能登半島地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
能登半島地震
能登半島地震の位置
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 2007年(平成19年)3月25日
発生時刻 9時41分58秒(JST
震央 日本の旗 日本 石川県 輪島市 西南西沖40km
北緯37度13分12秒
東経136度41分6秒
震源の深さ 約11km
規模    マグニチュード(M)6.9
最大震度    震度6強:石川県 穴水町[1]輪島市七尾市
津波 約20cm: 石川県 珠洲市金沢港
地震の種類 直下型地震
余震
回数 500回以上
最大余震 3月25日18時11分45秒、M5.3、最大震度5弱
被害
死傷者数 死者1人、負傷者355人
被害地域 石川県を中心に北陸地方信越地方
出典:特に注記がない場合は気象庁による。
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

能登半島地震(のとはんとうじしん)は、2007年(平成19年)3月25日9時41分58秒(JST)に石川県輪島市西南西沖40kmの日本海で発生した、マグニチュード(M)6.9(気象庁暫定値)の地震地震空白域とされる地域で発生した。気象庁はこの地震を平成19年(2007年)能登半島地震: Noto Hanto Earthquake in 2007)と命名した。以下、時刻は全てJSTで表記する。

地震[編集]

本震[編集]

USGSによる震源の位置

穴水町[1]輪島市七尾市で最大震度6強を観測し、石川県富山県新潟県で震度5弱以上の揺れを観測した。計測震度の最大地点は輪島市門前町で、震度7(計測震度6.5以上)に近い計測震度6.4を観測した。石川県で震度6を観測したのは、観測開始以来初。富山県で震度5を観測したのは、1930年(昭和5年)の大聖寺地震以来77年ぶり、観測史上2回目。

国土地理院GPSの観測で震源となった断層の動きが右横ずれ成分を含む逆断層で、海底から陸地の一部に跨がる14km程の従来知られていなかった断層帯と判明した[2]海上保安庁産業技術総合研究所は地震発生後の海底音波探査により、この地震で動いたとみられる長さ18km以上の活断層を発見した[3]

各地の震度[編集]

震度4以上の揺れを観測した地域は以下の通り[4]

震度 都道府県 市区町村
6強 石川県 穴水町[1] 輪島市 七尾市
6弱 石川県 能登町 中能登町 志賀町
5強 石川県 珠洲市
5弱 新潟県 刈羽村
富山県 射水市 小矢部市 氷見市 舟橋村 滑川市 富山市
石川県 かほく市 宝達志水町 羽咋市
4 新潟県 佐渡市 新潟市 阿賀町 阿賀野市 五泉市 燕市 田上町 見附市 十日町市 加茂市 小千谷市 柏崎市 三条市 長岡市 妙高市 上越市 糸魚川市
富山県 南砺市 砺波市 高岡市 朝日町 入善町 立山町 上市町 黒部市 魚津市
石川県 能美市 白山市 内灘町 津幡町 野々市町 川北町 加賀市 小松市 金沢市
福井県 坂井市 あわら市 越前町 永平寺町 福井市
長野県 諏訪市 飯綱町 信濃町
岐阜県 飛騨市 白川村 高山市

北は北海道山越郡長万部町、西は広島県広島市中区、南は高知県安芸郡奈半利町で震度1を観測するなど、北海道から中国地方、四国地方にかけて震度1以上の揺れを観測した。

余震[編集]

本震の後、余震が長く続き、有感地震は500回以上も観測された。3月25日18時11分45秒に輪島市と穴水町で震度5弱を観測するM5.3の余震が発生。この余震が規模・震度の双方で最大規模のものである。また、3月26日14時46分35秒に志賀町で震度5弱を観測するM4.8の余震、3月28日8時8分15秒に輪島市で震度5弱を観測するM4.9の余震、2008年(平成20年)1月26日4時33分頃に輪島市で震度5弱を観測するM4.8の余震が発生した。この3つの余震と前述の最大規模の余震が最大震度を観測した余震である。

津波[編集]

気象庁は、この地震を受け、石川県能登沿岸と石川県加賀沿岸に津波注意報を発表した。地震発生から約1時間強、10時を少し過ぎた頃に珠洲市金沢港で約20cmの小さい津波を観測した。11時30分頃に津波注意報は全面解除された。

被害[編集]

石川県輪島市で倒れてきた石灯籠が女性の頭を強打して死亡したほか、石川県・富山県を中心に負傷者が279人出た。震源を中心に家屋倒壊・道路崩落や、電気ガス水道などのライフラインの寸断が発生し、震源地に近い沿岸部や富山県の氷見漁港などでも液状化現象が発生した。地震によってエレベーターが緊急停止し、エレベーター内に人が閉じ込められる事故も相次いで発生した。

