マイ・ボディガード (1980年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイ・ボディガード
My Bodyguard
監督 トニー・ビル
脚本 アラン・オームズビー
製作 メルヴィン・サイモン
ドン・デヴリン
出演者 クリス・メイクピース
アダム・ボールドウィン
マット・ディロン
マーティン・マル
ルース・ゴードン
音楽 デイヴ・グルーシン
撮影 マイケル・D・マーグリーズ
編集 スチュー・リンダー
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1980年7月11日
日本の旗 1981年2月7日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $3,000,000
興行収入 $22,500,000
テンプレートを表示

マイ・ボディガード』(原題: My Bodyguard)は、1980年アメリカ合衆国青春映画。マット・ディロンはこの映画と同年公開された『リトル・ダーリング』でいずれも不良役を演じ、一躍青春スターの仲間入りをした。また、端役で出演したジェニファー・ビールスは3年後の『フラッシュダンス』で主役を射止めることとなった。

ストーリー[編集]

クリフォードは父と祖母とともに高級ホテルに住む15歳の高校生。母はすでに亡くなっているが、父はそのホテルの支配人を勤めており3人で幸せな生活を送っていた。クリフォードは公立高校に転校することになったが、そこはいじめの横行する荒れた学校であり、さっそくリーダー格であるムーディとその子分達に目をつけられ、ターゲットにされてしまった。そこでクリフォードは、同じ学校の生徒で誰とも口を利かない一匹狼のリッキーにボディーガードになってくれるよう頼む。リッキーはかつて弟を銃で射殺したという噂が流れており、ムーディですら恐れて近づくことができないほどの存在であった。はじめは冷たく拒否していたリッキーだが、徐々にクリフォードに心を開いてゆく。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[1](ソフト未収録)

評価[編集]

  • 公開初週の興行収入は178,641ドルで全米3位となり、最終的に米国内で22,482,953ドルの売上となった。[2]
  • エンターテインメント・ウィークリー誌の「50 Best High School Movies」の45位にランクインしている。[3]
  • 映画は概ね好意的に受け止められ、Rotten Tomatoesでの新鮮得点は85%を獲得した。[4]

脚注[編集]

  1. ^ 初放送1981年1月18日 日本テレビ水曜ロードショー』。
  2. ^ My Bodyguard (1980)”. Box Office Mojo. Internet Movie Database. 2011年3月1日閲覧。
  3. ^ Head of the Class: The 50 Best High School Movies”. Entertainment Weekly. 2011年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月1日閲覧。
  4. ^ My Bodyguard - Rotten Tomatoes(英語)

外部リンク[編集]