佐伯伽椰子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐伯伽椰子
呪怨/The Grudgeのキャラクター
初登場 呪怨
最後の登場 貞子vs伽椰子
作者 清水崇
#演じた俳優を参照
詳細情報
性別 女性
職業 主婦
肩書き 怨霊
家族 佐伯剛雄(夫)
佐伯俊雄(息子)
恋人 小林俊介(片思い)
ピーター・カーク(片思い)(アメリカ版)
佐伯俊雄(息子)

佐伯 伽椰子さえき かやこ)は、ホラービデオ・ホラー映画『呪怨』シリーズに登場する架空の人物である。

シリーズのほぼ全作品で、藤貴子が演じている(『呪怨 ザ・グラッジ3』では堀内愛子、『呪怨 終わりの始まり』『呪怨 -ザ・ファイナル-』では最所美咲が演じている)。実子・佐伯俊雄の霊とペアで登場することが多い。「ア、ア、ア……」と独特の奇声を発するが、この声は『呪怨』シリーズの監督である清水崇本人が声を出している。

呪いの家の屋根裏に住んでいると設定されている。この屋根裏は夫・剛雄が伽椰子を殺害し、彼女の死体を放置した場所である。

ハリウッドリメイク版2作目の『呪怨 パンデミック』では、どのように伽椰子が誕生したのかが明かされている。

2016年の夏には、呪怨シリーズと同様に「Jホラー」の人気シリーズ『リング』に登場する「貞子」と「悪夢の“ 怖 ”演」を果たすスピンオフ最新作『貞子vs伽椰子』が公開された。

『呪怨』での人物像[編集]

佐伯家の妻であり、俊雄の母であるとともに、学生時代好意を寄せていた小林俊介のストーカーだった。旧姓は「川又」。のちの夫・佐伯剛雄の住むアパートの家主の娘であった。

生前には小林に対する恋心や強い思いを日記に書き留めていた(これが「呪怨シリーズ」のキーアイテムとなる「伽椰子の日記」である)が、ある日夫の剛雄に発見される。精子欠乏症の診断を受けていた剛雄は、「俊雄は小林の子」だと思い込んだために逆上し、小林への嫉妬から伽椰子を殺害する(小説版)。この怨念から伽椰子は剛雄を呪い殺した[1]後、押入れに隠れた佐伯俊雄を天井裏からあの世へ連れて行った。

シリーズでは呪いの家(佐伯家)に存在し、それらに関わった者を必ず呪い殺す怨霊として登場する。

剛雄にカッターナイフなどで拷問された後、死体をゴミ袋に詰め込まれて天井裏に放置されたため、死後もこの時の無残な姿で登場する。階段や地面を這うような姿で出現するのが多い。血まみれではない普通の姿でも登場する。「ア、ア、ア……」と独特の奇声は、剛雄に首を掻き切られたためである。

伽椰子や俊雄に遭遇した者は殺害か失踪を経て、白塗りのゾンビのような姿や下顎が外れた姿と化し(通常の姿のままもいる)、伽椰子に使役される者もいる。夫の剛雄も伽椰子に使役され伽椰子への凶行を再現したりしている。

劇場版『1』では、他人の姿を装ったり電話番号を使ったりしながらどこからともなく登場したり、呪った相手を脅すようにテレビの映像を変えるといった特殊能力を持つ。

劇場版『2』では原瀬京子の胎内から受肉し、現世に復活している。その後、京子を歩道橋から落として殺害し(小説版では電車に轢き殺させた)、行方不明となる。劇場版『1』では、その後に世界が滅亡したことになっている。

ビデオ版『2』では、少女期の伽椰子が大量増殖している。

行動と目的[編集]

