古川耕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古川 耕(ふるかわ こう、1973年 - )は、日本放送作家ライター脚本家神奈川県横浜市出身。

来歴[編集]

  • 高校1年生で「月刊OUT」のライター募集に応募し、企画会議に関わる。1998年、ヒップホップ雑誌「FRONT」の編集者として参加し、その後、同誌や「Blast」にライターとして関わる[1]
  • 2007年に『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)』の放送開始にあわせて宇多丸に誘いを受け、企画立案、ブログ担当者として関わり、2008年より放送作家として参加[2]
  • 詩人小林大吾のプロデューサーでもある。文房具にも造詣が深く、文具関係の著作やイベント開催の他、「お気に入りボールペン」を決める「OKB総選挙」の総合プロデューサーも行っている[3]

著書[編集]

  • 『ブラスト公論 誰もが豪邸に住みたがってるわけじゃない[増補新装版] [単行本]』シンコーミュージック、2010年3月。ISBN 978-4401633876 ライムスター宇多丸前原猛高橋芳朗郷原紀幸との共著
  • この10年でいちばん重要な文房具はこれだ決定会議(スモール出版、2018年3月) - 高畑正幸、きだてたく、他故壁氏との共著
  • 『FREEDOM フットマークデイズ (全3巻)』小学館、2007年5月。 日清カップヌードルのCMプロジェクト「FREEDOM」からのノベライズ

連載[編集]

ラジオ[編集]

構成作家として番組開始時より制作に参加している。これは番組パーソナリティの宇多丸から直接依頼を受けて承諾したものである。番組中では構成作家としての業務はもちろんだが、ほぼ毎回短時間でも声の出演をしている。 文房具に対する造詣が深く、文房具を特集したコーナー等には必ず出演している。これがきっかけとなり、雑誌・CIRCUS誌にて連載を持つことになった。

前述の"ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル"において何度か高橋芳朗の発案と出演によるコーナー企画があり、その内容を元にしたコンセプトを持つラジオ番組。この番組にはスーパーバイザーとして参加している。

前述の"ウィークエンド・シャッフル"と"HAPPY SAD"にゲスト出演したコンバットREC高野政所ジェーン・スーがレギュラーコメンテイターとして出演している番組で、"ウィークエンド・シャッフル"の元プロデューサー・橋本吉史がプロデューサを担当している番組。構成作家として参加している。

前述の"ザ・トップ5"のシーズン2となる番組。今回も構成作家として参加している。

このシーズン3をもって橋本吉史がプロデューサーを降板し、最終回にスタッフ紹介が行われた。次年度のシーズン4から新たなスタッフ陣で制作。

構成作家として、前番組「ジェーン・スー 相談は踊る」に引き続き参加。担当曜日は月曜日と金曜日。

前述の"ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル"の実質的な後継番組。今回も構成作家として参加している。

  • ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ(TBSラジオ、2017年4月 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 古川耕 FRONT・blastライター時代を語る”. 2019年12月15日閲覧。
  2. ^ 古川耕 ラジオ放送作家の仕事を語る”. 2019年12月15日閲覧。
  3. ^ OKB総選挙”. 2019年12月16日閲覧。

関連人物[編集]

外部リンク[編集]