スター・ウォーズ世界の用語一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タスケン・レイダーから転送)
移動先: 案内検索
スター・ウォーズ・シリーズ > スター・ウォーズ世界の用語一覧

スター・ウォーズ世界の用語一覧(スター・ウォーズ世界の用語いちらん)は、映画スター・ウォーズ・シリーズ』の舞台となっている架空世界の用語の、他の一覧に上がっていない用語の一覧である。

領域[編集]

既知銀河系
  • ディープ・コア
  • コア・ワールド
  • コロニー
  • インナー・リム(内縁領域)
  • エクスパンション・リージョン(拡張領域)
  • ミッド・リム(中縁領域)
  • アウター・リム(外縁領域、Outer Rim Territories)
劇中に登場する架空の宙界。アウター・リムは銀河系の中枢から遠くはなれた場所に位置しており、銀河共和国やそれにとって替わった銀河帝国の統治が及んでいない惑星が多い。辺境に位置しており、銀河の中枢部に情報が伝わりにくいため、旧共和国時代の末期にはその統治が殆ど機能せずに非合法活動の温床となっており、通商連合等の大企業による資源の搾取も常態化していた。そして銀河帝国の時代には帝国によって残虐行為や秘密の事業(デス・スターの建設など)が数多く行われる。この宙域に属する著名な惑星として「タトゥイーン」、「カラマリ」、「ライロス」、「エリアドゥ」、「バクラ」、「ムスタファー」などがある。
  • ハット・スペース
劇中に登場する架空の宙域。アウター・リムに位置しており、辺境域での非合法活動の大半を牛耳る存在として銀河共和国やジェダイからも「凶悪な種族」と認識されていたハット族が支配する領域。この領域では銀河帝国ですらその支配力を完全には発揮できなかった。ただし、この宙域に属する惑星は「タトゥイーン」をはじめとして非常に数が限られている。
アンノウン・リージョン(未知領域)
劇中に登場する架空の宙域。アウター・リムよりも更に外側に位置し、銀河帝国や新共和国の時代においてもその大半が開拓や調査の進んでいない状態となっていた。エンドアの戦いの1年後、帝国の残存勢力と新共和国の間に銀河協定が締結されると、帝国内部でそれに反発する一部勢力が新共和国の監視を逃れるためこの領域に結集し、「ファースト・オーダー」と呼ばれる新勢力を結成する。
初出は非正史(レジェンズ)のスピンオフ作品であるが、『フォースの覚醒』において映画への登場を果たした。
  • ワイルド・スペース
未知領域の中でも特に外側に位置し、その存在自体が星図に殆ど掲載されていない領域。
非正史(レジェンズ)のスピンオフ作品にも同様の用語が登場するが、その定義は全く異なっており、こちらでは既知銀河系と未知領域の境界域を指していた。

時代[編集]

  • 拡張時代
  • グレート・マニフェスト時代
  • インデクタ時代
  • ピウス・ディー期
  • リアンティウス時代
  • マンダロン期
    • 恒星期
  • ドラグルチ時代
    • 暗黒時代

生物・種族[編集]