別所岳サービスエリアにある能登有料道路の被災・復旧状況を示した看板
地震直後の別所岳サービスエリアの状況

交通の被害が大きく、JR西日本金沢支社管内のうち、小浜線を除く全路線がストップし、北陸本線で終日、運転が見合わされた。七尾線は翌26日に始発から営業再開した。七尾と穴水を結んでいるのと鉄道では、25か所の敷石の隆起と沈降が見つかり、復旧工事が施された。北陸地方のその他の私鉄、第三セクター鉄道も地震発生直後に運転を見合わせたが、安全が確認された路線から順次再開した。能登空港滑走路に22か所の亀裂が見つかって閉鎖された。25日から緊急補修工事が行われ、26日の未明に復旧した。能登有料道路徳田大津IC-穴水IC間で、数か所の道路崩落が生じ、乗用車などが一時的に取り残された。当初完全復旧には1年以上掛かるといわれていたが、翌月4月27日の崩落箇所に迂回路を仮設するなどによる暫定開通(ただし別所岳サービスエリアは復旧工事用基地として使用する目的で復旧工事中の供用が見合わされた)を経て、地震発生からおよそ8か月後の11月30日に全線の復旧工事が完了した。

その他、戦没者の慰霊碑が土台から外れて割れるなど、様々な被害も確認されている。

防災科学技術研究所などによると、この地震の本震の地震波長周期パルス波が含まれていることが分かった。こうした地震動を受けると、まず、周期1秒以下の振動によって建物に亀裂が入るなどして建物の固有周期が長周期化し、その後、周期1-2秒の振動(パルス波)によって大きな被害につながると考えられており、「キラーパルス」と呼ばれている。これは、阪神・淡路大震災兵庫県南部地震)やノースリッジ地震においても被害をもたらしたと考えられている[5]。この地震では、建物などに脅威となる周期成分が多く含まれた地震波が震源から放出され、それが沖積低地などの軟弱地盤増幅されたことで多くの家屋被害につながったと考えられている。

被害統計[編集]

  • 死者:1人
  • 負傷者:358人
  • 全壊家屋:684棟
  • 半壊家屋:1,732棟
  • 一部損壊家屋:26,901棟
  • その他:4,457棟

石川・富山両県の被害[編集]

石川県の被害(2007年(平成19年)7月17日現在)
人的被害 家屋被害 インフラ被害 避難所
設置数
最大震度
死者 重傷 軽傷 行方不明 全壊 半壊 一部損壊 断水 停電 電話不通
穴水町[1] 0 3 36 0 72 94 2,197 0 0 0 3 震度6強
輪島市 1 46 69 0[6] 503 1,057 9,984 0 0 0 6
七尾市 0 17 110 0 50 252 6,493 0 0 0 0
能登町 0 2 10 0 1 10 1,018 0 0 0 0 震度6弱
中能登町 0 3 0 0 3 7 1,524 0 0 0 0
志賀町 0 10 27 0 14 217 3,385 0 0 0 1
珠洲市 0 0 3 0 2 13 769 0 0 0 0 震度5強
かほく市 0 0 0 0 3 2 18 0 0 0 0 震度5弱
宝達志水町 0 0 0 0 0 3 25 0 0 0 0
羽咋市 0 0 1 0 3 13 133 0 0 0 0
白山市 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 震度4
津幡町 0 0 1 0 0 0 2 0 0 0 0
加賀市 0 0 0 0 0 0 6 0 0 0 0
[7] 1 81 257 0 649 1,655 24,959 (13,250) (110,000) (260) 10 震度6強
富山県の被害(2007年(平成19年)3月28日現在)
  • 重傷1人:富山市(1人)
  • 軽傷12人:高岡市(6人)、魚津市(2人)、氷見市(1人)、小矢部市(1人)、射水市(2人)

災害対応[編集]

内閣府[編集]

政府調査団を乗せて輪島に向かう陸上自衛隊のCH-47輸送ヘリ(2007年3月25日、小松基地

25日9時45分に総理大臣官邸の内閣危機管理センターに「石川県能登を中心とする地震に関する官邸対策室」を設置し、緊急参集チームが招集された。25日から26日にかけては、防災担当大臣溝手顕正を団長とする政府調査団が現地に派遣された。

石川県[編集]

