ジェニファー・ビールス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェニファー・ビールス
Jennifer Beals
Jennifer Beals
2008年11月、『Lの世界』のファン・コンベンションにて
生年月日 1963年12月19日(50歳)
出生地 イリノイ州シカゴ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優ファッションモデル
ジャンル 映画テレビドラマ雑誌
活動期間 1983年 -
活動内容 1983年:映画デビュー
配偶者 アレクサンダー・ロックウェル(1986年 - 1996年)
ケン・ディクソン(1998年 - )
主な作品
映画
フラッシュダンス
テレビドラマ
Lの世界

ジェニファー・ビールスJennifer Beals, 1963年12月19日 - )は、アメリカ合衆国女優イリノイ州シカゴ出身。フランシス・W・パーカー・スクールFrancis W. Parker School)、イェール大学卒業。

経歴[編集]

インディアンの血を引くアフリカ系アメリカ人の父とアイルランド系アメリカ人の母との間に生まれる[1]。彼女が9歳の時に他界した父[2]は、巨大スーパーマーケットの経営で成功を収め、莫大な財産を残していた。そのため、比較的裕福な家庭であった。兄と弟と3人兄弟。母は、彼女が17歳の時に学者と再婚した[3]

アメリカの女優であるセレステ・ホルムアン・ヘッシュダリル・ハンナなどの出身校であるシカゴのフランシス・W・パーカー・スクール(Francis W. Parker School)に進み、在学中からファッション・モデルとして活動。同校でロケが行われた1980年の『マイ・ボディガード』に端役で出演した(Clifford Peache の友人役、クレジット無し)。この出演で映画に興味を持つ[3]

1983年、イェール大学の在学中に『フラッシュダンス』のオーディションに合格し、本格的な映画デビューが主演という幸運に恵まれる。全米だけで興行収入800万ドルの空前の大ヒットとなり、一躍注目される若手女優となる。同作でゴールデングローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされる。“トーストブラン色の細い顔”と評される美しい顔立ちもそうだが、『ヴォーグ』や『ジャルダン・デ・モード』などの一流ファッション雑誌のグラビアを飾る学生という事も人気を煽り、1983年7月の初来日会見で800人を超す報道陣が集まるなど、世界的な注目を集めた[3]

1984年に『フラッシュダンス』に続く大ヒットを期待されて出演した『ブライド』でフランケンシュタインの人造花嫁役を演じるが、大赤字を記録。ゴールデンラズベリー賞のワースト主演女優賞にノミネートされた。コロンビア映画が『フラッシュダンス』のパラマウント映画から彼女を強引に連れてきて出演させ、巨費を投じて制作されたため作品だったために影響が大きく、コロンビアの株価が急落した。元よりアイドルスターの彼女に怪奇映画の古典的なキャラクターを演じさせること自体に無理があった。『フラッシュダンス』で得た人気や評判は、一夜にして急落した。

2003年の秋、『Lの世界』のオファーを受ける。それまで、映画が中心だったため、本格的なテレビドラマシリーズの主演も初となったが[4]、同作で演じたレズビアン役が評判を呼び、再評価され、カムバックを果たす[3]。また、『フラッシュダンス』出演時と変わらぬ美貌も話題を集める[5]。同じくテレビのシリーズで準レギュラー出演している『ライ・トゥ・ミー』で演じているゾーイ・ランドウ(Zoe Landau)役は、実際の彼女と同様、白人と黒人との(人種的な意味における)ハーフであるという設定が劇中で明言されている。

人物[編集]

身長は、約175cm[5]親日家として知られ、公私を合わせて何度か来日している。小柄な日本人女性に囲まれるたびに「自分がフットボールのクォーターバックになったような(大きな女性の)気分になる」と語っている[5]。また、男性よりも女性の方が同性愛者であることをカミングアウトしにくい日本の状況を「ともかく、義務とか家庭が個人よりも尊重される傾向がある日本では、女性は家庭を守るものと思われているのでしょう。そういう中で女性がカミングアウトすることは、日本の未来までをも脅かしかねないと思われがちで、その結果、なかなかカミングアウトしにくいというのはあるのではないかしら。でも、本当に自分がレズビアンだと思うなら、その気持ちを抑えてしまうのはよくないわ。だってそれは、その人が持って生まれた贈り物を台無しにしてしまうことだと思うから」と語っている[5]

美貌を保つ秘訣については、「冗談でよく、睡眠セックス水分と言っていたけど、やっぱり、持って生まれたものと、心がハッピーかどうかじゃないかしら」と語っている[5]

私生活[編集]

1986年映画監督アレクサンダー・ロックウェルと結婚するが、10年後の1996年に離婚[1]1998年カナダ人の映画実業家であるケン・ディクソンと再婚し、初産が42歳の間近という高齢出産であったが、2005年10月に無事、女児を出産した[6]