身長180cm前後。丸々とした体型に、イノシシをやや擬人化したような非常に大きな頭部を持つ。「皮革と金属板で構成された鎧や兜」「斧」などの中世的な装備を身にまとう。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』に登場するジャバ・ザ・ハットの宮殿にて、衛兵の役目を果たしている。
  • ジャワズ(Jawas)(日本では最近では一般にジャワと呼ばれている)
惑星タトゥイーンに原住するエイリアン。彼等の平均身長は0.8 - 1.2メートル、小柄なヒューマノイド型の生物で黄橙色に光る目が特徴とされているが、過酷な砂漠の環境から身を守るために、頭から全身を覆うフード付きの引きずる程に裾の長いコートを着ており、顔や体型の詳細は不明。風呂に入る習慣がないためか、彼らの体臭は他の種族に対してひどく我慢ならないものであり、これはもはや不快どころの話ではない程ひどいらしい。低いはしゃぎ声や、ガーガーいう喉声、蒸気音のような声の固有の言語で喋る。
基本的に未開なタトゥイーンの原住種族で、氏族単位の社会を形成する。その生活の中心となっているのが、かつての開拓時代の遺物であるサンドクローラーである。彼等はこの老朽化した巨大な移動基地に乗って、果てしなく砂漠を徘徊し、砂漠で屑鉄や廃ドロイド等を収集して生活している。しばしばタトゥイーンの宇宙港郊外などに点在する水分農場に現れては、拾った鉄屑や修理したドロイドなどを行商する姿を見る事ができるほか、時折は水分農場との交易で得た共通通貨を使って、タトゥイーン宇宙港近辺の都市で、部品や食糧の買物に来たついでに、カンティーナで一杯引っ掛けたりもするようである。
  • スカコアン(Skakoan)
惑星スカコに原住するエイリアンである。スカコアンは電子機器や宇宙船工学など、最先端の製造技術に特化した、高度な科学技術を発展させた種族である。自己防衛本能は強く、冷静で抜け目がない。彼らは問題解決の際には直感ではなく、常に論理に頼っている。スカコアンは窒息や急激な減圧による死の苦痛を非常に恐れているため、彼らは滅多にスカコを離れない。そのため故郷を離れる勇気を持つ者はほとんどいない。外界に出るときには常に全身を気圧スーツで隈なく覆い、声を歪めるために音声合成装置を使用する。故郷を離れたスカコアンは技術的な専門職に就いていることが多く、概して裕福である。
身長は1.4 - 2.1メートル。スカコアンの故郷であるスカコは気圧の高い独特の大気に覆われているため、彼らは標準的な大気圧の下で生きていくのに特殊な気圧スーツを着用している。気圧スーツを脱いだスカコアンは細い骨格の上に病的な灰白色の皮をだらりとかぶせたような、痩せこけた人間に似ている。彼らの顔には暗い沈んだ目、平らな鼻、歯のない裂け目のような口が並んでおり、いつもしかめっ面をしている。
スカコアンの言葉スカコヴァーバル語は、ボッチ語に似た2進法の機械的な言語である。一方、記述用の言語はスカコフォーム語と呼ばれ、他民族には時々図面と間違えられる。スカコアンの気圧スーツは着用者の言語パターンを意図的に歪める音声合成装置を内蔵しており、彼らはこれを使って会話に種族特有の神秘性を加えている。
  • タスケン・レイダー(Tusken Raiders)
惑星タトゥイーン原住のエイリアンである。彼らは『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』ではルーク・スカイウォーカーを気絶させ、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』ではアナキン・スカイウォーカーの母を殺したが、それによりアナキンの激しい怒りを買い、彼によって多くのタスケンたちが虐殺される。