「なぜ、自分を殺した夫の剛雄と愛する小林俊介の殺害、俊雄の誘拐を達成したにも関わらず、次々と呪いの家の入居者を殺害し続けるのか?」という視聴者からの疑問が相次いでいるが、実は伽椰子の母親(東北地方の「狗の森」という鳥居のある家に住む)はイタコで、一種の除霊のような儀式を行っていて、除霊の際に他人から取った悪霊を含んだを伽椰子に飲ませ続けるという行動を繰り返していたことが『呪怨 パンデミック』にて追加されている。それによって伽椰子が悪魔化してしまい、いつしか「この苦しみを他人に味わわせてやりたい」という念が生まれ、呪いの家に関わった者を次々と呪い殺してしまっていると説明された。これはビデオ版で没になった設定で、海外版制作スタッフから「なんとか前作以上の謎を盛り込んでほしい」と要求され、仕方なくイタコの話を後付けしたためである。『呪怨 パンデミック』のオーディオコメンタリーでは、監督兼プロデューサーの一瀬隆重が「そもそも母親がイタコという時点で、清水監督の好む「日常的な恐怖」とはかけ離れてしまうため、快く思っていなかった」とインタビューに答えている。

アメリカ版[編集]

ハリウッドリメイク版『The Grudge』(邦題『THE JUON/呪怨』)とその続編『The Grudge2』(邦題『呪怨 パンデミック』)では基本的な設定は日本版と同じだが、背景やそれに関わる人物が変更されている。

  • 伽椰子が思いを寄せる人物は、日本版では教師の小林俊介であるが、アメリカ版ではアメリカ人のピーター・カークになっている。
  • 小林の妻である小林(旧姓:緑川)真奈美は、伽椰子の夫の剛雄にアパートで惨殺されるが、ピーターの妻であるマリア・カークは精神を病み、生活が破綻しているものの生き残っている。
  • 息子の佐伯俊雄は、日本版では2階の押入れに隠れたあと行方不明になっているが、アメリカ版では剛雄に風呂場で浴槽で溺死させられ死亡した事に変更されている。
  • 夫の佐伯剛雄の「伽椰子の怨霊に呪い殺される」という設定は同じだが、アメリカ版ではピーターが佐伯家を訪れた際に2階の部屋で伽椰子の怨霊の髪の毛によって首を吊らされ死亡する(カレン・デイヴィスも時間の歪みでその光景を目撃する)。

呪怨 パンデミック』では、もともと日本の劇場版で使用する予定であったが採用されなかった伽椰子の少女期のエピソードが追加されている。前述のようにイタコの母親によって、除霊の儀式の悪霊を含んだを飲まされた悪魔化したという怨念の背景である。この事を突き止めるため、カレン・デイヴィスの妹のオーブリー・デイヴィスが伽椰子の母親を訪ねるが、その時の会話の言語の矛盾は仕方なかったと監督の清水崇もインタビューで答えている。

呪怨 ザ・グラッジ3』では、東京に住むOLの、ナオコが新登場する。彼女は毎晩、姉の伽椰子の殺害現場の悪夢を見る。ナオコは普通の人間と変わらない一般人である。

『終わりの始まり』『ザ・ファイナル』での伽椰子[編集]

設定が大きく変更されており、剛雄と共に19年前に山賀俊雄(後の佐伯俊雄)が虐待の末に殺害された曰く付き物件へ引っ越してきた、主婦として描かれている。

伽椰子は子作りを切望していたが、剛雄の出張続きによりやがてノイローゼに陥る。その後、伽椰子のもとへ山賀俊雄の霊が現れて彼女の体内に胎児として宿り、佐伯俊雄として誕生する。山賀俊雄の転生者である佐伯俊雄は剛雄には一向に懐かず、自分の子でないと知って逆上した剛雄によって首の骨を折られて殺害され、この家に憑く悪霊と化した。

上記の通り、呪いの元凶は山賀俊雄であるため、伽椰子も山賀俊雄の呪いを受けた被害者という設定になっている。設定が違うため、無残な姿で登場することは少ない。

佐伯俊雄に憑りつかれた人間は渦巻きを描く癖があり、伽椰子も同様の行動をとっている。

ここでの伽椰子や佐伯俊雄に遭遇した者は殺害か失踪を経て、下顎が外れた姿のほか、首が曲がった姿や生前の傷を残した姿と化し、伽椰子に使役される者もいる。

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 劇場版では夫の剛雄は路上で不審死とされているが、ビデオ版ではゴミ袋から出てくる何者かに殺害されるとされている。小説版ではその設定が復活した描写となり、伽椰子の怨霊に包丁で刺殺される。