として、この能力を応用して戦場に於ける味方や敵の士気を操作することで、戦闘を有利に運ぶ「戦闘瞑想」という技が存在し、オポー・ランシセスクローン大戦で実際に使用している。ダース・シディアスジョルース・シボースもこれとよく似た技を使用し、指揮下にある帝国艦隊の士気を鼓舞したり兵士の意思を操ることもできた。

自身の考えを相手に送る[編集]

いわゆる、テレパシーと呼ばれる能力で、上記の「人の心を操る力」に関連して、自身の頭の中に抱いたイメージを他人に送ることができる。力量や波長さえ合えば、長距離を隔てても意思を伝えることが可能であり、ジェダイ同士であればそれを利用して言葉を使わずに会話をすることも可能である。

ルークはベスピンでダース・ベイダーに敗北した際に、この能力を使ってレイア・オーガナに助けを求めた他、オビ=ワンも自分の家に「近寄るな、立ち去れ」という意思の結界を張り、ジャワやタスケン・レイダー等の進入を防いでいた。

この能力は言語を持たない動物昆虫などに対しても有効であり、ジェイセン・ソロは特にその能力に秀でている。興奮した猛獣を鎮静化させたり、大型動物を乗物として利用したりといった技はジェダイにとって一般的な技術として確認でき、ルークはバクラで自分の体内に侵入した吸血生物に対して、新鮮な血液のイメージを送ることで喉まで誘導し吐き出したことがある。 この能力で日頃から絆を深めた動物と連携を取って戦うジェダイも存在しており、ヨーダクローン大戦でキバックという動物に度々騎乗している他、キ=アディ=ムンディはアリクスという大型の鳥を召喚する事ができる。

新共和国時代には操縦者がこの能力を使う事を前提とし、味方との通信を機器に頼らない事で隠密性に特化したジェダイ専用のXウイングであるステルスXが開発されている。

この能力を応用して戦闘の際に複数のジェダイが意識を共有する「フォース・メルド(バトル・メルド)」という戦法が、アウトバインド・フライト時のジョラス・シボースユージャン・ヴォング大戦時のサーバ・セバタインなどにより提唱された。ただしこのメルドには、「一人が負った精神的ダメージも共有してしまう」「長時間続けると感覚が混ざり合い、自他の境界線が曖昧になる」という欠点もある。

癒し[編集]

自分の精神の沈静や疲労の回復、短い時間で十分な睡眠を取る、カウンセリングなどは、ジェダイならほぼ必ず備えている一般的な能力である。 呼吸法や瞑想を行う、自己暗示をかけトランス状態になる、などの方法がある。 これは精神的に怪我や火傷の痛みを感じないようにさせて苦痛を和らげるというものから、熟練すれば物理的に体内の毒を除去したり、バクタ・タンク治療を行わなければ治せないような傷を塞いだりすることもできるようになる。

他人に対しても、フォースを用いて疾病を治癒したり、傷を癒すことができる。ただし、癒しは癒される本人の身体エネルギーを消費するほか、癒す相手の身体構造を把握していないと治療が逆効果になることもある。また、毒を打ち消すことはできるが、酸を無害にすることは難しい。

旧ジェダイ・オーダーのバリス・オフィーや、新ジェダイ・オーダーのシルガルは特にこの能力に秀でている。

なお、フォースを用いた命の蘇生、生命の創造は伝説級の業である。新三部作では「ダース・プレイガスの秘儀」があるとされ、ミディ=クロリアンを意図的に操作し、永遠の命を得ることができたとされるが、プレイガスはその内容を遺さずにダース・シディアスに殺害されており、真偽のほどは分かっていない。 惑星モーティスに住むフォースの化身である親子の一員である「娘」は、「息子」によって殺害されたアソーカ・タノを蘇生した。しかし、この時既に彼女自身も「息子」によって致命傷を負わされていたとはいえ、アソーカの蘇生と引き換えに自らが命を落としている。 レガシー時代のスカイウォーカー家の末裔ケイド・スカイウォーカーはこの力の片鱗を見せ、フォース・ライトニングを応用して自分のマスターの命を救っている。

霊体化[編集]

フォース・ゴースト」とも呼ばれる。肉体的な死を遂げたジェダイの精神が、実際に目に見える形で現れたもの。 自己の精神が全時空のフォースの「一部にして全体」となり、フォースのあるすべての場所に存在することができる。頭の中で思うだけで、星から星への移動も可能である。 ただし、精神を封じ込めるトラップやパワースポット、兵器、他者のフォースによる攻撃などにより、ダメージや束縛を受けることはありえる。

