ゴッド・アーミー/復讐の天使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゴッド・アーミー/復讐の天使
The Prophecy II
監督 グレッグ・スペンス
脚本 マット・グリーンバーグ
グレッグ・スペンス
製作 ジョエル・ソワソン
製作総指揮 ロバート・リトル
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
グレゴリー・ワイデン
出演者 クリストファー・ウォーケン
ジェニファー・ビールス
音楽 デヴィッド・C・ウィリアムズ
撮影 リチャード・クレイボウ
編集 イヴァン・ラディジンスキー
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年1月20日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 87分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ゴッド・アーミー/悪の天使
次作 ゴッド・アーミー 聖戦
テンプレートを表示

ゴッド・アーミー/復讐の天使』( - ふくしゅうのてんし、原題:The Prophecy II)は、グレッグ・スペンス監督のオカルトホラー映画1998年公開。前作とは違いビデオ映画であり、日本でもビデオ販売のみ。

キャスト[編集]

ストーリー[編集]

人間を愛するに嫉妬した天使が引き起こした第2次天国戦争。その戦争を終わらせた人間トーマス・ダゲットは今もなお天使の影に怯え、今は刑事をやめ修道院に暮らしていた。

ある晴れた日、ヴァレリー・ロザレスの乗った車に男が落ちてきた。状況もわからないまま彼女は彼を病院まで付き添っていく。彼は即手術室に運ばれることとなった。心配するヴァレリー、そんな彼女の手に落ちてきた男がそっと手を差し伸べ、「心配は要らない」と囁く。その言葉の通り彼はほとんど無傷だった。彼は彼女に「ダニュエル」という名だと伝える。彼女は彼の看護を手伝うことにした。

ある晩、修道院のトーマスの部屋から叫び声が聞こえてきた。心配した司教は部屋に入ると目を疑った。部屋には聖書の各ページがいくつも貼られ、いくつもの十字架やろうそくが立てられていた。その中にトーマスが倒れていた。「彼が戻ってくる…」。その頃一人の黒いコートを着た男が地面にキスをあてた。「ガブリエルよ蘇れ。お前達の戦争地獄を巻き込むな」。そう言って男はその場を立ち去る。その瞬間地面は引き裂かれ一人の裸の男が現れる。死の天使ガブリエルが地獄から蘇った瞬間であった。

概要[編集]

ゴッド・アーミー2作目。ただしゴッド・アーミーの続編というよりは全米公開版の「PROPHECY」の続編と言える。監督はグレゴリー・ワイデンからグレッグ・スペンスに変更された(ワイデン自身は原案者であり製作総指揮にも名を載せている)。

前作に引き続き悪の天使ガブリエルをクリストファー・ウォーケンが演じている。ガブリエル以外に引き続き登場する人物はトーマスとルシファーそしてヨゼフがいるが、ヨゼフ以外は俳優が前作と違っており出番も少ない(ルシファーに至ってはほんの数秒である)。

新しいキャラクターには「フラッシュダンス」のジェニファー・ビールスやブリタニー・マーフィ、 エリック・ロバーツといった俳優が出演している。

今回も"天使座り"は健在している。

サウンドトラック[編集]

(日本では輸入盤のみ)

  • タイトル : 「The Prophecy II」
  • 作曲者 : David Williams
  • レーベル : Perseverance
  • 発売日 : 2006年9月19日
  • 曲数 : 20曲 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]