25日10時45分に災害対策本部員等連絡会議を開催。同日12時30分、県庁に石川県災害対策本部、奥能登総合事務所に現地災害対策本部を設置した。また、同日10時15分に緊急消防援助隊の応援要請を行い、消防庁長官から富山県福井県東京都京都府大阪府滋賀県兵庫県の各都府県に対して、出動要請が行われた。なお、26日10時42分に派遣解除要請が行われ、同日11時55分に解隊、引き揚げが開始された。

自衛隊[編集]

防衛省では、25日9時45分に防衛省災害対策室(室長は運用企画局長)を設置した。同日11時8分に石川県知事谷本正憲から陸上自衛隊金沢駐屯地駐屯地司令第14普通科連隊長)に対して災害派遣要請が行われた。陸上自衛隊からは第14普通科連隊金沢)、第372施設隊鯖江)、第382施設隊富山)、第10偵察隊春日井)、第10施設大隊春日井)、第33普通科連隊久居)、第10化学防護隊守山)、第10戦車大隊今津)、第10後方支援連隊春日井)の部隊が派遣されている。航空自衛隊からは、第23警戒群輪島)、第9移動警戒隊小松)の部隊が派遣されている。また、災害派遣要請が行われる以前から、自衛隊法第83条2項に基づく、「自主派遣」を行い、の各自衛隊が偵察ヘリなどを飛ばして情報収集活動を行った。

能登半島周辺の過去の地震活動[編集]

この地震が発生した能登半島周辺は、北アメリカプレートとの境界に近いユーラシアプレートの内部にあたる地域である。能登半島周辺は、浅瀬に堆積した地層が南東から押されて隆起し、能登半島が生まれたと考えられており、この地域には多くの褶曲地形があるとともに、逆断層もいくつか見られている。また、陸地側は横ずれ断層が見られ、国土地理院の観測で横ずれ移動も観測した。今回の地震は、その断層の内の1つが活動したと見られている。能登半島周辺では、1993年(平成5年)2月7日にも能登半島沖地震が発生している。

1990年代後半から、西日本で、M6を超える大きな地震が増えているという調査結果があり、専門家の意見の中には、「西日本全体が地震活動期に入っており、今回の地震もその1つだったのではないか」というものもある。

福岡県西方沖地震と同様に、この地震も「地震の少ない地域で起きた」とされているが、日本列島全域が古生代の後の地殻変動により大きく形を変えながら現在の形となっているため、日本付近には地震が起きない場所はない。また、 地震動予測地図[8]などのデータの基となる活断層は、ほとんど陸のものである。日本近海の海底の断層については未調査地域がほとんどであり、今後、陸地に近い地域の海底の断層の調査を進めるべきとする専門家もいる。

メディア[編集]

テレビ[編集]

NHK総合テレビでは『日曜討論』の放送中、番組に出演していた町村信孝のインタビュー中に津波注意報が発令。その後、13時20分まで特別放送体制を実施した。地震後、NHK金沢放送局では石川県内のローカルニュースの中で生活関連情報を伝える体制が実施された。

フジテレビ系列テレビ東京系列を除く民放各局は、概ね津波注意報が解除される11時台まで通常の番組を中断・休止し報道特別番組を放送。なお、フジテレビ系列では『笑っていいとも!増刊号』を放送しながら、L字画面で地震関連情報を挟む形で放送。途中、通常放送を中断しながら地震情報を伝えた。

その他の地震に関連した主な動きは次の通り。

ラジオ[編集]

エフエム石川では11時から14時まで地震関連の特別番組を放送。この間、通常の番組を休止しただけでなく、特別番組放送中はCMを一切放送しなかった。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 震度が過大に観測され、実際は6弱だった可能性がある。“震度計:26地点で運用停止 軟弱地盤で過大観測”. 毎日新聞. (2010年3月30日). http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20100331k0000m040073000c.html 2010年3月30日閲覧。 
  2. ^ 石川県能登半島沖を震源とする地震に伴う地殻変動(第1報) - 国土地理院
  3. ^ 能登半島地震の震源域で長さ18km以上の活断層と一部で海底に達する変動を確認 産総研プレスリリース 2007年7月30日
  4. ^ 各地の震度(気象庁)
  5. ^ 地震と地震災害 - 消防防災博物館
  6. ^ 被害が大きかった門前町では、行政であらかじめ「高齢者マップ」を作成し、高齢者一人暮らし世帯を把握。地震発生4時間以内に全員救助。
  7. ^ カッコ内は、被害ピーク時の推計。
  8. ^ 地震動予測地図

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

地震情報[編集]

支援・対応[編集]

特集記事[編集]

復旧・復興[編集]