たつき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たつき
生誕 日本の旗 日本京都府
住居 日本の旗 日本(現在)
 ケニア(幼少期)
別名 尾本達紀、尾本たつき
職業 アニメーター
団体 ヤオヨロズ
代表作 けものフレンズ(第1期)
てさぐれ!部活もの
受賞

「東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)2018」「アニメ オブ ザ イヤー部門」(監督・演出賞)。

「2018年星雲賞(映画演劇部門・メディア部門/アニメ『けものフレンズ』監督)」。

たつきは、日本アニメーターアニメーション演出家アニメ監督京都府出身のケニア育ち[1]

同人自主制作アニメーションサークル「irodori」代表。男性。旧名義は尾本達紀尾本たつき(おもと たつき)[2]

経歴[編集]

幼少期はケニアで過ごしており[1]、動物好きで動物を飼っていた[3]

日本に帰国した後に、京都の美術系の大学に進学し[4]サンライズでCGアニメーションの制作を担当した。これと並行して、大学時代にアニメの自主制作を思いつき、同期であった伊佐佳久、白水優子と共に自主制作アニメーションサークル「irodori」を立ち上げる[5][4]

その後、サンライズを離れてフリーとなるが、「irodori」の自主制作をきっかけにプロデューサーの福原慶匡コミックマーケットで声をかけ[6]、たつきはヤオヨロズでの制作および立ち上げに関わることになる[6][7]

2017年1月、アニメ『けものフレンズ』で商業作品初監督を務める。

2017年9月25日、アニメ『けものフレンズ』第二期の製作から外れたことを自身のツイッターで公表し[8]、ファンを中心に波紋を広げた[9]。この決定について10月にはヤオヨロズとKADOKAWAの間でのヒアリングが行われたが、12月27日ヤオヨロズの福原慶匡取締役は、最終的にこの決定が覆らなかったことを報告した[10][11]

2017年12月23日、『けものフレンズ』がTwitter Anime Of the yearを受賞。たつきはWeb配信された生特番にペンギンの被り物をして出演し、トロフィーを受け取った。受賞についてTwitterで「今年の1月1日から思うと信じられない賞なのですが、掛け値なくお客さんの起こした奇跡なので、これはお客さんへの賞なのだと思います。みなさん、受賞おめでとうございます」と語っている[12]

2018年2月21日、東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)2018において「アニメ オブ ザ イヤー部門」の個人賞(監督・演出賞)に選出された[13]

2018年7月21日、アニメ『けものフレンズ』の監督として、星雲賞(映画演劇部門・メディア部門)を受賞[14]

人物[編集]

趣味は動物のほか、写真撮影、CG制作であり、特にCGについては忙しさに関わらず週に5日、仕事でCGを制作し、残りの2日は趣味でCGを制作している[3]

アニメ『けものフレンズ』に関する授賞式などで登壇する際は、ペンギンのマスクを被ることが多い[15]

作品[編集]

尾本達紀名義[編集]

たつき名義[編集]

irodori制作[編集]

  • 眼鏡(2008年 - 2009年、原案、監督、アニメーション監督、コンテ、モデリング、撮影、編集)
  • デスメタルさやかと仏滅(2009年 - 2012年、コンテ、アニメーション)
  • たれまゆ(2010年、監督、作画、撮影)
  • ケムリクサ(2010年 - 2012年、監督、アニメーション)
  • らすとおんみょう(2013年 - 2015年、監督、アニメ)
  • 駅長さん(2012年、2015年 - 2016年、監督ほか)
  • 傾福さん(2017年、監督ほか)

タツノコプロ制作[編集]

