2020年東京オリンピックのゴルフ競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2020年東京オリンピック
ゴルフ競技
Kasumigaseki Country Club Aerial photograph.1989.jpg
霞ヶ関カンツリー倶楽部
会場霞ヶ関カンツリー倶楽部
開催日2021年7月29日 - 8月7日
参加選手数42か国 男女各60人
« 20162024 »

2020年東京オリンピックゴルフ競技(2020ねんとうきょうオリンピックのゴルフきょうぎ)は国際ゴルフ連盟(IGF)の管轄の下で実施された2020年東京オリンピックのオリンピックのゴルフ競技[1]である。会場は川越市霞ヶ関カンツリー倶楽部。男子は2021年7月29日から8月1日、女子は同4日から7日まで実施された。

概要[編集]

本大会の参加選手は男女各60名であり、男子は2021年6月21日[2]、女子は同28日[3]時点において、IGFが定めた五輪ランキング[4]の上位59名と開催国日本の選手1名に出場資格が与えられるが、下記の通り、複数の条件がある[5]

  1. ランキング上位15名(ただし各国最大4人まで)は自動的に出場権が与えられる[6]
  2. 残り44名はランキング16位以下の選手の内、上位から順に15位以内の選手も含めて1カ国からは2名まで、かつ5大陸(アフリカ、アメリカ、アジア、ヨーロッパ、オセアニア)からの選手を1名ずつ以上含むよう、出場権が与えられる。
  3. 開催国日本からは男女1名ずつの出場が保証されているため、上記1.と2.で誰も出場権を得ていない場合は、ランキング最上位者に出場権が与えられる。上記1.と2.で出場権を得ている選手がいる場合は、2.の条件で次点の選手に出場権が与えられる。

男子五輪ランキング上位選手のうち、ダスティン・ジョンソン(2位)、ティレル・ハットン英語版(11位)、ルイ・ウェストヘーゼン英語版(12位)[7][8]らが出場を辞退した。さらに全米オープン覇者のジョン・ラーム(1位)とブライソン・デシャンボー(6位)も新型コロナ陽性のため辞退[9]。辞退者に加え、ランキング上位にアメリカ合衆国の選手が多数を占めたものの、上記の条件により4名までしか出場できないこともあり、ランキング上位15名のうち、本大会に出場する選手は6名となった。一方、女子五輪ランキングの上位15名は全員が本大会に出場する。

日本からは五輪ランキングにより松山英樹(16位)、星野陸也(76位)[10]畑岡奈紗(11位)、稲見萌寧(27位)[11]が出場権を獲得した。なお、笹生優花フィリピン代表で出場した。

大会は4日間72ホールのストロークプレーで実施されるが、予選カットラインによる予選落ちは採用されない。4日間で1位~3位のいずれかで2名以上が並んだ場合はサドンデス形式のプレーオフでメダルを争う。男子の3位タイには7名、女子の2位タイには2名の選手がそれぞれ並んだため、プレーオフが実施された。

競技日程[編集]

各日とも午前7時半より競技が実施される予定であったが[12][13]、女子の最終日のみ6時半に開始された[14]

R1 第1R R2 第2R R3 第3R R4 第4R
種目↓/日付 → 7/29 7/30 7/31 8/1 8/2 8/3 8/4 8/5 8/6 8/7
男子 R1 R2 R3 R4
女子 R1 R2 R3 R4

競技結果[編集]

男子競技に出場した松山英樹は4日間の競技の結果、3位タイに並んだが、7名によるプレーオフに敗れ、銅メダル獲得はならなかった。女子競技の稲見萌寧は2位タイに並んだ2名によるプレーオフを制して銀メダルを獲得し、日本の選手ではオリンピックのゴルフ競技で初のメダル獲得者となった。

種目
男子[15] アメリカ合衆国 ザンダー・シャウフェレ
アメリカ合衆国 (USA)
266 スロバキア ロリー・サバティーニ英語版
スロバキア (SVK)
267 チャイニーズタイペイ 潘政琮中国語版
チャイニーズタイペイ (TPE)
269(PO
女子[16] アメリカ合衆国 ネリー・コルダ
アメリカ合衆国 (USA)
267 日本 稲見萌寧
日本 (JPN)
268(PO ニュージーランド リディア・コ
ニュージーランド (NZL)
268(PO

国・地域別のメダル獲得数[編集]

国・地域
1 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA) 2 0 0 2
2 日本 日本 (JPN)(開催国) 0 1 0 1
スロバキア スロバキア (SVK) 0 1 0 1
4 ニュージーランド ニュージーランド (NZL) 0 0 1 1
チャイニーズタイペイ チャイニーズタイペイ (TPE) 0 0 1 1
合計 2 2 2 6

備考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ゴルフ” (日本語). 東京2020. 2021年4月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年7月11日閲覧。
  2. ^ Official World Golf Ranking”. 2021年7月5日閲覧。
  3. ^ ロレックス世界女子ゴルフランキング - ロレックス・ランキング” (日本語). Rolex Rankings. 2021年7月5日閲覧。
  4. ^ Tokyo 2020 Olympic Golf Rankings” (英語). IGFGolf. 2021年7月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年7月11日閲覧。
  5. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2021年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月5日閲覧。
  6. ^ Olympic Games - Qualification System - IGF”. International Golf Federation. 2020年9月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年7月21日閲覧。
  7. ^ ゴルフ全米OP2位ウェストヘーゼンが五輪出場辞退 ハットン、ガルシアも - ゴルフ - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年7月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年7月6日閲覧。
  8. ^ Oosthuizen among late withdrawals for Olympics” (英語). ESPN.com (2021年6月22日). 2021年7月6日閲覧。
  9. ^ “DeChambeau & Rahm positive for Covid-19” (英語). BBC Sport. https://www.bbc.co.uk/sport/olympics/57959149 2021年8月15日閲覧。 
  10. ^ Olympic Golf Ranking Men's Competition Host country (Japan) is guaranteed at least one position Athlete places by rank as of 22/06/2021”. 2021年7月7日閲覧。
  11. ^ Olympic Golf Ranking Women's Competition Host country (Japan) is guaranteed at least one position Athlete places by name as of 28/06/2021”. 2021年7月7日閲覧。
  12. ^ Schedule - Golf Tokyo 2020 Olympics”. Olympian Database. 2021年4月1日閲覧。
  13. ^ ゴルフ 競技スケジュール” (日本語). 東京2020. 2021年7月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年7月6日閲覧。
  14. ^ Round 4 Rescheduled to start 06:30”. 2021年8月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年8月15日閲覧。
  15. ^ 結果 - 男子第4ラウンド - 8月1日”. olympics.com. 2021年8月1日閲覧。
  16. ^ 結果 - 女子第4ラウンド - 8月7日”. olympics.com. 2021年8月7日閲覧。
  17. ^ 女子ゴルフでホールインワン出た モロッコ代表のハディウイ・マハが今大会初【東京五輪】”. 中日新聞. 2021年8月28日閲覧。

外部リンク[編集]