サンドピープル(砂漠の人々)とも呼ばれる、ヒューマノイド型の生物である。惑星タトゥイーンの荒野に普遍的に存在する。縺れた毛糸屑とバッファローに似た巨大な家畜「バンサ」に乗り、砂漠を行き交う。過酷なタトゥイーンの砂漠で生存するために、全身をぼろ布で覆い、その上からマント等を羽織る。顔には独特のマスクを付けており、そのアフリカ土面のようなデザインの金属性マスクは、頭に巻かれたぼろ切れの一部として顔に固定されており、滅多に外されない。あまりに過酷な環境ゆえに、マスクを外すと荒野の砂嵐にまかれて死ぬ危険すらある。
タスケン・レイダーの成人男子は全て盗賊で、タトゥイーンの宇宙港近辺に散在する水分農場や不幸な旅行者、そして同じタトゥイーンの荒野に住む原住民族のジャワズ等を襲って生計を立てている。女性は子供を育てるためにのみ存在し、子供は生き延びるためだけに生きる。女性・子供も産まれてから長い間外す事の無いマスクを付けている。それでもなお、子供の死亡率は非常に高い。この狂気のような環境で彼等が生き延びる唯一の知恵は、自身が狂気によって満たされることである。絶えず不幸な犠牲者を求めてさ迷い、銃で狙える物なら何にでも躊躇わず発砲する。彼らは優れた狙撃手でもあり、火薬と弾丸を使う、スター・ウォーズ世界としては古代博物館級の骨董品の様な恐ろしく原始的なライフルで、時速700kmで疾走するレースポッドのエンジンすら遠距離から射抜く。
固有の言語は無く、動物を締め殺したような叫び声を上げる以外は、主に身振りでコミュニケーションを行う。そして叫び声は、哀れな被害者に自分の最後を悟らせる以外には何等意味は無い。またその歴史もほとんど知られておらず、一説に拠れば、彼等はタトゥイーン開拓初期の移民達の子孫であるらしい。だが知能は高いようで、一列で歩行し人数を隠蔽するという悪賢い習性を持っている。
  • トグルータ(Togruta)
惑星シリ出身の著名なジェダイを数多く輩出したヒューマノイド種族である。彼らの最大の特徴は、頭に対になって生えているヘッド=テールと頭頂部から始まっている縞模様である。この種族にはマスター・ジェダイであるシャク・ティや、アナキン・スカイウォーカーのパダワンであるアソーカ・タノなどがいる。高度な知的種族であるトグルータは優れたハンターでもあり、アソーカ・タノも戦闘中は極めて攻撃的な姿勢と行動をとっている。一般的に毒を持つ種族であると認識されているが、実際には毒を持っていない。
  • ムスタファーリアン(Mustafarian)
『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』に登場する架空のエイリアン。火山の惑星、ムスタファーは極端な環境ではあるが、多様な生態系を生み出しており、その中には知覚種族も存在している。その1つであるムスタファーリアンは、溶岩流に含まれる鉱石の収集に忙殺されており、外惑星の関係をまったく気にしていない。 生きていくために水をほとんど必要としない、好極限性節足微生物から進化したムスタファーリアンは、休眠状態の火山にある涼しい洞窟の中で暮らしている。彼らはこの惑星に固有のラーヴァ・フリーというダニのような生物によって、燃やされた跡を追いながら、ムスタファーの地表を冒険した。 様々なムスタファーリアンのコロニーは、フリーたちが脱ぎ捨てた殻を外装として再利用することで作られており、それぞれが互いに接触を保っている。彼らは平和的な取引を通じて、緩やかな集落を築き、惑星の厳しい環境に一致団結して直面している。
北部に暮らすムスタファーリアンは、2つの主な亜種のうちの細身の方であり、ラーヴァ・フリーを乗用動物として利用していることが多く、一方で南部に住むずんぐりとした体型のムスタファーリアンは、北部の弱々しい親類と比べて、より高い温度に耐えることができる。彼らは浮遊型採鉱プラットフォームに乗り、棒の先に付けられた重い釜で溶岩を掬っていることが多い。 貴重な鉱物資源を目当てに、テクノ・ユニオン社がこの惑星にやってきたとき、ムスタファーリアンは外界からの開発者との協定に署名した。この銀河交易によって、ムスタファーリアンは先端テクノロジーを手に入れることができ、その見返りとして、テクノ・ユニオンの技術者たちが燃えたぎる炎の脅威から身を守る際に援助を与えた。
