タトゥイーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

タトゥイーンTatooine)は、映画スター・ウォーズ・シリーズ』に登場する架空の惑星である。

概要[編集]

銀河系の中心から遠く離れた、辺境宙域に位置するアーカニス・セクターにある。 タトゥI 、タトゥIIと名付けられた連星太陽の周りを約304日掛けて公転している。発見された当初は恒星だと思われていた。太陽から遠く離れているにも関わらず、海洋は遙か昔に干上がり、地表の殆どが広大な砂漠に覆われている。有力都市はモス・アイズリーやモス・エスパ、アンカー・ヘッドなど、数える程しかない。

発見当初この惑星には多くの鉱物資源が埋蔵されていると見られ、大勢の人々がこの惑星を訪れた。しかし現地調査の結果、有用な鉱物資源は殆ど無いことが判明し、持ち込まれたサンドクローラーは放棄され、大半の人々はこの惑星から去り、脱出資金のない一部の人々が残った。やがてこれらの人々は水分農夫(水分抽出農業(大気から抽出した水や氷を使用した農業)を行う人々)や、その農作物を販売する商人となり、交易の中継地点を維持した結果、タトゥイーンは今日のような姿になった。荒野や砂漠には先住民のサンドピープルジャワズなどが住んでいる。

これといった資源や産業が無い為、宇宙港を擁した主要都市には密輸業者や賞金稼ぎ、犯罪者等が多く集まり、街のあちこちで非合法的な取引が日常的に行われている。更に、犯罪組織ハット・カルテルの首領でこの惑星に宮殿をかまえているジャバ・ザ・ハットが実質的には惑星全体を支配している為、この惑星で安全は水と同じ位希少であり、タトゥイーンの警察当局は頻発する犯罪に十分に対処出来ていないのが現状である。従って、銀河共和国の影響力は殆ど及ばず、共和国通貨もここでは全く通用しない。それどころか、法律で禁じられている奴隷制度も堂々とまかり通っていた。銀河帝国時代には、帝国から総督やサンド・トルーパーの治安部隊が現地に派遣されていたが、惑星住民の生活環境や治安向上等の政策は殆ど行われていなかった。

ルーク・スカイウォーカーアナキン・スカイウォーカーの故郷であり、ここからスター・ウォーズのストーリーは始まる。

主要都市[編集]

  • ベスティン(公式上の首都)
  • モス・エスパ
  • モス・アイズリー
  • フォート・タスケン
  • モーテスタ
  • ウェイファー
  • アンカーヘッド
  • アーンソート
  • モス・テイク
  • モス・エンサ

ロケーション[編集]

初登場した『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』ではタトゥイーンのロケーション撮影チュニジアで行われたが、次に登場した『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ではアメリカソノラ砂漠イエローストーン国立公園等でロケーションが行われた。しかし新三部作では再びチュニジアでロケーションが行われた。チュニジアにはマトマタ等撮影に使われた建物が残っている所がある。また、R2-D2ジャワズに捕まった渓谷はスター・ウォーズ渓谷と呼ばれ、レイダース/失われたアーク《聖櫃》にも登場している。

なお、チュニジアにはタタウィンという街が存在し、タトゥイーンの名の由来となったと思われる。

関連項目[編集]