ニール・ブロムカンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニール・ブロムカンプ
Neill Blomkamp
Neill Blomkamp
2009年
生年月日 (1979-09-17) 1979年9月17日(40歳)
出生地  南アフリカ共和国 ヨハネスブルク
職業 映画監督
脚本家
活動期間 1996年 -
配偶者 テリー・タッチェル
主な作品
第9地区
エリジウム
チャッピー
テンプレートを表示

ニール・ブロムカンプNeill Blomkamp, 1979年9月17日 - )は、南アフリカ共和国出身、カナダ在住の映画監督脚本家特殊効果スタッフ・CMディレクター。

人物[編集]

ヨハネスブルクで生まれる。18歳のときに家族と共にバンクーバーへ移住。

若年期から映画を作り続けて、制作も過去のものからのリスペクトが多い。 2009年にSF映画第9地区』を監督し、興行的に成功を収め、アカデミー作品賞にノミネート。自身もアカデミー脚色賞にノミネートされた。

日本のアニメや漫画が大好きで士郎正宗押井守荒牧伸志伊藤暢達を影響を受けた人物であることを公言している。

2015年2月18日、『エイリアン5』の脚本の執筆を引き受けたと明らかにし[1][2]、『エイリアン3』と『エイリアン4』の存在をなかったことにして物語を展開させる予定だとも述べていたが[3]、同年10月に自身のTwitterで「エイリアンはいったん中止だよ」と発言し[4]、計画が保留になったことを明かした[5]2017年5月1日、リドリー・スコットがブロムカンプ版『エイリアン5』が企画倒れになったと発言した[6]

自らのスタジオとなるOats Studiosを立ち上げ、2017年よりYouTube上で作品の公開を行っている。

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

  • ナイキ "Crab" (2003) - 監督
  • シトロエン・C4 "Alive With Technology" (2004) - 監督
  • ナイキ "Evolution" (2004) - 監督
  • Halo 3 "Landfall" (2007) - 監督
  • BMW "THE ESCAPE" (2016) - 監督・脚本
  • Anthem "Conviction" (2019) - 監督

ショートフィルム[編集]

  • Tetra Vaal (2004) - 監督・脚本・製作
  • Alive in Joburg (2005) - 監督・特殊効果
  • Yellow (2006) - 監督・脚本・特殊効果
  • Tempbot (2006) - 監督・特殊効果
  • Rakka (2017)
  • Firebase (2017)
  • Zygote (2017)
  • Praetoria (2017)
  • Gdansk (2017)
  • Cooking With Bill (2017)
  • God (2017-2018)
  • Adam: Episode 2 (2017)
  • Adam: Episode 3 (2017)

受賞歴[編集]

第9地区 (2009年)

出典[編集]

外部リンク[編集]