呪怨 パンデミック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
呪怨 パンデミック
The Grudge 2
監督 清水崇
脚本 スティーヴン・サスコ
製作 ロブ・タパート
一瀬隆重
サム・ライミ
製作総指揮 ジョー・ドレイク
ネイサン・カヘイン
ロイ・リー
ダグ・デイヴィソン
音楽 クリストファー・ヤング
撮影 柳島克己
編集 ジェフ・ベタンコート
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 ザナドゥー/エイベックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年10月23日
日本の旗 2007年8月11日
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
日本語
製作費 $20,000,000[1]
興行収入 $70,711,175[1]
前作 THE JUON/呪怨
次作 呪怨 ザ・グラッジ3
テンプレートを表示

呪怨 パンデミック[2]』(じゅおん パンデミック、原題: The Grudge 2)は、2006年制作のアメリカ合衆国の映画。日本映画『呪怨』のハリウッド・リメイク作品『THE JUON/呪怨』(2004年)の続編である。日本での公開はアメリカに比べるとずいぶん遅れた。

キャッチコピーは「ついに始まる、恐怖の爆発感染」。

ストーリー[編集]

東京に暮らす学生アリソンは友人のヴァネッサとミユキに連れられ、呪われた幽霊屋敷といわれる有名な一軒家を訪れる。ヴァネッサとミユキはふざけてアリソンを2階の押し入れに入れると扉を閉め、彼女を閉じ込めた。しかし、手を放しても扉が開かなくなってしまう。

一方、カリフォルニア州に住むオーブリーは日本にいる姉のカレンが入院したと聞き、彼女の入院先を訪れる。しかし、そこでカレンに自殺を図られたオーブリーは、「呪われた家」での事件について調べる香港人記者のイーソンと出会う。

シカゴのアパートに住む小学生のジェイクは、隣の部屋から聞こえる壁を叩くような不審な音を気にしていた。それ以降、アパートの住民が異常な行動をとるようになる。

日本のある一軒家からはじまった怨念は、やがて世界へと爆発感染していく。

キャスト[編集]

※日本語吹き替え版は劇場公開版/DVD版の順。

オリジナル版との違い[編集]

前作『THE JUON 呪怨』は日本版『呪怨』のリメイクだったが、今作は日本版『呪怨2』のリメイクではない。そのため、映画の内容全体が日本版とは全く異なるオリジナルストーリーとなっているが、ビルとトリッシュの夫婦の描写が日本版の北田洋・良美夫婦の描写に通じるなど、劇中に日本版とリンクする場面はいくつか登場している。

関連商品[編集]

小説『呪怨 パンデミック』
著:大石圭 / レーベル:角川ホラー文庫 ISBN 978-4043572168

関連イベント[編集]

いずれもお化け屋敷

東京ドームシティラクーアザ・13ドアーズ」『呪怨 パンデミックの部屋』
「闇の歯科病棟」でクイズの正解者のみ入場できる。
ナムコナンジャタウン『呪怨 パンデミック』
「佐伯家」を再現し、映画の名場面をイメージする。
道頓堀極楽商店街『呪怨 パンデミック』
「佐伯家」を再現し、映画の名場面をイメージする。佐伯俊雄は人形のみだが、佐伯伽椰子は役者が演じるものもあり、随所に登場する。園内の割引サービスと併設された。

脚注[編集]

  1. ^ a b The Grudge 2”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年4月20日閲覧。
  2. ^ パンデミック」を和訳すると「爆発感染」という意味になるが、本来これは感染症や伝染病などが爆発的に蔓延する際に使用される単語である。

外部リンク[編集]