マシュー・ブロデリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マシュー・ブロデリック
Matthew Broderick
Matthew Broderick
2009年
本名 マシュー・ジョン・ブロデリック
生年月日 (1962-03-21) 1962年3月21日(59歳)
出生地 ニューヨーク
職業 俳優
配偶者 サラ・ジェシカ・パーカー(1997年 - )
主な作品
フェリスはある朝突然に
ライオン・キング
プロデューサーズ
GODZILLA
 
受賞
トニー賞
Leading Actor in a Musical
1995年『努力しないで出世する方法』
Featured Actor in a Play
1983年『ブライトン・ビーチ回顧録』
その他の賞
テンプレートを表示

マシュー・ジョン・ブロデリックMatthew John Broderick, 1962年3月21日 - )は、アメリカ合衆国俳優

来歴[編集]

ニューヨーク出身。父親はアイルランド系の俳優、母親はユダヤ系脚本家[1][2]

高校在学中に父親が出演したホートン・フートの舞台でデビューして以来、数々の舞台に立っている。『努力しないで出世する方法』と『ブライトン・ビーチ回顧録』でトニー賞を受賞。21歳の時に『ニール・サイモンのキャッシュ・マン』でスクリーンデビュー、次いで『ウォー・ゲーム』で高校生役で主演。23歳の時にやはり高校生役で出演した『フェリスはある朝突然に』で人気を集めた。

大ヒットしたメル・ブルックスミュージカルプロデューサーズ』にも出演しており、映画版にも出演した。

私生活[編集]

1987年、車を運転中に衝突事故を起こし、相手の母娘2人を即死させた。

1997年に女優のサラ・ジェシカ・パーカーと結婚した[3]。2002年には息子が生まれている。2009年には代理母を通して双子の女児をもうけている[4][5]

出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考 吹き替え
1983 ニール・サイモンのキャッシュ・マン
Max Dugan Returns
マイケル 松野太紀
ウォー・ゲーム
War Games
デヴィッド・ライトマン 関俊彦TBS版)
1985 レディホーク
Ladyhawke
フィリップ 堀内賢雄(TBS版、テレビ朝日版)
1986 フェリスはある朝突然に
Ferris Bueller's Day Off
フェリス・ビューラー (吹き替え版無し)
1987 飛べ、バージル/プロジェクトX
Project X
ジミー・ギャレット 関俊彦
1988 ブルースが聞こえる
Biloxi Blues
ユージーン・モリス・ジェローム (吹き替え版無し)
トーチ・ソング・トリロジー
Torch Song Trilogy
アラン
1989 ファミリービジネス
Family Business
アダム・マクマレン 三ツ矢雄二
グローリー
Glory
ロバート・グールド・ショー大佐 神谷明(ソフト版)

江原正士日本テレビ版)

1990 ドン・サバティーニ
The Freshman
クラーク 宮川一朗太
1992 マシュー・ブロデリックの 緊・急・事・態
Out on a Limb
ビル・キャンベル (吹き替え版無し)
1994 ライオン・キング
The Lion King
シンバ 声の出演 宮本充
ミセス・パーカー/ジャズエイジの華
Mrs. Parker and the Vicious Circle
チャールズ・マッカーサー (吹き替え版無し)
ケロッグ博士
The Road to Wellville
ウィル
1996 ケーブルガイ
The Cable Guy
スティーヴン 平田広明
インフィニティ/無限の愛
Infinity
リチャード 監督・プロデュース・出演 (吹き替え版無し)
1997 恋におぼれて
Addicted to Love
サム 松本保典
1998 GODZILLA
Godzilla
ニック・タトプロス博士 森川智之(ソフト版)

高木渉(日本テレビ版)

1999 ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!
Election
ジェームズ・マカリスター 藤原啓治
GO!GO!ガジェット
Inspector Gadget
ジョン・ブラウン/ガジェット
2004 ステップフォード・ワイフ
The Stepford Wives
ウォルター 高木渉
ラスト・ショット
THE LAST SHOT
スティーヴン 横堀悦男
2005 プロデューサーズ
The Producers
レオ・ブルーム (吹き替え版無し)
2006 ライトアップ! イルミネーション大戦争
Deck the Halls
スティーヴ 宮本充
2007 いとしい人
Then She Found Me
ベンジャミン・グリーン (吹き替え版無し)
2011 マーガレット
Margaret
ジョン
ペントハウス
Tower Heist
Mr. フィッツヒュー 村治学
ニューイヤーズ・イブ
New Year's Eve
ビューラートン 上田燿司
2015 エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方
Tranwreck
本人役 TBA
2016 マンチェスター・バイ・ザ・シー
Manchester by the Sea
ジェフリー 村治学
ハリウッド・スキャンダル
Rules Don't Apply
レヴァー・マティス
2019 みんなあつまれ! ワンダーパーク
Wonder Park
ジューンの父親 声の出演 金谷ヒデユキ

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
2008, 2012 30 ROCK/サーティー・ロック
30 Rock
Cooter Burger 計2話出演
2012 モダン・ファミリー
Modern Family
Dave 計1話出演

舞台[編集]

邦題
原題
役名 備考
1981 トーチ・ソング・トリロジー
Torch Song Trilogy
デイヴィッド
1983 ブライトン・ビーチ回顧録
Brighton Beach Memoirs
ユージーン・モリス・ジェローム トニー賞ミュージカル助演男優賞受賞
1985 ブルースが聞こえる
Biloxi Blues
1995 ハウ・トゥー・サクシード
How to Succeed in Business Without Really Trying
フィンチ トニー賞 ミュージカル主演男優賞受賞
1999 Night Must Fall Dan
2000 Taller Than a Dwarf ハワード・ミラー
2001–2002, 2003 プロデューサーズ
The Producers
レオ・ブルーム
2002 Short Talks on the Universe
2004 ザ・フォーリナー
The Foreigner
チャーリー・ベイカー
2005 おかしな二人
The Odd Couple
フェリックス・アンガー
2009 The Philanthropist フィリップ
The Starry Messenger マーク
2012 Nice Work If You Can Get It ジミー・ウィンター

脚注[編集]

  1. ^ http://www.genealogy.com/famousfolks/brodrick/index.html
  2. ^ アーカイブされたコピー”. 2006年12月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月19日閲覧。
  3. ^ Serena Kappes (2000年11月10日). “Friend Finds He Can Count on Broderick”. People. オリジナルの2006年9月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060907173425/http://matthewbroderick.net/article/people00.html 2008年5月19日閲覧。 
  4. ^ Sarah Jessica Parker and Matthew Broderick Reveal Twins' Names – Babies, Matthew Broderick, Sarah Jessica Parker” (2009年6月23日). 2009年6月23日閲覧。
  5. ^ Mitovich, Matt. “Sarah Jessica Parker and Matthew Broderick Welcome Twin Girls”. 2009年6月23日閲覧。

外部リンク[編集]