ムスタファーリアンは、昆虫型種族に特有の羽音の様な言語を使用している。また、彼らは体が極めて丈夫である。ムスタファーリアンの皮膚や装甲は、一般的なブラスターから発射される熱に十分耐えうることができるため、彼らは標準的なレーザー兵器ではまったく傷付かない。 その代わりに、彼らは機械的な力を収束させて放出する、独自のブラスターを使用している。
  • ユージャン・ヴォング(Yuuzhan Vong)
ニュージェダイオーダーシリーズに登場するエイリアン種族。別銀河からの侵略者である。平均身長は1.8メートル。
一般に死を恐れない勇猛果敢な戦士であり、敵に降伏する事も神への冒涜行為と考えている為、例えどんなに不利な状況になっても決して投降しない。死を恐れない彼らは、死は生命の究極の真実であると考えているため、死を避けようとする事は、彼らの崇拝する神に対する冒涜と見なしている。その思想(宗教)から彼らは聖戦として銀河系に侵攻する。また彼らは強い宗教的概念を持っており、命のない機械を使用することを神に対する冒涜と受け取っており、機械を使用する種族を不敬者と称し、不敬者の溢れる銀河系を征服することは神々への献身に他ならないと信じている。特にドロイドに対しては仮借ない攻撃を加える。また征服した惑星には、惑星の環境全体を自分たちに都合の良い環境にテラフォーミングする生物を放つこともある。成立間もない新共和国を防備の手薄な辺境領域から攻撃し、短期間で多くの星々を征服する。こうして新共和国を圧倒し、首都惑星コルサントを始めとする主要惑星をも陥落させ、銀河の人々を恐怖のどん底に突き落とす。
彼らはフォースを持たす、ジェダイがフォースを用いてその存在を感知することや、彼らに直接フォースを働かせることは不可能である。ジェダイの思想では万物には例外なくフォースが宿っているはずだが、それが覆されたため、これまでの教義との整合性(ユージャン・ヴォングはフォースに相反する存在であるのか、その場合種族ごと殲滅しても良いのかなど)を巡ってジェダイ・オーダーが一時期分裂することになる。
彼らは多神教であり、万物の創造主であると信じられている主神ユン=ユージャンを頂点に、隠匿の女神ユン=ハーラや、闘争と殺戮の神ユン=ヤムカなど様々な神々を崇拝している。彼らの宇宙創生神話によれば、かつて主神ユン=ユージャンが自らの身体を割いて宇宙を創造したとされ、彼らもそれに倣い、自らの肉体を神々に捧げる供物と見なしている。故意に欠損させた臓器や器官に、特別に培養した生物を寄生させ、それ以外にも全身に人為的につけられた傷跡や刺青などが見られる。そのため彼らの大半はおぞましい姿をしている。また、奇形に生まれたり身体改造に失敗したりした者は、神々に見放されたシェイムド・ワン(恥ずべき者)とされ、最下級の身分となる。
彼らが用いる武器、宇宙船、生活用品、衣服に至るまで、全ては独自の生命工学で作り出された有機生命体(改造生命体)である。自ら硬化して剣となる蛇(アンフィスタッフ)や、弾速で飛行する甲虫(サッドバグ)、強靭な鎧と化す蟹、義眼の役割を果たすプレイリン・ボル、ハイパースペース航行能力を持つ生きたエンジン、ウォーシップやワールドシップ、コーラルスキッパーと呼ばれる生きた宇宙船などが作中に登場する。
双子が生まれたのは過去3度しかなく、そのいずれもが互いに殺し合い、生き残った方はユージャン・ヴォングの歴史の大転換となる出来事に関わってきたことから、双子は神聖な存在と見なされている。そのため、ジェイナとジェイセンのソロ姉弟を生贄とすべく執拗に狙う。最高大君主シムラもまた双子であった。

