陳冠希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エディソン・チャンから転送)
移動先: 案内検索
陳冠希
Edison-Chen-EDC.jpg
基本情報
繁体字 陳冠希
簡体字 陈冠希
漢語拼音 Chen GuanSai
粤拼 Can4 Gun3 hei1
出生名 陳興華
出身地 香港
生誕 (1980-10-07) 1980年10月7日(36歳)
バンクーバー
英語名 Edison Chen
職業 俳優、歌手
レーベル Clot Media Division (2007-2008)
EEG (2000-2005)
活動期間 1999年 - 2008年
2010年 -
Edward Chen
祖籍 上海市
公式サイト http://www.clotinc.com/

陳 冠希広東語:チャン・グンヘイ、北京語:チェン・グアンシー、英語: Edison Chen、エディソン・チャン、1980年10月7日- )は、香港俳優歌手。愛称は「エディー」「えぢ」など。ストリートファッションブランド「CLOT」のディレクターでもある。2008年、写真流出事件を発端として、香港芸能界を無期限に去ると発表したが、翌年には香港映画に復帰している。

略歴[編集]

本名は「陳興華(チャン・ヘンワー/チェン・シンホヮ)」。バンクーバー出身。香港ニューヨーク、バンクーバーと移住し、トロントの高校を卒業後に香港に帰国。

1999年のCM出演で注目を浴び、2000年映画ジェネックス・コップ2』の主演で俳優デビュー。同年に歌手としても活動を始め、日本映画にも出演するなどアジアで幅広く活躍していた。英語広東語北京語の他、日本語が少々話せる。

2008年香港の人気女優たちとの性行為を記録した写真がインターネットに流出した事件が発生。流出した経緯は、エディソン・チャン自身が撮影した写真やビデオ動画を保存していたパソコンを修理に出した際、複製され、それが出回ったものと見られている。この事件を受け、2月21日、記者会見を開き、一連の映像の大部分は自分が撮影したものと認め、その責任を取って香港映画界から去ると発表した[1][2]。しかし2009年には香港映画に復帰している。

2010年3月台湾台北市のイベントに現れ、芸能活動の再開を正式に宣言している[3]。同年4月17日、『スナイパー:』が日本で公開される。同年12月24日、香港で開催中の「アジアゲームショー2010」にて歌手活動を再開した。同年12月30日にはアルバム『CONFUSION』をリリースする。

写真流出事件の反響[編集]

事件が起きた2008年の中国におけるGoogleインターネット中国名人名検索回数ランキングでは第1位をつけた。同じく中国名で台湾では人名検索第3位、シンガポールにおいても英語名で第3位という結果であった[4]。 同年 米国の娯楽情報WEBサイト「E!」が行ったアンケート「世界で最もセクシーな男性」において、中華系人としてはトップの第15位に選ばれた。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

TV[編集]

CM[編集]

バラエティ番組[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • EDISON CHENEP(2001年1月18日)- AVCEP80001

アルバム[編集]

  • 特警新人類2 機動任務電影原聲大碟(2000年11月24日)
  • 陳冠希 EP(2000年11月30日)
  • Visual Diary 影像日記 1st Version(2001年5月11日) - AVCCD80004
  • Visual Diary 影像日記 2nd Version(2001年6月16日)
  • Ed Is On(2001年11月2日)
  • 同名國語專輯(2001年11月20日) - AVCCD80007A
  • Peace and Love(2001年12月20日) - AVCCD90009
  • Break Through(2002年7月3日)
  • Transition(2002年8月27日) - AVCCD90015
  • Edison - Hits or Misses(2003年2月13日)
  • Please Steal This Album(2004年2月26日)
  • Hazy: The 144 Hour Project(2005年1月4日)
  • 陳冠希 - The Best Collection 精選(2005年12月21日)

DVD[編集]

  • エディソン・チャンの留学青春日記(2006年6月9日)

脚注・参照[編集]

  1. ^ Hong Kong's Edison Chen quits after sex scandal”. 2008年2月21日閲覧。
  2. ^ South China Morning Post video Sorry Edison bows out”. 2008年2月25日閲覧。
  3. ^ 台北におけるLEVI'Sブランドのイベントの報道, 新浪娯楽(中国語)
  4. ^ Google Zeitgeist. "Google.com." 2008 Year-End Zeitgeist Around the World. Retrieved on 2008-12-13.

外部リンク[編集]