ウェディング・クラッシャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウェディング・クラッシャーズ
Wedding Crashers
監督 デヴィッド・ドブキン
脚本 スティーブ・フェイバー
ボブ・フィッシャー
製作 ピーター・エイブラムス
ロバート・L・レヴィ
アンドリュー・パネイ
製作総指揮 ケイル・ボイター
リチャード・ブレナー
トビー・エメリッヒ
ガイ・リーデル
出演者 オーウェン・ウィルソン
ヴィンス・ヴォーン
クリストファー・ウォーケン
レイチェル・マクアダムス
アイラ・フィッシャー
音楽 ロルフ・ケント
撮影 ジュリオ・マカット
編集 マーク・リヴォルシー
配給 ニュー・ライン・シネマ
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年7月15日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 $285,176,741[1]
テンプレートを表示

ウェディング・クラッシャーズ』(Wedding Crashers)は、2005年制作のデヴィッド・ドブキン監督のロマンティック・コメディ。

テレビ東京午後のロードショーでは、『ウエディング・クラッシャーズ 結婚式でハメハメ』というタイトルで放送された。

ストーリー[編集]

ジョン(オーウェン・ウィルソン)とジェレミー(ヴィンス・ヴォーン)は、毎年ウェディングシーズンになると、他人の結婚式に親族になりすまして乱入し、出席者の若い女性を軟派しワンナイトラブを楽しむ「ウェディング・クラッシャーズ」だった。

ある日二人は、財務長官ウィリアム(クリストファー・ウォーケン)の娘の挙式に侵入し、いつもの手で女性を口説こうとする。しかしジョンは婚約者のいる次女クレア(レイチェル・マクアダムス)を本気で好きになってしまう。一方ジェレミーは、三女グロリア(アイラ・フィッシャー)を遊びのつもり抱いたが、「初体験だった」と告白され彼女に付きまとわれてしまう。

本気で恋に落ちたジョンをジェレミーは諫めるが、見ず知らずの自分たちを受け入れてくれるウィリアム一家と接するうちに、2人は次第に今までの軟派な人生に疑問を持ち始める。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

受賞歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Wedding Crashers (2005)” (英語). Box Office Mojo. 2011年3月23日閲覧。

外部リンク[編集]