レベッカ・ミラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レベッカ・ミラー
Rebecca Miller
レベッカ・ミラーRebecca Miller
レベッカ・ミラー
生年月日 (1962-09-15) 1962年9月15日(54歳)
出生地 コネチカット州
ロックスベリー
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画監督
脚本家
女優
活動期間 1988年-
配偶者 ダニエル・デイ=ルイス
著名な家族 ロナン(長男、1998年 - )
カシュエル(次男、2002年 - )
公式サイト http://rebecca-miller.com/

レベッカ・ミラーRebecca Miller1962年9月15日 - )は、アメリカ合衆国映画監督脚本家女優

人生・経歴[編集]

コネチカット州ロックスベリーに生まれた。父は劇作家のアーサー・ミラー、母はオーストリアの写真家インゲ・モラス。 彼女にはダニエル(1966年生まれ)というダウン症の弟がいたが、生まれてすぐ施設に入院した。

1980年、イェール大学に入学し、絵画文学を専攻。1985年の卒業と共に、勉強し、奨学金を得て、ドイツミュンヘンで過ごす。1987年に帰国し、ニューヨークに居を構え、ニュースクール大学で映画を専攻。

1988年1月よりブルックリン・アカデミー・オブ・ミュージック英語版で上演を始めたピーター・ブルック演出《桜の園》のアーニャという大役を得て舞台デビュー。世界ツアー(日本は1989年4月銀座セゾン劇場)の前に、ジャック・レモン主演『メアリー・フェイガン殺人事件』(1988年/VHS題「七十年目の審判」)と俳優クラウス・マリア・ブランダウアーが監督した『ヒットラーを狙え!/独裁者 運命の7分間』(1989年/VHS発売)というテレビ映画に出演した。

巡演を終えて出演したのはオフ・ブロードウェイの名門マンハッタン・シアター・クラブ英語版リチャード・グリーンバーグ英語版に委託した新作舞台《アメリカン・プラン英語版》(1990年1月、32回の限定公演)のヒロイン、リリ役で、これでテイト・ドノヴァンエリック・ストルツらと共演した。次シーズン12月の再演が決まるほどの評判となったが、終演後に映画界に進出。『心の旅』(1991年) 、『隣人』(1992年)などで役を得た。

1995年に、彼女はカメラの後ろに立って、最初の脚本兼監督作品『アンジェラ』を製作した。映画の評判は大変良いものとなったが、あまり観客の関心を集めることができなかった。 しかし彼女はその後、2002年の『パーソナル・ヴェロシティ』で、 明らかにそれまでよりも成功することができた。この作品は、前年に彼女が出版したショートストーリーの作品集を映画化したもので、 サンダンス映画祭審査委員大賞受賞を含むインデペンデント映画のいくつかの賞を受賞し、映画監督として成功した。彼女は、『2003 book Woman Who・・・』で作家に登録され、2005年の映画 『ザ・バラッド・オブ・ジャック・アンド・ローズ』では、監督として登録されるようになった。2009年に製作されたロビン・ライト・ペン主演『50歳の恋愛白書』は題名は彼女の小説から採っている。

夫は俳優のダニエル・デイ=ルイスである。レベッカが彼に最初に会ったのは、父アーサー・ミラーの戯曲『るつぼ』の映画化『クルーシブル』(1996年)の準備の時であった。レベッカとデイ=ルイスはその映画公開2週間前の1996年11月13日に結婚し、その後はロナン(1998年 - )とカシュエル(2002年 - )の2人の息子が生まれている。

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

テレビ映画[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]