ヤオヨロズ制作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b けものフレンズプロジェクトA 2017a, p. 18.
  2. ^ 2013アドバンス参加クリエイター”. 東京国際アニメフェア2013. 2017年6月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年5月2日閲覧。
  3. ^ a b すごーい!の連続、『けものフレンズ』チームに3万字インタビュー”. アニメイトタイムズ (2017年3月4日). 2017年5月2日閲覧。
  4. ^ a b けものフレンズプロジェクトA 2017b, p. 18.
  5. ^ ネットは「アニメの全体」学べる小さな社会 「眼鏡」監督に聞く(3/5)”. ASCII.jp (2010年6月26日). 2017年5月2日閲覧。
  6. ^ a b 最終回直前「けものフレンズ」福原P「『ツチノコはいません』と言われたらぶち壊し」”. exciteニュース (2017年3月27日). 2017年5月2日閲覧。
  7. ^ @fukuhara_ystd (2014年1月15日). "ちょい前に石ダテさんもツイートしてたけど、石さんとたつき君とでヤオヨロズというアニメスタジオ作りました!いつまでもこのメンバーでアホな事やってけるように頑張りますね!皆さん僕らに飽きるまでお付き合いしてもらえたら幸せです。" (ツイート) – Twitterより. 
  8. ^ @irodori7 (2017年9月25日). "突然ですが、けものフレンズのアニメから外れる事になりました。ざっくりカドカワさん方面よりのお達しみたいです。すみません、僕もとても残念です" (ツイート) – Twitterより. 
  9. ^ Chihiro (2017年9月26日). “たつき監督「けもフレ」降板 カドカワ川上社長「ぼくも心配しています」”. ITmedia. http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1709/26/news076.html 2017年12月17日閲覧。 
  10. ^ 「けもフレ」2期、たつき監督所属の「ヤオヨロズ」が“降板”決定 福原取締役が報告
  11. ^ @fukuhara_ystd (2017年12月27日). "今回はお騒がせをしまして誠に申し訳ございませんでした、皆様を不安にさせてしまった事をお詫び致します。最終的な報告になりますが、2期を外れる事に関しては覆りませんでした。井上専務と共に皆様のご期待に応える為、精一杯取り組んで参りましたが、力及ばず大変申し訳ございませんでした。" (ツイート) – Twitterより. 
    @fukuhara_ystd (2017年12月27日). "3月には2期の依頼があり実制作を続けておりましたが、8月頭にコアメンバーで行われた会議にてヤオヨロズに対して今後続投は無いと明言され、降板を宣言されたと認識しています。私としては突然の通達で、何に対して不満を持たれていたのか要領を得ず困惑していたと言うのが正直な所です。" (ツイート) – Twitterより. 
    @fukuhara_ystd (2017年12月27日). "9/27の公式発表にあった情報共有についても、12.1話は委員会へ報告の上制作しておりますし、各企業とのコラボ動画に関しても委員会からの正式な依頼の元で作りました。コミケにおける同人誌についても吉崎先生からの許可があり、その際のご提案により特別許諾と明記して頒布しました。" (ツイート) – Twitterより. 
    @fukuhara_ystd (2017年12月27日). "特にコラボ動画は厳しい条件もありましたがファンサービスの為にと制作スタッフが尽力致しました。疑義の対象になった事、一部はけものフレンズ公式でも触れていただけなかった事をとても寂しく思います。" (ツイート) – Twitterより. 
    @fukuhara_ystd (2017年12月27日). "今回井上専務には大変真摯に対応頂き、迅速な調査と調整にとても感謝しています。最後にファンの皆様、制作中のご声援ありがとうございました。この様な残念な報告となり申し訳ありません。短い間でしたがご一緒できたことを誇りに思います。" (ツイート) – Twitterより. 
  12. ^ @irodori7 (2017年12月24日). "今年の1月1日から思うと信じられない賞なのですが、掛け値なくお客さんの起こした奇跡なので、これはお客さんへの賞なのだと思います。みなさん、受賞おめでとうございます" (ツイート) – Twitterより. 
  13. ^ TAAF2018アニメ オブ ザ イヤー部門グランプリは『この世界の片隅に』と『けものフレンズ』に決定!”. 東京アニメアワードフェスティバル (2018年2月21日). 2018年2月24日閲覧。
  14. ^ コンタケ (2018年7月22日). “第49回星雲賞メディア部門を「けものフレンズ」が受賞 たつき監督が例のかぶりもので授賞式に登場”. ねとらぼ. http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1807/22/news020.html 2018年7月22日閲覧。 
  15. ^ コンタケ (2018年7月22日). “第49回星雲賞メディア部門を「けものフレンズ」が受賞 たつき監督が例のかぶりもので授賞式に登場”. ねとらぼ. http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1807/22/news020.html 2018年7月22日閲覧。 
  16. ^ 2017年5月26日、シリーズ構成・脚本については田辺茂範より変更された。詳細はけものフレンズ (アニメ)#スタッフクレジットの修正を参照。
  17. ^ “たつき監督の最新作『ケムリクサ』が2019年1月放送決定! BSフジほか放送局調整中&アマゾンプライムにて独占配信!”. アニメイトタイムズ. (2018年8月10日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1533867751 2018年8月11日閲覧。 

参考文献[編集]

  • けものフレンズプロジェクトA (2017年3月25日), けものフレンズ BD付オフィシャルガイドブック 1, KADOKAWA, ISBN 978-4-04-105444-4 
  • けものフレンズプロジェクトA (2017年4月26日), けものフレンズ BD付オフィシャルガイドブック 2, KADOKAWA, ISBN 978-4-04-105449-9 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]