交友関係[編集]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1980 マイ・ボディガード
My Bodyguard
クリフォードの友だち
1983 フラッシュダンス
Flashdance
アレックス・オーウェンズ
1984 ブライド
The Bride
エヴァ
1988 バンパイア・キッス
Vampire's Kiss
レイチェル
ギャンブル/愛と復讐の賭け
La partita
オリヴィア・カンディオニ
傷だらけの青春
Split Decisions
バーバラ
1990 Dr.M/ドクトル・エム
Dr. M
ソーニャ
デンジャーヒート/地獄の最前線
Tinikling ou 'La madonne et le dragon'
パティ・メレディス テレビ映画
父の恋人
Sons
トランスヴェスタイト
1991 ブラッド&コンクリート
Blood and Concrete
モナ
1992 イン・ザ・スープ
In the Soup
アンジェリカ・ペーニャ
同窓会の恐怖
Terror Stalks the Class Reunion
ヴァージニア テレビ映画
誘惑されて…
Indecency
エリー・ショー テレビ映画
流血の絆
Le Grand Pardon II
ジョイス
1993 親愛なる日記
Caro Diario
本人
1994 夢幻殺人
Dead on Sight
レベッカ・ダーシー
ミセス・パーカー/ジャズエイジの華
Mrs. Parker and the Vicious Circle
ガートルード
1995 青いドレスの女
Devil in a Blue Dress
ダフネ・モネ
フォー・ルームス
Four Rooms
アンジェラ
スィート・ダンス
Let It Be Me
エミリー・テイラー
1998 ゴッド・アーミー/復讐の天使
The Prophecy II
ヴァレリー
THE SPREE/ボディ・パッション
The Spree
Xinia Kelly テレビ映画
ラスト・デイズ・オブ・ディスコ
1998 The Last Days of Disco
ニナ
1999 タービュランス2
Turbulence 2: Fear of Flying
ジェシカ
2000 ボディ&ソウル/栄光のリング
Body and Soul
ジーナ
ジョージアの風
A House Divided
アマンダ・ディクソン テレビ映画
ブレイク・スルー
Militia
2001 アニバーサリーの夜に
The Anniversary Party
ジーナ・テイラー
アフター・ザ・ストーム
After the Storm
Mrs. Gavotte テレビ映画
2003 ニューオーリンズ・トライアル
Runaway Jury
ヴァネッサ
2004 ミッションX
Catch That Kid
モリー
2006 絶対能力 FBIサイコメトラー捜査官
Troubled Waters
ジェニファー・ベック
呪怨 パンデミック
The Grudge 2
トリッシュ
2010 ザ・ウォーカー
The book of Eli
クローディア

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1985 フェアリー・テール・シアター/シンデレラ
"Faerie Tale Theatre" Cinderella
1992 2000マリブロード・美しき疑惑
2000 Malibu Road
ペリー・クイン 6エピソード
1999 ザ・ハンガー プレミアム
The Hunger
ジェーン エピソードAnd She Laughed
2004 そりゃないぜ!? フレイジャー
Frasier
Dr. Anne Ranberg 2エピソード
2004-2009 Lの世界
The L Word
ベット・ポーター 主演で70エピソード
2007 ロー&オーダー
Law & Order
ソフィア・アーチャー エピソードCharity Case
2009-2010 ライ・トゥ・ミー 嘘は真実を語る
Lie to Me
ゾーイ・ランドー ゲストで6エピソード
2011 The Chicago Code テレサ・コルヴィン 13エピソード
2012 キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き
Castle
ソフィア・ターナー ゲストで2エピソード
The Mob Doctor セレステ エピソードGame Changers

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Sarah Warn (2003年12月). “Jennifer Beals Tackles Issues of Race, Sexuality on The L Word”. AfterEllen. 2012年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月27日閲覧。
  2. ^ Nancy Mills (2011-02-31). “Jennifer Beals relies on her masculine side for new series”. readingeagle.com. 2011年2月27日閲覧。
  3. ^ a b c d 『日経エンタテインメント!』2008年3月号(日経BP社)内「負け組 ハリウッドの肖像」より
  4. ^ eiga.com (2008年2月5日). “現実のレズビアンはもっと過激!「Lの世界」ジェニファー・ビールス”. 2008年11月15日閲覧。
  5. ^ a b c d e 毎日jp (2008年2月7日). “映画インタビュー:ジェニファー・ビールスさん 「フラッシュダンス」から25年、全米衝撃のドラマ「Lの世界」主演”. 2008年11月15日閲覧。
  6. ^ “ジェニファー・ビールスに女児誕生”. シネマトゥデイ. (2005年11月28日). http://www.cinematoday.jp/page/N0007418 2012年12月28日閲覧。 
  7. ^ imdb - Biography for Jennifer Beals, Trivia
  8. ^ Jennifer Beals and Marlee Matlin Send Sparks Flying on 'The L Word'”. The TV Tattler. AOL.com (2007年2月12日). 2007年5月25日閲覧。

外部リンク[編集]