半保護されたページ

雨宮慶太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
あめみや けいた
雨宮 慶太
雨宮 慶太
第30回東京国際映画祭にて(2017年10月)
生年月日 (1959-08-24) 1959年8月24日(61歳)
出生地 日本の旗 日本千葉県浦安市
職業 映画監督イラストレーターキャラクターデザイナー
ジャンル 映画テレビアニメオリジナルビデオ漫画
主な作品
牙狼〈GARO〉シリーズ
テンプレートを表示

雨宮 慶太(あめみや けいた、1959年8月24日[1][2] - )は、日本の映画監督イラストレーターキャラクターデザイナー。有限会社クラウド代表[2]。国際SFアートコンテスト等、数々の受賞歴を持つ。

千葉県出身[1][2]

来歴

1978年、阿佐ヶ谷美術専門学校に入学[1]。同校を中退後[3]、1981年にデン・フィルム・エフェクトに入社[1][4]。その間に自主制作映画『スウィートホーム』を発表し話題となる[5]。1983年に有限会社クラウドを設立[5][1][4]篠原保阿部統等といった人材を輩出した。

その後雑誌『宇宙船』編集長の村山実の紹介[6]で『巨獣特捜ジャスピオン』(1985年)にて初めてキャラクターデザインを担当、翌年の『時空戦士スピルバン』よりメインでキャラクターデザインを手がけるようになる[2][4]。当時東映のプロデューサーであった吉川進は、後に雨宮が監督した『未来忍者』を見せてもらった際、当時吉川の上司であった渡邊亮徳も感心し今後の東映の戦力として参加させていこうという話になったことを述懐している[6]

映画監督としては1988年の『未来忍者 慶雲機忍外伝』でデビュー[5][2][4]。代表作には1991年公開の『ゼイラム』や、『東映スーパーヒーローフェア』(1993年~1995年)、『タオの月』(1997年)など。近年は自ら原作まで手がけることも多く、これまでに『鉄甲機ミカヅキ』(2000年)や『魔法少女隊アルス』(2004年)、続編も多数製作された『牙狼-GARO-』(2005年)など、分野を問わず多彩な活動を見せている。

鳥人戦隊ジェットマン』(1991年)ではテレビ作品初演出にして、パイロット版(1、2話)の監督に抜擢されている。東映プロデューサーの鈴木武幸は、『未来忍者』を見ていけると直感したと述べている[7]。東映とはずっと蜜月の関係だったが『人造人間ハカイダー』を最後に、それ以降東映作品の演出からは遠ざかっていた。しかし2009年製作の『仮面ライダーディケイド』で怪魔ロボットシュバリアンのキャラクターデザインを担当、約13年ぶりに東映作品に参加した[2]

人物・エピソード

幼少時より特撮が好きで、特に『仮面ライダー』は少年仮面ライダー隊隊員番号No.2をもつ程のファンであったという。

活動初期の1980年代について、自身は格好悪いものや気持ち悪いものの中にある格好良さなどに魅力を感じていたが、バブル景気前の日本社会にはそういったネガティブに見えるものは拒絶されていたと述懐している[5]

時代劇やスター・ウォーズシリーズなどを愛好しており、その原点は黒澤明の監督作品であるという[5]。『未来忍者』や『タオの月』など自作品でもそのイメージを取り入れている[8][5]

作品の世界観については非日常で囲まれているものが居心地がいいと述べており、『未来忍者』のようなまるごと異世界であるものが好みだという[8]

玩具が好きで、『鉄甲機ミカヅキ』ではブリキのロボットをモチーフとした月光機を登場させている[5]。雨宮は『ミカヅキ』について「男の子が大好きなモノを詰め込んだ作品」と述べており、自身もまた「四十の男の子」であると称している[5]

『時空戦士スピルバン』ではゲスト怪人の大半がメカ系キャラクターであったが、雨宮自身はメカはあまり好きではないといい、実写でリアリティを感じさせるロボを表現するのは難しいと述べている[2]

ウルトラマンUSA』への参加は、その前に企画されていた実相寺昭雄監督予定の映画『ウルトラQモンスターコンチェルト』の怪獣デザイン公募に応募したのがきっかけで起用された[4]

『未来忍者』では、雨宮は当初企画として参加していたが、世界観を委ねる監督の候補が挙がらなかったため、内容を熟知している雨宮が名乗りをあげたという[8][4]。当時は監督を続けることになるとは考えておらず、職業として意識したのは『ゼイラム』からであると述べている[8][4]

