ミセス・パーカー/ジャズエイジの華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミセス・パーカー/ジャズエイジの華
Mrs. Parker and the Vicious Circle
監督 アラン・ルドルフ
脚本 アラン・ルドルフ
ランディ・スー・コバーン
製作 ロバート・アルトマン
製作総指揮 スコット・ブッシュネル
アイラ・ドイッチマン
出演者 ジェニファー・ジェイソン・リー
キャンベル・スコット
音楽 マーク・アイシャム
撮影 ジャン・キーサー
編集 スージ・エルミガー
製作会社 ロバート・アルトマン・プロ
ミラマックス
配給 アメリカ合衆国の旗 ファインライン・フューチャーズ
日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年11月23日
日本の旗 1996年9月28日
上映時間 125分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $7,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $2,144,667[2]
テンプレートを表示

ミセス・パーカー/ジャズエイジの華』(原題:Mrs. Parker and the Vicious Circle)は、1994年制作のアメリカ合衆国の映画

その後のアメリカ文化に影響を与えた1920年代(ジャズエイジ)のニューヨークの文学サロン「アルゴンキン・ラウンド・テーブル」をめぐる人間模様を、作家脚本家ドロシー・パーカーを中心に描いた作品。アラン・ルドルフ監督、ロバート・アルトマン製作。

主演のジェニファー・ジェイソン・リーが第29回全米映画批評家協会賞と第7回シカゴ映画批評家協会賞で主演女優賞を受賞したほか、第47回カンヌ国際映画祭パルム・ドールにノミネートされるなど、高い評価を受けた[3][4][5]

あらすじ[編集]

1920年代ニューヨークアルゴンキン・ホテルのレストランは、ニューヨークで活躍する詩人、作家、コラムニストたちのたまり場になっていた。ホテル側は彼らのためにレストランの一角に特別に大きな丸テーブルを用意した。これが1920年代のニューヨークの文学サロンを示す代名詞として使われるようになり、その後のアメリカ文化に影響を与えたアルゴンキン・ラウンド・テーブルである。

脚本家志望のドロシー・パーカーは第一次世界大戦から復員した夫エディとの関係がうまく行っていなかったところへ、チャールズ・マッカーサーという演劇記者と恋仲になる。やがてドロシーは妊娠するが、プレイボーイのチャールズは他にも愛人を作ったため、ドロシーは中絶し、自殺を図るが、ロバート・ベンチリーに助けられる。彼はアルゴンキン・ラウンド・テーブルの中で漫談でひときわ異彩を放っており、やがてラジオや舞台、映画で成功を収める人物だった。

ドロシーはアルゴルキン・ホテルに住み、ベンチリーの支えを受けながら創作活動に励むが、創作の苦悩の中で次第に煙草とアルコールに溺れていく。

キャスト[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]