美しい日本に出会う旅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
美しい日本に出会う旅
ジャンル 紀行ドキュメンタリー
出演者 井上芳雄高橋一生瀬戸康史(ナレーション)
オープニングイージュー★ライダー土岐麻子
エンディング 「My way 〜Mi camino〜」 沖仁
製作
制作 BS-TBS
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2012年(平成24年)10月3日 - 現在
放送時間 毎週水曜 21:00 - 21:54
放送分 54分
公式サイト
テンプレートを表示

美しい日本に出会う旅』(うつくしいにっぽんにであうたび)は、BS-TBSで2012年10月から放送されている紀行ドキュメンタリー教養番組である。キャッチコピーは『にっぽんを、記憶する旅へ。』。

初代 旅の案内人の中村勘九郎時代は、タイトルが『美しい日本に出会う旅 〜勘九郎 街道をゆく〜』(うつくしいにっぽんにであうたび かんくろう かいどうをゆく)であったが、二代目に引き継がれて以降は、『美しい日本に出会う旅』のみとなった。

日本の古い街道や町並みに残る、暮らしや食文化などを紹介している。「旅の案内人」として語りを務めるのは、歌舞伎役者中村勘九郎。第1回・第20回・第41回・第77回・第84回・第105回には、勘九郎が旅人として出演している(逆にいうと「勘九郎」の冠番組ではあるが、本人が現地レポ出演する回が稀である)。

第77回では、勘九郎の旅に弟・中村七之助がナレーションを担当するという兄弟共演が実現した。

勘九郎の最終回にあたる第111回では、勘九郎と七之助が兄弟で旅人として出演した。番組内で七之助へ旅の案内人を引き継ぐことが発表され、2015年4月放送分より、七之助が語りを勤めている。

2017年4月(第191回)放送より、旅の案内人(ナレーション)の担当が、中村七之助から 井上芳雄高橋一生瀬戸康史の3人に変更される事が3月13日の記事にて発表された。『3人はそれぞれの登場回でナレーターを担当する』とのこと[1]

2018年10月3日より、月〜金曜19:30〜21:00に、報道1930を編成する関係で、放送時間が21:00〜21:54に変更になる。

出演者[編集]

  • 初代 旅の案内人 - 中村勘九郎 2012年(平成24年)10月3日 - 2015年(平成27年)3月25日
  • 二代目 旅の案内人 - 中村七之助 2015年(平成27年)3月25日 - 2017年(平成29年)3月29日
  • 三代目 旅の案内人・3人交替制 - 井上芳雄高橋一生瀬戸康史 2017年(平成29年)4月5日より

テーマ曲[編集]

  • オープニングテーマ - 土岐麻子イージュー★ライダー
    • 2012年に発表されたアルバム『カセットフル・デイズ』に収録されている。
  • エンディングテーマ - 沖仁「My way 〜Mi camino〜」
    • 2011年に発表されたアルバム『Concierto 〜魂祭〜』に収録されているが、番組で使用されているバージョンとはやや異なる。

放送ラインナップ[編集]

スタッフ[編集]

  • 構成:柴崎明久
  • 撮影:勝見浩幸、水谷奨、杉村智司、榎本茂義 ほか
  • VE:
  • 編集:飯田直美、土山裕美
  • EED:早坂裕、斎田秀幸
  • MA:
  • 音効:宮川亮、大庭秀夫
  • 演出:天田誠、深澤由香、中田真、生越明美、小川秀三朗
  • 総合演出・プロデューサー:青柳朋子
  • プロデューサー:渡部織映
  • 制作プロデューサー:黒木彩香
  • 制作協力:TBSスパークル(旧TBSビジョン
  • 製作著作:BS-TBS

過去スタッフ[編集]

  • プロデューサー:深澤彩、寺内重孝
  • 制作プロデューサー:牛久保剣

脚注[編集]

外部リンク[編集]

BS-TBS 毎週水曜 20:00 - 20:54
前番組 番組名 次番組
スキャンダル〜春香を愛した男〜
【ここまでドラマ枠】
(2012.9.5 - 9.26)
美しい日本に出会う旅
(2012.10.3 -)
報道1930
※19:30 - 20:54
【ここから帯番組】
(2018.10.1 - )
BS-TBS 毎週水曜 21:00 - 21:54
地球絶景紀行
(2017.4.5 - 2018.9.19)
美しい日本に出会う旅
(2018.10.3 -)
-