古来より力のあるジェダイやシスが、この業を用いて死後も現世に留まったが、方法は失われていた。 リビング・フォースに精通したクワイ=ガン・ジンが自分の死後に発見して冥界から帰還し、ヨーダオビ=ワン・ケノービに伝授した。

エピソード2』にてクワイ=ガン・ジンは、怒りに囚われたアナキンに「Anakin! Anakin! Nooooooo!!」と声のみで出演しているが、意識だけフォースと一体化し現世に戻っていたためである。ヨーダとオビ=ワンはフォースと一体化した彼の教えを乞い研究・修行したおかげで、更にこの技術を発展させ、フォースと一体化しながらも意識だけでなく霊体を保つことに成功している。アナキンはこの力について修行していないが、死後に霊体化した。これは、アナキンは元々フォースの集中によって誕生した存在であったためだとジョージ・ルーカスは発言している。

その他の力[編集]

その他、それぞれのフォース感知者によって大きく能力が違うものとして、

  • 人探し
  • 記憶を遡り、無自覚に感じていた過去の状況の詳細を知る
  • 自分の知らない言葉を使う
  • フォースを光学的運動に用いて身の回りの光や熱、音波を曲げ、光学迷彩を行う。機械のセンサーやフォースによる感知さえも欺くことができる(フォース・クローク、あるいはフォース・カムフラージュと呼ばれる。アディ・ガリアが使用)
  • 相手の意識を遮断する、眠らせる(ルーク・スカイウォーカーが主に使用。映画『エピソード1』ではクワイ=ガン・ジンがパニックを起こしたジャー・ジャー・ビンクスに対して使用している)
  • 思考パターンをずらし、幻惑や洗脳、薬物などの効果を防ぐ。相手のフォースにより思考を読まれることも防ぐ(マラ・ジェイドが使用)
  • 自分の心臓を止め、仮死状態になり冬眠する。水や酸素の消費を必要としなくなり、例え宇宙空間に放り出されても生身で耐えられるが、覚醒するには他者からの呼びかけやキーワードなどが必要となる。生体センサーをごまかすこともできる。(ルークが使用)
  • 相手の新陳代謝を制御し、心臓を止める(モリ・クローと呼ばれる。ヤドルが使用)
  • 相手に強力なめまいと吐き気をもよおさせる(マラシーアと呼ばれ、オポー・ランシセスが使用)
  • 航法コンピュータのナビゲーションより正確に、あるいはまったく必要とせずハイパードライブ航法を行う(セイシー・ティン、ルークが主に使用)
  • 無生物に触れることで精神の痕跡を読み取り、その場で起きた近い過去の出来事を知る(クインラン・ヴォスが使用)
  • 周辺の生物から生命エネルギーを得てフォースを増強する。ただし過度に行うとダークサイドの影響により体が蝕まれる(エグザ・キューンガントリスが使用)
  • 空気を操り、竜巻を起こす。呼吸困難を起こしている相手の肺に酸素を送り込んだり、大気中のガス資源の位置を特定することも可能(ストリーンが使用)
  • 自分の声に意思を乗せ、発言の説得力を増す。戦場では兵士たちに勇気を与え、逃げ惑う人々を沈静させて避難誘導を行ったり、クレイトドラゴンの咆哮を真似、敵を怯えさせたりすることができる。(ジェイ・マラク、オビ=ワン・ケノービが使用)
  • 電子回路を修理もしくは誤動作させたり、バッテリーにエネルギーを集めて充電する(アナキン・ソロが主に使用。メイス・ウィンドゥはこの能力を応用し、素手でドロイドの配線を掴むことでハッキングし操ることができる。また、カズダン・パラトゥスはこの能力を使い、彼の意思と力によって動く独自のバトル・ドロイドを制作している)
  • 精神を乗り移らせて、新しい身体を得る(ダース・シディアスが使用。自分のクローンに乗り移って復活したり、アナキン・ソロの肉体を得ようとしたほか、処刑した人間の恐怖の記憶を残したままクローンとして生き返らせたこともある)
  • 自分の涙の分子構造を変化させ、薬や毒に変える(ヴァーゲアが使用)

