ESS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ESS(イーエスエス)

  • あるべきグループ経営の方向性を見据えシェアードサービスを一段と進化させたあるべき姿(Excellence of Shared Service)の略称。
  • 学校のサークル・部活動の英会話部、英語研究会など(English Study Society, English Speaking Society)の略称。
    • 類語として「IS」(International Society)や「ESA」(English Speaking Association)なども存在する。
  • 進化的に安定な戦略(Evolutionarily Stable Strategy)
  • 経済社会システム(Economic and Social System) - ミクロレベルでのさまざまな戦略を持つ複数のエージェントからの行動によって、マクロ現象が引き起こされるシステム。
  • 電子交換システム(Electronic Switching System)
  • Emacs Speaks Statistics
  • Shark Enterprise Storage Server
  • 経済科学局(Economic & Scientific Section) - 連合国軍総司令部(GHQ/SCAP)幕僚部の部局の一つ。財閥解体などを担当。
  • Emergency Stop Signal(エマージェンシーストップシグナル)乗用車などで、一定以上の速度から急ブレーキを踏むとハザードランプが自動的に作動する装置。