その他[編集]

オーダー66(Order 66)[編集]

エピソード3/シスの復讐』で発せされたジェダイの粛清令である。表向きには、メイス・ウィンドゥらによるパルパティーン最高議長暗殺未遂事件を発端とするジェダイ銀河共和国転覆計画を察知したパルパティーン議長自らが、ジェダイを共和国に対する脅威と見なして発令したものとされている。だが実際には、ジェダイ抹殺の為にパルパティーン=シス卿ダース・シディアスにより周到に計画されていた陰謀であった。クローン大戦でジェダイと共に銀河各地へと派遣されていたクローン・トルーパーには予め、銀河元老院議長との直通の通信回線が組み込まれており、この回線を利用して、「共和国の敵となったジェダイを抹殺せよ」という指令を意味する「オーダー66」の実行が命じられた。
この「オーダー66」は、クローンの生育段階でその精神に秘密裏に刷り込まれており、この指令を受けたクローン・トルーパー達は、それまで共に闘っていたジェダイの抹殺という命令を何の疑問も躊躇もなく遂行していく。一方ジェダイにとっては、戦闘の前線に立って単独で部隊を指揮していたという状況と、トルーパーが当惑や葛藤などの感情の変化を伴うことなく、単なる任務の一つとして即座に淡々と実行したことが相俟って(相手の感情を読むフォースの能力では)危険を十分に察知出来ず多くの犠牲者を出した。しかし、メイスの死を敏感に察知して異変を悟っていたヨーダの様に、辛くも生き延びたジェダイ達や、この指令に従わなかったトルーパーがいた(小説のみの設定)ことも確認されており、共和国崩壊後も尚、ダース・ベイダーと尋問官によって「ジェダイ狩り」は続けられた。
なお、クローン大戦を描いた外伝アニメ『クローン・ウォーズ』では、クローン・トルーパーの脳内に行動抑制チップが埋め込まれており、そのチップに「オーダー66」がプログラムされていたことになっている。実際、そのチップがたまたま誤作動し、ジェダイを殺害したクローン兵、タップが登場した。この真相は彼の友人のARCトルーパー、ファイブスによって明らかとなるが(ファイブスは自らの意思でチップを脳から取り出していた)、カミーノ人とパルパティーン最高議長の妨害により、ファイブスは殺害され、その真相がジェダイに伝わることはなかった。ただしファイブスの遺志は、彼の上官であったキャプテン・レックスには伝わっており、彼もまたチップを脳から除去した。レックスは銀河内乱時代を描いたアニメ『スター・ウォーズ 反乱者たち』では反乱同盟軍の一員として参加している。