などがある。

また、フォースのダークサイドのみに、肉体に作用して外観を変える作用が劇中で見られる。ダース・シディアスはフォース・ライトニングをメイス・ウィンドゥに跳ね返されて自らがフォースのダークサイドのエネルギーに晒された結果、皮膚は青白く変色し、顔は深くしわが寄り、眼窩が露わになり、眼が黄色く変色したこれまでとは異なる姿となった。また、フォースのダークサイドに堕ちたアナキン改めダース・ベイダーはムスタファーで独立星系連合の幹部たちを虐殺した際やオビ=ワン・ケノービの斬撃を受けて重傷を負った直後には、一時的に眼が黄色くなっている。この2人はいずれもシスの暗黒卿であるが、シディアスの方が変化の度合いが大きくなおかつそれが恒常的であるのは、シディアスは師であるダース・プレイガスの元で修業を積んで、フォースのダークサイドの力を手にしてからかなりの時間が経過しているので、ダークサイドに接した期間では彼よりも短いベイダーとおのずと差があるが故の現象と思われる。また、ベイダー配下のダークサイドの使い手である「尋問官」に属する尋問官とシスター・セブンも黄色い眼をしている。

フォース・ライトニング[編集]

フォース・ライトニングForce Lightning)」とは、熟練したシスの暗黒卿が用いる、掌や指先から青白い強力な電撃を放つ技である。劇中では、銀河皇帝ダース・シディアスドゥークー伯爵(ダース・ティラナス)などが、攻撃手段としてこれを使用する。

フォース・ライトニングは、ライトセーバーで防いだり偏向することはできるが、凄まじい威力を誇るため防ぎ続けることは容易いことではなく、ライトセーバーを持つ者の腕力次第ではライトセーバーを跳ね飛ばされる恐れがある。また、劇中ヨーダのみが使った技法として、ドゥークー伯爵やパルパティーンは放つこの電撃を、素手でフォースを用い防ぎ、掌で滞留させた後に相手に押し返してみせた。『エピソード6』の小説版では、ルークが皇帝のフォース・ライトニングを受けた際に、ヨーダと同様に手をかざして押し返そうとするが、皇帝に「お前の拙い技など暗黒面の力の前には無意味だ」と押し返されてしまった。この場面は映画ではカットされたが、皇帝の台詞はそのまま残っている。

映画劇中において、シスの暗黒卿であるダース・モールダース・ベイダーはこの技を使う場面はない。 これには諸説あり、ダース・モールには、単に映画劇中で使う機会がなかっただけという説と、そこまでの実力がなかった説がある。 ダース・ベイダーも、単に映画劇中で使う機会がなかっただけという説と、これを放つと自身の生命維持装置に不具合が生じることになりかねないため、使わなかったと言われている(だが、ゲーム『スター・ウォーズ マスターズ・オブ・テラス・カシ』など一部ゲームでは使用できる)。 また、ジュニア版小説の設定ではあるが、フォース・ライトニングを使うには生身の肉体が必要なため、手足が機械の義手となってしまったベイダーにはフォース・ライトニングは使用できない、とされているが、フォース・チョークやフォース・プルなどは問題なく義手をかざして使っているため、この説には矛盾する点もある。

スピンオフ(外伝)のレジェンズ(非正史)作品では、皇帝パルパティーン直属の刺客“皇帝の手”の一人であるマラ・ジェイド、ダース・ベイダーの弟子であるスターキラー、ジョラス・シボースのクローンであるジョルース・シボースのように、正式にシスの暗黒卿として認められていない者やシスとしての修行を受けていない者でも、暗黒面のフォースを学んだ者であればこの技を使う描写があるため、スピンオフ作品の設定では、シスの暗黒卿のみが使える技ではないと思われる。

レジェンズ(非正史)作品での壮年期のルーク・スカイウォーカーは、相手を生かすことも、殺すこともできる緑色の電撃「リビング・フォース・ライトニング」を使用する。ライトサイドとダークサイド、2つの道を経験しフォースのバランスを身に付けた、ルークにのみ可能なフォースの奥義である。

その他の用例[編集]

『エピソード4』に登場したルークのスピーダーが空中を浮いて走っている表現において、一部のシーンで土台を隠すためにカメラのレンズにワセリンを塗って撮影しており、スピーダー下部に生じたオレンジ色の染みをスタッフが苦し紛れに冗談で「あれはフォースだ」と呼んでいた。これは特別編以降ではデジタル修正を施されている。

出典[編集]

  1. ^ 『スター・ウォーズ ニューズウィーク日本版 SPECIAL EDITION 「フォースの覚醒」を導いたスター・ウォーズの伝説』MEDIA HOUSE MOOK、78頁。

関連項目[編集]