モデルアニメーションを作品に取り入れているのも特徴である[8]。『機動刑事ジバン』の劇場版に登場したダイギバノイドは一部をモデルアニメーションで表現しておりその演出も担当したが、造形物が大きいため東映の現場では不評で、自社でできればよかったとの想いを抱いた[2]。こうしたことをきっかけに、イメージ通りに表現するにはある程度コントロールできる立場にいなければならないと感じ、監督をやるしかないと考えるようになったという[2]

『ジェットマン』に出演した若松俊秀は、雨宮の印象を「おとなしい人」と評しているが、雨宮自ら若松演じる凱のメイン回は自身が担当すると宣言していたという[9]。またオーディションの時は、雨宮と黒澤映画の話で盛り上がったという[9]

牙狼〈GARO〉シリーズに出演する小西遼生(小西大樹)は、雨宮について初期は細かい部分にまで演技指導が入り厳しかったが、そのおかげで自信を持って演じられるようになったといい、また自宅では現場とは違い優しく、そのギャップにも好感を持ったことを述べている[10]

交友関係

『ジェットマン』のメインライターを務めた井上敏樹とは、その数年前に未製作に終わったオリジナル作品の企画で出会っていた[4][11]。井上は、雨宮とは同い年で、最初からうまがっていたと述べている[11]

俳優の螢雪次朗は『ゼイラム』を皮切りに雨宮の監督作品に多く出演しており、自ら「雨宮組の番頭」を自認している[12][13]

映画監督の金田龍とは1989年の東京国際ファンタスティック映画祭で出会って以来、公私に渡る交友関係が続いている[14]

デザイナーの寺田克也は専門学校時代の後輩にあたる[14][2]。若い頃は寺田がクラウドや雨宮の自宅に出入りしており、雨宮は「宿泊代」として『超人機メタルダー』のデザインを寺田に振っている[15]

作品

映画

ビデオ

テレビ

漫画

題字提供

ゲーム

小説

  • ブラックロッド(1996年) - イラストキャラクターデザイン
  • ROKUROKU(2011年「GEB-SAKU!」連載、2013年 単行本化、作:梅田寿美子) - 原作・画

テレビ出演

  • 牙狼〈GARO〉金狼感謝祭2016生放送 (2016年11月23日、ファミリー劇場HD)
  • 牙狼〈GARO〉金狼感謝祭2017生放送 (2017年11月23日、ファミリー劇場HD)

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e ミカヅキ公式ビジュアルブック 2000, pp. 56-57, 「雨宮慶太監督フィルモグラフィー」
  2. ^ a b c d e f g h i j 奇怪千蛮 2017, pp. 190-193, 取材・執筆 サマンサ五郎「DESIGNER INTERVIEW_06 雨宮慶太」
  3. ^ 『ゲームの神様が舞い降りて』(15年後、卒業式には出たという理由で卒業認定される)
  4. ^ a b c d e f g h 20th1991 2018, p. 32, 「スーパー戦隊制作の裏舞台 雨宮慶太」
  5. ^ a b c d e f g h ミカヅキ公式ビジュアルブック 2000, pp. 52-55, ヤマダ・マサミ「日本特撮史における『鉄甲機ミカヅキ』の位置」
  6. ^ a b 『宇宙刑事年代記』(徳間書店刊)91p 吉川進へのインタビューより。
  7. ^ 20th1991 2018, p. 5, 「INTERVIEW ジェットマンの真実 鈴木武幸
  8. ^ a b c d e 石井博士ほか「特撮監督インタビュー 雨宮慶太」『日本特撮・幻想映画全集』勁文社、1997年6月5日、328-330頁。ISBN 4-7669-2706-0
  9. ^ a b 20th1991 2018, pp. 18-19, 「SPECIAL INTERVIEW '91 若松俊秀
  10. ^ 牙狼公式ビジュアルブック 2006, p. 98, 「CAST INTERVIEW 小西大樹
  11. ^ a b 20th1991 2018, p. 33, 「スーパー戦隊制作の裏舞台 井上敏樹
  12. ^ ミカヅキ公式ビジュアルブック 2000, pp. 50、54.
  13. ^ 牙狼公式ビジュアルブック 2006, p. 100, 「CAST INTERVIEW 螢雪次朗
  14. ^ a b 牙狼公式ビジュアルブック 2006, pp. 66-67, 「STAFF INTERVIEW 金田龍
  15. ^ 奇怪千蛮 2017, pp. 191、198.
  16. ^ リリス、ミカエル、ラファエル、ガブリエル、ウリエル、メルカバー。『真・女神転生Ⅳ 公式設定画集』171-177pより。

参考文献

外部リンク