主な犠牲者[編集]

劇中[編集]
スピンオフ作品[編集]

主な生存者[編集]

以下のジェダイは、『エピソードIII』の時点ではオビ=ワンによって生存が確認された模様。

ただし、『エピソードVI』以降を描いたスピンオフ作品では以下の様に、シスにも他のジェダイ達にも知られない形で生き残っていた旧共和国時代のジェダイや、元々は旧共和国時代のジェダイであったが、生き延びる為などの理由によりダークサイドへと転向した者達も多く登場する。

  • ウード・ブナー
  • ヴァーゲア
  • エチュウ・シェン=ジョン
  • エンパトジェイオス・ブランド
  • イクリット
  • ジェレク
  • アシャラド・ヘット(ダース・クレイト)
  • ククラーク(スター・ウォーズ クローン大戦ではハイポリの戦いのシーンで死亡したというセリフがあったが、後に重傷を負いながらもこの戦いから生還したという設定に変更された)

その他の事柄[編集]

  • 大提督(Grand Admiral、だいていとく)
銀河帝国のうち、(皇帝などを除いた)最高位の階級の一つである。大提督の定員は一時期に12名とされ、皇帝の直名による大提督は13名である。大提督は帝国宇宙軍では最高位であり、皇帝により選抜された精鋭達が任命された。また、エンドアの戦い以降、次第に帝国残党の最高指導者を指すようになり、ユージャン・ヴォング戦争の際には、ギラッド・ペレオンがモフ協議会の任命によって大提督となり、帝国軍最高司令官を名乗っている。
非正史(レジェンズ)のスピンオフ作品が初出の設定であるが、正史(カノン)のアニメ『スター・ウォーズ 反乱者たち』ではスローン大提督が登場している他、正史でのエンドアの戦い以降を描いた小説でも人間の大提督が登場している。
  • サバック (sabacc)
架空のカードゲーム。正史扱いでないスピンオフ作品が初出だが、『スター・ウォーズ 反乱者たち』でも登場し、正史の世界にも取り込まれている。明確なルールは不明だが、プレイ中の描写はポーカーに似ている。カード自体はリンという種族が占いのために作ったものであり、その点はタロットカードに似ている。銀河のエリアによってルールが微妙に違っており、これを利用して一定時間ごとにルールをランダムに変更するランダム・サバックという遊び方がある。作品世界ではギャンブルの代名詞となっており、一か八かの行動に出る時などにしばしばその名が出る。ハン・ソロはこのゲームに勝って、ミレニアム・ファルコンや惑星ダソミアの所有権を手に入れる。
サバックのカード・チップは76枚1組で、「コイン」「ステイブ」「セーバー」「フラスク」の4つの組札がある。一つの組は1から11までの数字の札と、12から15の「エース」「コマンダー」「ミストレス」「マスター」という4つの役札を合わせた15枚のカードで成立する。あとの16枚は0とマイナスの値を持った8種のカード2枚ずつから成る。その8種とは「イディオット(0)」「クイーン・オブ・エア・アンド・ダークネス(-2)」「エンデュランス(-8)」「バランス(-11)」「デマイズ(-13)」「モデレーション(-14)」「イービル・ワン(-15)」「スター(-17)」である。
手持ちのカード4枚の数値の合計値を競う。各プレイヤーの中で、手札の数値の合計値の絶対値が23、もしくは23を超えない最大の値となったものがそのゲームの勝者「ハンド・ポット」となる。複数のプレイヤー点数が同じであった場合は、合計値がプラスである者が勝者となる。コールの際に手札の合計値の絶対値が23を超えた場合は0と見なされ、サバックポットにペナルティを支払う。プレー中にはカードの数値が「エレクトロニック・ランドマイザー(電子乱数化装置)」によって入れ替わることがある。ゲームテーブルにはランドマイザーの効果を受けない干渉フィールドがあり、そこにカードを置けば数値を固定できる。1回のゲームは、新たなカードがデッキから取られるごとに「ベット(ポットにチップを入れる)」「シフト(ランドマイザーの使用)」「コール(ベットに合対し掛け金を合わせる)」「ドロー(手札の何枚かを交換)」を繰り返す。1順したら各プレイヤーは手札からカードを二枚捨て、次のラウンドの開始時に二枚のカードを新たに配られる。「スタンド」が宣言された時に数値を比べ勝者を決める。
サバックには「サバック・ポット」または「ゲーム・ポット」と呼ばれる、より大きな賞金が設定されている。ゲーム・ポットの勝者になる方法は二つである。ひとつは、手札の合計値が23となる「ピュア・サバック」を出すこと。もうひとつはイディオット1枚に2と3のを組み合わせた「イディオット・アレイ」である。イディオット・アレイはピュア・サバックに勝つことができる。
  • ダイタリー(dataries)
劇中に登場する銀河共和国の共通通貨。共和国全域で流通しているが、タトゥイーンなどの辺境星域では紙クズ並みの価値しかない。
  • スパイス(spice)
主に吸引などで摂取する事により、一時的に特殊能力や興奮、多幸感等を得ることのできる薬物の総称である。スパイスの使用者は麻薬や覚醒剤などの常用者のように重い依存症に陥ることが多く、中には使用者の寿命を著しく損なうものもある。スパイスは主に鉱物や菌糸類等から生成され、惑星ケッセルは、貴重なスパイス、グリッタースティムの原産地として有名である。スパイスの大半は、主に犯罪組織によって密造、密売されており、彼らの重要な資金源の一つになっている。『エピソード2』に登場するデス・スティックもこのスパイスの1つである。
  • ポッドレース
スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』に登場する架空のレース。主に惑星タトゥイーンや、マラステア、モンガザ、アクイラリスなどアウターリム星系で行われているレースであり、銀河系で幅広い人気を持つギャンブルの一つである。2基または4基のジェットエンジンを推進機関とし、リパルサー・リフトによって空中に浮遊した状態で、エンジン後方のコックピットを牽引する「ポッドレーサー」でタイムを競う。他ポッドへの妨害行為も暗黙のうちに容認されており、非常に過激かつ危険なスピード競技となっている。シミ・スカイウォーカーが「(タトゥイーンは)あの狂ったレースで成り立っている」と言っていることから、タトゥイーンではメジャーな娯楽(賭博の対象)であり、奴隷階級から抜け出すための手段の一つであると推測できる。タトウィーンで行われる「ブーンタ・イブ・クラシック」と呼ばれるレースが最大級で、そのコースは、洞窟あり、渓谷あり、タスケン・レイダーの襲撃ありと、「完走自体が極めて困難」なものであり、「人間を超える反射神経」がなければ極めて危険である。 そのため、フォースの加護を受けていたアナキンでさえもクワイ=ガンより助言を受け、直感から来るフォースを頼ることを学ぶまでは完走すらできずに居た。
スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』ではアナキンとオビ=ワンが、コルサントでパドメの命を狙うも失敗して逃走した暗殺者のザムを追った末、入り込んだナイトクラブ店内のモニターにポッドレースの映像が映っており、必ずしもアウターリム星系だけの娯楽ではないことが伺える。